【入試速報】2021年雙葉中 算数解説動画と難易度分析・対策

この記事では、2021年雙葉中学入学試験について、2月1日の試験(算数)の、プロ講師による所感・問題別難易度分析・全問解説動画を掲載中です。

本試験を受験されたご家庭や雙葉中学志望者にとって、2021年の学校動向把握や問題の解き直しに役立てていただけるものとなっております。

コベツバ過去問動画解説では、雙葉中学の2021年入試で必要となったポイント動画(技術)を含む、最難関・難関校の過去問解説動画と難易度分析(2021年までの約10~14回分。2021年度分は9月頃までに順次公開)もご視聴いただけますので、ご興味のあられる方は是非こちらからお試しください。

中学受験コベツバでは、渋幕・桜蔭・女子学院・慶應中等部の速報を含む、日本全国の35校の入試解説・所感と難易度分析、来年度に向けた対策を公開いたします。入試速報・志望校別対策コーナーから他の学校も是非ご確認ください。

もくじ

1:2021年入試の基本データ

1-1: 雙葉中学80%偏差値(サピックス/四谷大塚/日能研)

サピックス四谷大塚日能研
2021586865
2020586865

1-2: 雙葉中学の受験者・合格者数・受験倍率推移

受験者合格者倍率
20213571153.10
20203911183.31
20193391272.67
20182991202.49
20173521192.96
20163451162.97

2020年には、倍率が大幅に上がり約3.3倍となっていましたが、2021年は2020年の結果を、雙葉中学受験を避けたために受験者数が減り倍率が下がったのではないかと思います。

残念ながら、雙葉中学では合格最低点、平均点等の情報を公開しておりません。

1-3: 雙葉中学の科目別配点と試験時間

点数制限時間
国語100点50分
算数100点50分
理科50点30分
社会50点30分

2: 2021年雙葉中学入学試験の算数

2-0: 算数問題PDF

問題PDF

2-1: 所感

 

2021年、雙葉中の入試でした。全体感としては過去に例がないほどに易化した印象で高得点が続出した形になっただろうと推測します。 また、出題分野も割合の文章題に非常に偏っており、雙葉らしい平面図形、規則性、速さというこれまで応用性の高い問題を出題していた分野が軒並み易化した印象を持ちました。
難易度ベースで点数が開きそうなものが4番の正四面体の三角方眼の知識問題と、5番の最後の問題ぐらいとなり、逆に「分かる問題を確実に仕留められるか」を問う慶応中等部に近しいタイプの入試になったかと思います。
この傾向が来年以降も続くのか、また揺り戻してくるのかは分かりませんが、以降の受験生は易化したテストで勝ち越せる構えも意識しておく必要があるということになります。

以下、レベルBの問題に対してコメントしておきます。


◾️4番:正四面体の三角方眼転がり

知識問題です。過去に早実でこれを活用する難問が出題されていますが、今回は非常にシンプルで正四面体の展開図のパターンを知っているかどうかで決まる問題だったかと思います。


◾️5番(2)②:整理・比合わせ

一見すると水問題のように見えますが、水の技術を一切使わない割合の文章題と考えることが出来ます。最後は丁寧に割合の文章題として整理する構えが持てるかどうか、で決まっただろうと推測します。


2-2: 難易度分析

雙葉中学の全体感・分析表

2-3: 算数解説動画

5番

 

3: 雙葉中学志望者向けの対策・動画配信サービス

●1:中学受験算数の全てを体系的に学ぶ・無料で使える「コベツバweb授業」

雙葉中学志望のライバル達が多数利用中!雙葉中学攻略に不可欠な各分野理解のポイントを、トッププロ家庭教師が分かりやすく解説。

中学受験算数オンライン教材「コベツバweb授業」
中学受験算数の分野別教材「コベツバweb授業」

●2:サピックステキスト解説・SS解説・テスト解説の『StandBy(スタンバイ) for SAPIX』

サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説サービス『StandBy(スタンバイ)』を始動
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説サービス『StandBy(スタンバイ)』を始動

●3:コベツバ予習シリーズ解説

予習シリーズ+各種問題集の全問動画解説。ポイントと一緒に学ぶことで深い理解と得点アップにつなげよう!

予習シリーズ テキスト解説とテスト対策
四谷大塚予習シリーズ テキスト解説とテスト対策

以上です。

来年度以降の志望の方にとって、少しでも今後の算数の学習のご参考になれば幸いです。

中学受験コベツバは、雙葉中学を志望されている小学生とその保護者様をエンパワーし続けられる存在になるべく引き続き頑張って参ります。