入試(過去問)解説
分析・今後の対策

new
記事

武蔵中学 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

武蔵は出題分野がほぼ固定化されているものの、問題の難易度は決して易しくはありません。毎年の鉄板である「平面図形(割合有)」「速さ」に加えて、速さの延長分野とも言える「点移動・図形の移動」について、重点分野としてフォーカスして徹底的に磨き上げましょう。

記事

『麻布中学入試の解体新書』知っておくべき麻布の算数対策の全貌

by 村中 

麻布中学の過去6年間の入試問題を徹底的に分析した上で、志望者に向けて最短・最速で志望校に到達するための対策を解説します。

記事

早稲田中学 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

応用レベルの論点を見ていくと、「応用レベルではあるものの各塾のテキストに掲載されている問題・論点」が中心であり、どこまで課題として出されている論点を身につけて入試に臨むことができたかで勝負が決まっていたのだろうと推測します。

記事

駒場東邦中学校 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

合格最低点は7割弱ですので、結局応用レベルの問題をどれだけ取りこぼしなく得点できたかで合否が決したと言っていいだろうと思います。

記事

早稲田実業学校中等部 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

早実は基礎レベルでの失点を最小限に抑えるのは合格のための最低条件になります。各塾のテキスト基礎レベルでは絶対に穴を作らない、秋以降は穴を一つ一つ潰し続けていく学習を心がけることが重要です。

記事

麻布中学 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

近年の麻布の合格点が5割5分であることから、大問1問(20点)を必ず取れるようになるだけで違った世界が見えてくるのがボーダー層にとっての麻布攻略の肝であり、それは明確に「速さ」の単元にあると認識しています。

記事

雙葉中学 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

最難関校で出題されている応用的技術のうち「あまりにも難しいもの」以外を、しっかりと習得する必要があります。今年度の「の比の比」は、開成で頻出・今年は他にも聖光学院で出題されており、もはや最難関では挨拶がわり、難関では合否を決める形の位置付けになっています。

記事

女子学院 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

2019年は例年とは異なり、最難関中レベルの問題セットの出題となりました。この難易度の問題セットが今年限りのもので、来年にまた戻るのかどうかの判断はできないものの、今年出題された論点は勿論のこと「頻出単元は、発展的なポイントも学習しておくこと」が、来年もやや易化するにしても対策しておくことが望まれます。

記事

筑波大学附属駒場中学校 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

2019年も基礎レベルを取り切り、その上で応用レベルの取りこぼしをいかに最小限で抑えることができるのかが、完全に勝敗を分けることになっただろうと推測します。

記事

慶應中等部 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

慶應中等部は基礎レベルの問題がほとんどのため、1問でも「わからない」「出来ない」問題があると致命傷になりかねません。従って、深く応用性を磨くよりも基本レベルの知識や技術はとにかく「知っていて、自分で使える」状態にまで仕上げる必要があろうかと思います。

記事

聖光学院 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

典型問題とそこから少し手を伸ばせば届きそうな問題で構成されているため、頻出の5単元については、核となるポイントを丁寧に、どの方向から、どのような聞かれ方をしても答えられるくらいまで徹底的に仕上げることが重要です。

記事

『開成中学入試の解体新書(2019年版)』知っておくべき開成の算数対策の全貌-過去問研究-

by 村中 

データから開成中学入試を徹底分析の上、志望者のご家庭が知っておくべき合否を握る算数をどのように対策していくべきか、を解説します。

記事

桜蔭中学 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

2019年の入試は、「これは時間内にどの受験生も解くことは不可能だろうと言う」発展レベルの出題がなく、算数の学習の成果が反映されやすい構成だったことが特徴的でした。

記事

渋谷教育学園幕張中学校 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

by 村中 

2019年の渋幕1次入試の問題の分析になります。「高度な知識・解法の拡充」と「思考系問題への対応」の2点について、具体的な対策の方向性を記載しております。