【入試速報】2022年青山学院中等部 算数解説動画と難易度 傾向 対策

配信中!

この記事を見て分かること〜

青山学院中等部の2月2日実施、2022年度入試を踏まえた
★ 問題PDF
難易度/傾向分析算数解説動画 by 最難関合格率8割超講師
★ 入試基本情報(ex 偏差値/受験人数/合格最低点)
来年度に向けた対策

この記事に関連したおすすめ情報〜

最難関・難関校の入試速報と対策の一覧ページ
顧客満足度95%超! 合格多数のコベツバ過去問動画解説

他受験生と圧倒的な差がつくプロの技を学べるポイント動画
∟苦手分析機能や卒業生の正答率が分かる

その他、コベツバでは、予習シリーズサピックステキストの解説校舎のトップ層が多数在籍するコベツバweb授業Top Gun特訓を配信しております。

トップページから塾や学年別の学習法無料記事もご覧になれます。

2022年青山学院中等部入試の基本データ

青山学院中等部80%偏差値(サピックス/四谷大塚/日能研)

 サピックス四谷大塚日能研
2022
2021男 49
女 55
男 58
女 64
男 58
女 63
2020男 49
女 55
男 58
女 61

青山学院中等部の受験者・合格者数・受験倍率推移

 受験者合格者倍率
2022男:360 
女:464
男:112 
女:93
男:3.2 
女:5.0
2021男 353
女 546
男 188
女 90
男 3.0
女 6.1
2020男 396
女 489
男 119
女 90
男 3.3
女 5.4
2019男 423
女 536
男 128
女 100
男 3.3
女 5.4

青山学院中等部の合格最低点・合格者平均点・受験者平均点

男【4科目】

 合格最低点合格者平均点受験者平均
平均173.8 (58%)181.7 (61%)143.8 (48%)
2022178 –
2021162181.7143.8
2020178
2019182

女【4科目】

 合格最低点合格者平均点受験者平均
平均195.3 (65%)202.4 (67%)157.8 (53%)
2022193
2021191202.4157.8
2020200
2019202

青山学院中等部の科目別配点と試験時間

 点数制限時間
国語100点50分
算数100点50分
理科50点25分
社会50点25分

2022年青山学院中等部入学試験の算数

青山学院中等部入試 算数の問題PDF

青山学院中等部入試 算数の所感・難易度分析

2022年、青山学院中等部の入試でした。
全体感としてはレベルAが55%、レベルBが45%と比較的難易度の高い構成になったように感じました。
4番以降、基本技術を使うだけの典型問題はほとんどなく、どの問題も一捻り二捻りされている問題が出題されておりました。
また、後半に平面図形と速さが複数問ずつ出題されていたことも特徴的でした。

以下、レベルBの問題に対してコメントしておきます。

◼️5番:平均×個数=合計、平均の面積図

2つの平均関連の技術を連続して使わせる応用問題でした。
典型問題から一段階踏み込んだ問題の典型と言えます。

◼️6番:公倍数±、範囲で絞る

こちらもコンセプトは公倍数±なのですが、そこを見えにくくした上で、最後も範囲で絞ることを入れて難易度を上げている問題です。

◼️9番:影武者、ダイヤグラムの選択パターン、ダイヤグラムの距離一定

他にもやり方はありますが、影武者を使って2点が交わる時と捉えられると綺麗に求めることができます。

◼️10番:平行線Z角、線対称⇆垂直二等分

まずは自分で丁寧に折り返し=線対称を意識して作図を行います。
その後、平行線Z角や折り返しで角度同じということを打ち込んでいくと答えに到達することができます。

◼️11番:整理

手数がかかりますが、整理しながら確実に進行できるかどうかが問われた問題でした。

◼️12番(2):同じところ付け足し、点対称性を利用

離れた部分の面積の差ですので、付け足しを連想します。
その後、付け足した後の図形が綺麗な点対称図形になっていることに気づくと、計算の必要すらなく答えに到達することができます。

◼️13番:読解、整理、ダイヤグラムの選択パターン、ダイヤグラムの距離一定

まず、条件を整理していく(1)も難易度が高かったです。
その後の(2)は、関東圏の難関校の流行と言えるダイヤグラムを自分で書かせる問題でした。

青山学院中等部入試 算数の解説動画

12番

13番

青山学院中等部志望者向け 来年度に向けた対策

多くの問題は「基本技術を使う一捻りされた応用問題」でした。
従って、対策としては、以下の通りです。

◼️1:基本技術の習得を徹底

応用問題を解くために、まずはその前に典型問題を解くことができなくてはいけません。
ここは疎かにせず丁寧に1つ1つ手の内に入れていくことが重要です。

◼️2:基本技術を使う応用問題への対応力を上げる

何年生であっても新しい技術を学習した時に基本問題から応用問題までがテキストに掲載されているかと思います。
その時、使う技術は同じであっても難易度が違うことはご存知かと思います。
青山学院の入試ではその応用レベルの問題が多く出題されています。
勿論、全く歯が立たないようなものではないですが、少なくとも典型問題と一般的に言われるレベルは超えている問題がほとんどです。
従って、志望者は各技術を押さえたらそれを使う応用問題に対して積極的にチャレンジしていくことが重要となります。

この記事に関連したおすすめ情報〜

最難関・難関校の入試速報と対策の一覧ページ
顧客満足度95%超! 合格多数のコベツバ過去問動画解説

他受験生と圧倒的な差がつくプロの技を学べるポイント動画
∟苦手分析機能や卒業生の正答率が分かる

その他、コベツバでは、予習シリーズサピックステキストの解説校舎のトップ層が多数在籍するコベツバweb授業Top Gun特訓を配信しております。

トップページから塾や学年別の学習法無料記事もご覧になれます。

青山学院中等部志望者向けの対策・動画配信サービス

中学受験コベツバでは、青山学院中等部志望の子供たちを対象に、以下のサービスを配信をしております。

●1:サピックステキスト解説・SS解説・テスト解説の『StandBy(スタンバイ) for SAPIX』

サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説サービス『StandBy(スタンバイ)』を始動
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説サービス『StandBy(スタンバイ)』を始動

●2:コベツバ予習シリーズ解説

予習シリーズ+各種問題集の全問動画解説。ポイントと一緒に学ぶことで深い理解と得点アップにつなげよう!

予習シリーズ テキスト解説とテスト対策
四谷大塚予習シリーズ テキスト解説とテスト対策

●3:中学受験算数の全てを体系的に学ぶ・無料で使える「コベツバweb授業」

青山学院中等部志望のライバル達が多数利用中!青山学院中等部攻略に不可欠な各分野理解のポイントを、トッププロ家庭教師が分かりやすく解説。

中学受験算数オンライン教材「コベツバweb授業」
中学受験算数の分野別教材「コベツバweb授業」