2021年受験生からの声

コベツバに育てていただいた1年でした。
web授業、Top Gun、過去問解説など、すべてが筑駒合格に役立ちました。

コベツバの2期が終わりました。

まだまだ小さなサービスである「中学受験コベツバ」を見つけて頂いて、多くの受験生・受験生の保護者さまから頼りにして頂いたことに一同心より感謝致します。

2期コベツバ卒業生のうち、

筑駒・灘・開成・桜蔭への進学者が40名以上

最難関校・難関校(筑駒・男女御三家・灘・渋幕・渋渋・聖光学院・栄光学園・早稲田3校・慶応3校・豊島岡・筑附・駒東・海城・浅野・久留米附設・洛南高校附属・甲陽学院・ラサール・東海・南山女子・広島学院)の合格者数は合わせて250名
以上となりました。

コベツバは「全教科を対面で指導されている」集団塾と同じ土俵に載っていないと考えていることと、ITを用いた「誰もが使える学習の高速道路」としての役割を先ずは日本の中学受験で担って行きたいと考えております。

そのため、高偏差値校の実績数だけをデジタルに追いかけるのではなく、あくまでもそれぞれの発達と、それぞれの志望校合格をエンパワー出来ているかどうかを追いかけるべき、という考え方から、1期に引き続き各校の実績を公開することを控えさせて頂くこととしました。ご了承ください。

第2期の総括として、こちら(About-Us)に「コベツバ第2期を終えて」を掲載しております。

勿論、コベツバを本当に頼りにして良いのか、最難関校でも通用するのか、あるいは中堅校志望者でも大丈夫なのか、というご心配や懸念もお持ちになることも当然かと思いますので、以下、合格直後のアンケート・メールにて頂いた合格者からのお声を、一部ではありますが、ご紹介致します。

最難関・難関・中堅・関西・九州・東海まで含めて掲載しているので、是非ご覧ください。

筑駒中合格!

コベツバに育てていただいた1年でした

受験結果をお伝えするのが遅くなりましてすみません。

我が家にとっては激動の1週間であり,少し長くなりますが,父親から見た体験をお伝えさせていただきます。



2/1の開成入試直後には「いつもの通りできた」と言っており,これまでの過去問では合格最低点を下回ったことがなかったのですが,結果としては残念なことになってしまいました。実は,[1]が小問集だったのを見て,私は少し嫌な感じを受けていました。これまでの模試でも,小問で勘違いをして点を落とすことがあり,特に,1問目のカレンダーの問題は息子が苦手としているため,できたつもりでも間違っていたのでしょう。



筑駒の入試後に,迎えに行った母親が残念だったことを伝えたのですが,息子は表面上は淡々としていたそうです。そういう性格ではあるのですが,内心はかなり落胆していたものと思います。その時点で他校の合格はいただいていたので,行き先があるという点で安心していたのかもしれません。



5日15時の筑駒発表まで,息子は禁じられていたマンガを読んでリラックスしているように見えて,親の方が余程そわそわしておりました。15時の発表はサーバのトラブルで遅れたのですが,合格を確認して一安心となりました。



我が家に取っては激動の数日間でしたが,終わった今となっては,不合格をもらったことも含めて,とても良い経験になったのではと思っております。

通っていた集団塾にて算数については5年までに一通りのことを教わっておりました。振り返ると,5年までに一通りのことを習っていたことが大きく,6年生で時間に余裕があったため,算数の自宅学習をどうしようかと思って調べていたときにコベツバを知り、コベツバに存分に取り組むことができました。



当初はいろいろな学校の過去問を解いて,父親の私が解説しようかと思っていたのですが,コロナウィルスが原因で職場環境が変わり、息子の算数に使える時間が大幅に少なくなってしまったのですが,結果としてはコベツバでのより洗練された解法に触れることができて,息子は大きく成長したように思います。

秋以降は,1回目に間違えたところを繰り返し見ることが習慣となりました。その頃には息子も使い慣れていて,親が横にいなくても自分で見たい部分を繰り返し見ておりました。また,開成,筑駒の過去問解説に加えて,「ベンチマーク」とおっしゃっていた灘の過去問解説も購入し,利用させていただきました。

算数については,コベツバに育てていただいた1年でした。サピックス生ではなかったためサピックス用の動画は利用しておりませんが,それ以外のweb授業,TopGun,過去問解説は,すべてが役立ちました。

(受講講座:Top Gun特訓,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





自分なりにも、頑張ってきたと思うので、無事合格することができて、安心しています。

様々な試行錯誤をしながらではありましたが、睡眠を削ることなく、休息も十分すぎるほど取りながら勉強してきたので、伸び伸びと受験に臨めたと思います。

筑駒と灘の算数対策は、SSや志望校対策講座などに参加せず自力でしたのでコベツバさんの過去問動画がとても役に立ちました。

コベツバの先生の説明は速く無駄がないので時間の節約と息子の集中力を保つのにとても良かったです。また、過去問解説動画とポイント解説に分かれているのも良かったようです。

塾の授業では少し物足りなく、長時間の勉強が苦手の子にはとても向いていると思います。

(受講講座:Top Gun特訓,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





終わってほっとした気持ち。

トップガン特訓でいろいろなテクニックを学べたのが良かった。関西の学校や開成の今年の問題を直前に解くこともしました。

(受講講座:Top Gun特訓)





想像以上の結果を残すことができ、驚いています。

一つの転機は6年生前半に子供が開成を受験したいと言ってきたことです。偏差値的には全く到達しておらず、開成受験を目指すのであれば、相応の対策をしなければならないと感じ、色々検索した結果、コベツバに行き当たりました。元々算数はどちらかというと苦手で、計算ミスが多い事に加え、基本問題は概ね理解しているのですが、応用になると腰が引けて早々に諦めてしまいがちな所がありました。コベツバでは通常授業の理解を効率的に進めることができ、加えて難関校入試レベルの問題で求められる事項も効率良くまとめられていると感じました。TopGunで難関校の入試問題にも触れ、徐々に難問に対するアレルギーが収まってきたようでした。

もう一つの転機は6年生の秋頃に受験校を大まかに決定したことです。本人と話し合った結果、開成はプライドから志望していた面も強く、本当に本人が通っても良いと感じる学校を検討した結果、2/1に偏差値的に厳しい開成を受けることを回避し、2/1は堅実に抑えることとしました。本人の性格上、受験校の偏差値を下げると、それ相応の努力しかしなくなる懸念がありましたので、2/1の結果次第では2/2,2/3とチャレンジ校に挑戦する事としました。結果的に本番では、2/3に向けて調子を上げていくことができました。

直前期はほぼ一人で勉強が出来るようになっていました。とはいえ、目の色を変えて勉強する姿を見ることはついぞありませんでした。読書などの娯楽を第一優先にしがちであったので、親としては、自覚を促す程度に声掛けをすること、過去問等、志望校合格につながりやすい勉強内容をアドバイスすることを心掛けました。親からみると、勉強量・内容ともまだまだという所でしたが、本人としてはやり切ったという満足感を持っていたので、そこはあまり突っ込まず、本人のポジティブな気持ちを壊さないようにしました。受験日も親の不安は表に出さず、いつも通りに接しました。当日は本人が頑張り、思いもよらなかった好結果を残すことができました。



コベツバは、塾の授業と、入試問題の内容・レベル差を埋めるものとして重宝しました。通常授業で分からなかった問題を効率的に解決するために利用しました。また、TopGunで難関校入試問題レベルの問題に触れる機会を増やし、難関校で求められるレベルの問題に対するアレルギーの払拭を目指しました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓)

開成中合格!

コベツバに出会えて、村中先生の授業が受けれて、本当に本当によかったです。

子供の算数への挑戦心が奮い立ちました。

村中先生ーーーーー!!

ヒョウモンダコ、第一希望の開成合格しました!!とっても嬉しいです。最高です!

コベツバに出会えて、村中先生の授業が受けれて、本当に本当によかったです。



【子供】

ずっとずっと第一志望で熱望していた開成中学に合格できて、とても嬉しいです!

コロナで塾がzoomになったり大変でしたが、コベツバに出会えて本当によかったです。もともと算数が一番好きでしたが、コベツバのおかげでもっともっと算数が好きになりました!

毎回のテスト提出後の村中先生の講評やアドバイス、コメントは、とても自分のためになったし、励みになりました。

本当にどうもありがとうございました。

【保護者】

村中先生、スタッフの皆様、本当にお世話になり、ありがとうございました。

算数はもともと大好きで得意科目だった息子でしたが、それでも、コベツバを利用する前は、解説が分かりにくかったとき、自分の解法がなぜ違うのか分からなかったときも多々あり困っていました(恥ずかしながら、もう親は全く教えられないため。)

コベツバに出会ってからは「分からなければコベツバ見て!」とお任せすることができ、と親にとっても精神的な負担がかなり減りました。

また、topgunやコベツバWebでたくさんの論点に触れましたが、村中先生のとても分かりやすい解説を見て、子供は「スゴイ!これ、感動!この問題と先生天才!!」とよく言っていて、算数を解く楽しみをさらに深めていただけた気がします。確認テストではニックネームで先生とコメントをやり取りでき、他の受講生のコメントや順位もとても刺激になりました。

沢山の解説動画と問題作成は日々大変だったかと思いますが、村中先生はじめスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

6年の夏休み後、大事な時期に成績が下がったのが一番つらかったです。特に僕は問題の読み間違えや解法の思い込みがこの時期に増えてしまい、大事な模試でもそのミスをやらかし、大問ひとつ丸々落としてしまったりして落ち込みました。村中先生のコメントや問い合わせアンケートのお返事を意識することで本番では修正することができました。

コベツバはサピックステキスト解説、topgun、コベツバWebとフルセットで使っていました。

サピックステキスト解説はサピックスの教材で分からない問題、理解が浅いと思った問題のフォローに使っていたので、分からなかったときの保険として助かりました。

topgunとコベツバWebでは沢山の論点にふれることで算数をさらに得意にすることができました。

僕にとっては、特にtopgunやコベツバWebの確認テストが良かったです。順位が出たり、問題にニックネームを使ってもらえたり、講評で村中先生に励ましてもらえたり、他の受講生を意識したり、毎回とても楽しく取り組めました。(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





<子>楽しかった。

<親>疲れた。



▼振り返り

<子>塾の先生の影響で、5年から受験生の自覚を持つようになりました。

<親>

コロナ休校:この期間を有効に使わせたいと思っていた時にTopGun特訓(3月お試し)に出会え、それと実施する時間があったこと。子供の算数への挑戦心が奮い立ちました。



▼コベツバの使い方

TopGun特訓を利用しました。

<子>5年まで算数得意だったけど、TopGun特訓でますます得意になりました。

<親>進度の遅い塾でしたが、算数で稼ぐタイプの子供だったので、入試レベルの問題に早く取り組ませたいジレンマがありました。基礎を習わずに入試レベルが解けるわけはなく、取り組ませるタイミングを見計らうのに苦労していました。5年3学期に様子見で始めた中学への算数(志望校頻出単元の月のみ)が8割方正解出来ていたので、4月よりTopGun特訓に本格参戦しました。厳しいスケジュールではありましたが、他塾のにゃんこ先生や大阪の本塁打王、低学年なのに自分より高得点の子に勝手に刺激を受けて、楽しく取り組んでいました。未知の解法(感動ポイント)があったときなどは、印象に残るらしくその後の強い武器となりました。確認テスト終了後も、ポイント動画、間違った問題は、夏休みと入試直前で2回は見直ししました。

(受講講座:Top Gun特訓,コベツバweb授業)





息子より……..

いつも分かりやすい解説をありがとうございました。動画をみることで、授業中に理解不十分だった問題も理解することができました。第一志望校の開成中の合格にコベツバは不可欠な存在でした。どうも有難うございます。





親より………

本番は一発勝負なので、緊張や問題との相性によっては全落ちも覚悟していましたが、結果的には5戦5勝となり、特待制度のある学校は特待合格を頂くこともできました。本当にほっとしましたが、夏休み明けからジェットコースターのように時が過ぎ、いきなり終わった感覚です。まだ実感ありません。

中学受験は過熱しすぎていて、手段が目的化している面もあると感じます。私もなかなか冷静でいられず苦労しました。これからは気持ちを切り替えて、本人がやりたいことを探したり、やりたいことを後押しする役に変わろうと思います。



4~5年はサピ上位ブロック内で上下し安定しませんでした。子は基礎問題を面倒くさがり、パズル的な思考力問題を面白がるタイプだったせいか、6年で応用問題が出始めたあたりからα1定着率が上がりました。



<悩んだこと①>

昨年2月からコロナ禍になり、学校お休み&サピもオンラインになったとき、子が精神的に不安定になりました。やる気が無くなり、自室に籠ることが週2回くらいありました。このときは気分が好転するまで寝るなりゲームさせるなり好きにさせました。家庭学習が遅れるので焦りましたがじっと我慢しました。その後、徐々にコロナ禍の生活に慣れ、立ち直ることができました。

(コベツバを使い始めたのは夏期講習からですが、このとき使えばよかったと後悔しています。ある程度の双方向性のあるコベツバweb授業はモチベーションアップになったはずと思います。)



<悩んだこと②>

ケアレスミスがなかなか減りませんでした。計算ミスはともかく、問題文を読み落としたり、解答欄がズレていたり、という初歩的なものです(6年後期はサピ偏差65前後で上下していました。ケアレスが壁でした)。1月校本番もやらかして20点くらい失点したところから少し真剣になりました。計算ミスは仕方ないから、とにかく問いに答えているか?だけは確認するように!とアドバイスし、その後の過去問演習や本番ではミスが減ったように思います。



<印象に残ったこと>

最初は親に乗せられなんとなく始めた中学受験でしたが、6年後期には「学校よりサピが楽しい」、「所見の過去問解くのが楽しい、この学校の問題はきれいにハマってゲームより楽しい、こっちの学校は数字が汚くて嫌い」など、どっぷり浸かって楽しめるまでに成長したことが印象的でした。



<コベツバ活用方法>

①「サピックステキスト解説」で家庭学習、②Web授業で基礎固め、③過去問解説とTopgun特訓で志望校対策でした。とにかく無くてはならない存在で、コベツバ無しにこの結果は得られなかったと確信しています。



①は解説テキストが簡素なため、子が理解できない場合は質問教室か、親が教えるの二択になりますが、前者は就寝遅くなるのでNG、後者もNGでした。コベツバのテキスト解説のお陰で自学できるようになって本当に助かりました。サピ講師と異なる解法も多々あったようで、「遠回りしてるな~」とか「このやり方すげー」とか言いながら楽しんでいました。親は負荷が下がって助かりました、というか無かったら困りました。



②はランキング発表と、自分のコメントに対して動画でリアクションしてくれることがモチベーションアップに繋がっていました。〇〇君に勝ちたい!と言いいながら楽しんでいました。始めたのは夏頃ですが、コロナ禍になった2月くらいから初めれば良かったな~と思います。



③9~1月にかけて最も活用しました。過去問はサピのサポートがほぼ期待できないので、算数の解法理解はコベツバ無しでは成り立ちませんでした。また、Topgun特訓は12月くらいから始めましたが、初めてみると過去問ベースなので子にとって面白い問題が多く、知ってるだけで差がつく技術も多く、これは良い!となり2月直前期までに一気に全単元やりました。お陰で、どの過去問をやっても手も足も出ない問題は皆無になり、どうやって解くか?に頭が回るようになりました。まさに武器を授かった感覚です。



Topgun特訓は最難関向けということで、基礎固め中の6年前半は敬遠しましたが、知っているだけで楽に解ける技術が数多くあったので、今思うとGW明けから始めたほうがもっとスムーズに進められたと思います。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





結果のご連絡が遅くなってしまい申し訳ありません。息子が入試後に「村中先生ありがとうー!○○のやり方で解けたー!」と言っておりました。ありがとうございました。

反抗期で親の助言は、全く聞く耳持たずで困っておりましたが、村中先生の言ったことは実践して息子も信頼しておりました。



塾のSAPIXでも配信動画はあったのですが、村中先生の解説ばかり見ておりました。本人曰く、解説のスピードが早く、明快で、SAPIXのそれより同じ時間でより多くの問題を解くことができるからとのことでした。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓)

桜蔭合格!

5年生のうちから、地道にポイント動画を見続けたことが、6年の最後の追い込みにつながったと思います。

第一志望に合格できた嬉しさとともに、これまでの疲れもどっと出て、不思議な感覚です。



新型コロナウイルスにより、春先から塾に行けなくなり、自宅でのズームでの学習を強いられ、6年にも関わらず、モチベーションが大きく下がってしまいました。しかし、夏以降、塾に行けるようになり、一緒に頑張る仲間の刺激を受け、授業への集中力が高まり、本番に向けてどんどんやる気を高められたことが良かったです。



コベツバでは塾の授業で理解しきれないポイントを、何度も繰り返し動画で理解を深めることができました。すぐには点数にむすびつきませんでしたが、秋以降SS特訓に入り、これまでコベツバで学んだ技術の使い方が大いに役立ちました。5年生のうちから、地道にポイント動画を見続けたことが、6年の最後の追い込みにつながったと思います。さすがに動画を10回見ても分からない概念があったら、志望校で出題頻度がそこまで高くないのであればスパッとあきらめ、他に注力するのも、戦略だと思います。



やはりポイント動画が役に立ちました。6年の夏までは、ひたすらWeb授業のポイント動画に集中していました。特に、桜蔭で狙われやすい水問題、速さ、規則性、立体図形などは何度も繰り返しました。しかし、それでも夏頃までは算数の成績はなかなか安定しませんでした。夏以降土特、SS特訓が始まり、復習を重ねるうちに、動画の理解が深まり、冬にかけて算数の得点を伸ばすことが出来るようになったと思います。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





算数の入試問題が特に難しかったらしく、半泣きで出て来たので、いまもちょっと実感がわかないです。本当に驚きました。コベツバさんには感謝の気持ちしかございません。



12月にコベツバの存在を知り、冬期講習、正月特訓のフォローアップにフル活用しました。桜蔭模試で算数20点台しかとっていなかった娘が桜蔭に合格できたのは、この12〜1月のコベツバ漬けのおかげです。

塾の解説だけでは身につかないことも多かったですが、「わからなければコベツバをみればいい」という安心感が、最後の算数の勉強を強く後押ししてくれたようです。もっと早く知っておけばより体系だてて算数が理解できたのにと感じました。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバ過去問解説)





コベツバのおかげで休校中も算数の勉強をしっかりできました。

ありがとうございました。

SSが始まってからは大変でしたが、なんとか最後までやり抜きました。

SSの教材でわからないところについて、体型的に理解を深めることができました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





▼今の気持ち

(子)桜蔭に合格して、すごく嬉しいです。そして安心しました。コベツバで勉強してきて本当に良かったです。

(親)1月校不合格からの1週間のメンタル管理が大変でした桜蔭合格の画面を見たとき、私も泣いてしまいました。





▼受験を振り返って

(子)6年生第1回のSOが今まで一番悪かった。その後頑張って、第2回SOは今までで2番目に良い成績だったことが、転機だと思う。合判も第3回までいまいちだったが、第4回で挽回し受験に臨むことができた。最終的には桜蔭に合格したことが一番嬉しい。

(親)5年夏に算数に苦労し、見つけたのがコベツバです。それから毎日本当にお世話になりました。算数が好きになったのもコベツバのおかげです。





▼コベツバの利用方法

(子)授業の後、すぐに復習できたし、授業で理解できなかったところを家で何回も聞けたところが良かった。

(親)単元別に一覧にしていただいたのが、苦手分野を復習する際、とても役に立ちました。

灘中合格!

TOPGUN特訓は、頭を悩ますような難問・良問で息子は毎回楽しみにしており、時間をかけて解いておりましたが、今思えばここで合格のための力をつけることができたのではないかと思います。

無事に灘中に合格することができました。有難うございました。



地方からの受験でしたので、関西圏や関東圏の灘中対策講座などを受講することが難しい中、一斉休校の中でたまたまコベツバさんに出会えたことが大きなきっかけだったと思います。はじめは灘中を目指していなかったのですが、コベツバwebを受講して行く中で成績が伸びていった為、灘中を視野に入れ始めた秋以降にトップガンに着手していき、灘を含めた最難関校対策を体系的に学習して行くことで更に成績が一段階上がり、息子含めて大きな手応えを感じておりました。



その後、灘中の過去問解説を通じて最終的に仕上げを行なって行く中で息子がよく言っていたことは、どこかで見たことがある問題の多さでした。コベツバwebやトップガンで同じ問題や似た問題に触っていたからでしょうか。過去年度から遡って行く中、近年の入試では合格者平均を毎回超えられるレベルになり、最終的に入試当日も2日間通じて良い手応えで、無事に合格を頂くことができました。



このように幸運にも努力をして行くことで報われていくことを経験させてくださったことに心から感謝を申し上げます。

本当に有難うございました。





奇跡的にも灘中に合格できました。



当日は過去最高の出来だったという本人談でしたが、易化したという話があり最後まで分からないと心配しておりました。

通っている塾の偏差値や合格判定では毎回厳しく最高でも50%の判定でしたが、合格することができました。



コベツバ先生が入試直前のメッセージでおっしゃって頂いていた、本番で最高の力を発揮する子どもが毎年何人もいるというお話、それは僕のことだね、と子どもとも話しておりました。本当にありがとうございました。



休校中に興味を持ってその頃無料開放なさっていたコベツバweb授業に何度か参加させて頂く中、解説を非常に分かりやすく感じておりました。

その中で、灘中の対策についてご質問させて頂いた際に、算数についてはTOPGUN特訓を勧めて頂きました。

TOPGUN特訓は、頭を悩ますような難問・良問で息子は毎回楽しみにしており、時間をかけて解いておりましたが、今思えばここで合格のための力をつけることができたのではないかと思います。



秋から冬にかけて過去問に着手し、難易度別に区分されており、毎回毎回合格者平均をどうやって超えられたかを振り返って進めて行くことで、最後の灘中模試では算数でかなり得点できるようになっておりました。

麻布合格!

村中先生のわかりやすい解説で理解が深まり、確認テストでサピックスを含む各塾の猛者たちともそれなりにやっていけるぞという自信を持てたことが、その後の受験生活の支えになりました。

親としては、やり残したこと、埋まらなかった穴…たくさんありますが、合格を頂けたことに感謝しかありません。コベツバとのご縁はもちろん、自塾の先生方や友人たちからも良い影響を受けながら過ごせた、実り多い受験生活でした。



息子は日々の勉強とプレッシャーから解放され嬉しそうですが、コベツバとお別れかと思うと寂しいな、村中先生の解説をもっと聞きたいな、と申しておりました。

もともと地元の難関校を目指して始めた受験でしたが、5年後期になんとなく算数が伸びてきて、御三家や渋幕も目標に置いてみようか、となりました。

コベツバとの出会いは6年生カリキュラム始まってすぐの休校期間中。村中先生のわかりやすい解説で理解が深まり、確認テストでサピックスを含む各塾の猛者たちともそれなりにやっていけるぞという自信を持てたことが、その後の受験生活の支えになりました。また、塾の夏期講習で、算数の時間は頑張ってくる、とコベツバで得た解法を積極的に実践していました。

最終的には、算数の難問が大好物…となることは無く、難度Aを落とさずBを半分取る、というあたりに着地しましたが、国社の過去問に苦労する中、休校期間中と夏期講習での積み上げが本当に役立ちました。

学校再開以降は満足にコベツバの学習時間を設けることができず、離れてしまった期間もありましたが、長期休暇や受験直前の分野ごとの弱点強化で、非常にお世話になりました。



また、過去問演習について、算数は村中先生の解説があるため、直しを億劫がることなく取り組むことができました。国語や社会の記述に非常に苦労していたので、算数に時間をかけすぎないで出来たことは有り難かったです。

算数は間違いなく、コベツバと出会えたことだと思います。出口の見えない休校期間中、息子にピタリとハマり、集中して学習することができました。

(受講講座:コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





自由な校風にひかれ、憧れていた麻布中学校に合格できとても嬉しいです。

受験をして良かったことは、合格できたことで大きな達成感を味わえたこと、また合格という同じ目標を持つ友達がいて力を得ることができたことです。

辛かったことは、コロナの影響で塾や学校が休みになり、友達と会えずストレスがたまったことです。



コベツバは、サピックスのテキストの解説を見ても分からないときに利用しました。何度でも見ることができるので直前期のやり直しにとても役立ちました。また、ポイント導入動画を活用することでテクニックが身につくうえ、応用の仕方も分かってよかったです。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)





嬉しすぎます。



・受験を振り返ると

初めての麻布中学校のSAPIX模試で算数が最下位だった事が辛かったです。



・役立った教材

SS特訓の村中先生の解説がとても助かりました。





コベツバとの出逢いで、偏差値60の壁を乗り越え今の景色があると思います。

そうでなければ、麻布を受験出来ていなかったと思います。本当にありがとうございました。



転機になった事は、まさにコベツバに出会った事だと思います。

休校期間中、他の受験生達はどんな事をしているのかと不安になり、色々検索している時でした。最初コベツバの存在は知らず、同じ受験生を持つ方のブログで「コベツバ」という単語が出てきて、これは何?と思って調べた事がきっかけでした。

コベツバに出会うまでは、偏差値60の壁がなかなか越えられませんでした。休校期間中、SAPIXのテキストだけではなく、コベツバWebで算数を鍛えた事により、60の壁を越えられる様になっていき息子の笑顔も増えていきました。また、自粛生活で周りが見えない日々が続いていましたが、コベツバWebのテストで志望校が同じ受験生がいて、頑張っているのが見えた事、村中先生の子供達に対するメッセージがあって、最後まで心折れずに頑張れたと思っています。

正直、もっと早く、出来れば基礎を固めつつ時間的余裕のある5年生の時にコベツバに出会いたかったです。

第一志望校の栄光学園には御縁は頂けませんでしたが、コベツバを利用する事で、テキスト以外の事も人より沢山努力し、苦手な単元や難しい問題からも逃げずに向き合ってきたという気持ちがあったので、不合格でも息子は泣きませんでした。

きっとやり切った、と思えたのだと思います。

同じ不合格でも、もっと出来たのではないかと後悔し涙する事のなかった、息子にとっては価値のある、勲章の様な不合格でした。

もちろん麻布、浅野の合格は努力あってこその事だと思っています。

この様に思える環境を作って与えて頂いたコベツバには本当に感謝しています。ありがとうございました。



サピックステキスト解説・対策、コベツバWeb、過去問を利用させて頂きました。

サピックステキスト解説・対策→休講期間中は、分からない問題や間違えた問題のポイントの復習、時間が出来た時は類題で補強しました。

後半は、SSAZでミス問のポイントチェックでお世話になりました。

コベツバWeb→主に休校期間中、算数の基礎を固めたかったのでなるべくカリキュラムに沿って頑張りました。授業が始まってからはキャパオーバーになり出来ない所もありましたが、なるべく苦手単元は時間を見つけて基礎〜標準はやるよう心がけてきました。

過去問→解いていくたび入力し、自分の志望校診断で苦手単元を把握すると共に、直前期はそこを中心に復習、ポイントの見直しをしていきました。



◯オススメ教材



教材ではないかもしれませんが。

理科→朝日新聞出版のサバイバルや実験対決シリーズの漫画

社会→角川の日本の歴史の漫画

受験勉強の休憩時間に気分転換で良く読んでいましたが、本で読んだ事がテストに出たり、実際の試験で役に立つ場面があったようです。

女子学院合格!

村中先生を信じていると、算数力アップできますよ。先生の声は魅力ありますし、授業も面白いです。

サポートしてくれた家族と、楽しい授業をしてくれた先生方には本当に感謝しています。

中学受験が楽しかったです。

村中先生を信じていると、算数力アップできますよ。先生の声は魅力ありますし、授業も面白いです。

家族と先生達を信じることが大事です!

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバ過去問解説)





長かった中学受験生活が終わり、ホッとしたというのが本心です。



受験校全てで合格をいただき我が娘ながら大したものだと思っています。

何の下準備もしないまま、サピックスの入塾テストを受けてαコースに入り4年生、5年生の間は細かい変動はあるもののほぼ偏差値60くらいで推移し、順調な塾生活だったと思います。



しかし、6年生の初夏くらいから秋口にかけて成績が急落しブロック落ちも経験しこのまま落ちていってしまうのかと悩んだ時期もありました。コロナでの生活リズムの乱れも影響していたのかもしれません。本人曰くベッドに敷いていたマットが合わず眠りにくかったとのこと。たしかにそのマットをどかした途端成績はV字回復しました。睡眠の質の大切さを知った気がします。



毎週のテキストの類題として利用させていただきました。単なる数値変えではないその問題における本質的な解法を用いる類題なので理解度がより深まったと思います。また、問題を解く時に手を動かす事の重要さを動画を見ながら学べた事はとても大きかったです。



そして、意外と重要な事は親も一緒に学べるという事なのでは無いかと思います。コベツバ先生はこうやっていたよと正しい解法を身につけ子供に伝える事が出来たのは親子のコミュケーションという面でもとても価値があった事でした。

我が家の中学受験の成功はコベツバあってのものだと思っています。娘もコベツバが無かったら自分はどうなっていたんだろうと言っていました。ありがとうございました。これからも後に続く受験生のためにこの良質なコンテンツを続けていっていただきたいと願っております。

サピックスのテキストとコベツバだけで我が家は中学受験生活を乗り切りました。これだけをしっかりやれば大丈夫だと思います。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)





(子)やっと終わった!という解放感と、達成感でいっぱいです!

(親)とにかく疲れました。肩の荷が降りてほっとしていますが、どこか寂しい気持ちもあり、複雑です。とにかく親子の戦いが合格で終わり、ほっとしています。





終わってからわかったことなのですが、、サピで仲良くしている3人の友達がいるのですが、3人ともコベツバさんを使ってました。もちろんうちもですが、合格するまで誰も言いませんでした・・(苦笑)



本当はよくないことと分かってはいるのですが、サピックス生にとってあまりに強力な助っ人なので、罪悪感を感じつつ、ついついライバルに隠したくなってしまう魅惑的なサービスなのです。



これからは、「コベツバを使っていたよ!」と存分に話していこうと思います。





▼コベツバの利用方法



6年生夏までは、毎週のサピックスの学習をコベツバさんのポイントと解説、そして途中からは類題も含めてしっかり回すこと、テスト前に怪しいもの復習すること、だけで乗り切ることができました。



と言うより、娘がこれ以外のことに取り組むパワーが一切なかったという方が正しいです。



本当はもっとここで戦略的に動いた方が6年生後半にあんなに算数の偏差値が乱高下することはなかったのではないか、と思いますが、反抗期を迎えた娘は「成績が偏差値60以上なら勉強時間と内容に口出ししない」と言う約束で、それ以上の口出しはしませんでした。復習を優先しました。



5年生のうちにコベツバを利用して学習スタイルを整えておいたことが幸いし、反抗期であっても1人でも一定学習できるようになっていて本当に助かりました。ありがとうございました。



6年生秋以降は、成績の乱高下に苦しみました。一度は偏差値50以下まで落ちてしまいました。ここで初めて親子で協力して勉強方法を見直し、コベツバの分野別の総復習に取り組みました。小規模校だったので、女子学院だけのSSコースがありませんでしたが、女子学院に出題されそうな問題に絞って復習を行いました。コベツバの解説に書いている難易度が役立ちました。



冬に調子が戻り、そのまま合格を勝ち取れて親子共に一安心いたしました。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問動画)





女子学院の過去問解説は娘が自分で学習するのに役立ちました。再度12月くらいから、弱いところの確認と再時直しに活用出来ました。



最後の1月に女子学院と豊島岡対策解説動画をじっくりと親が確認して、TopGun特訓を追加しました。1月でしたが、毎日2、3問難しめの新しい問題にチャレンジしたのも良かったと思います。

女子学院のやったことがある過去問もあり本人もやりやすかったようでした。

今後の方にもおすすめしたいです。



今年の豊島岡の解説にあったように、速さの問題はTopGunの速さと同じような問題?と聞いたら、「そう。サッと解けた」と。



1月はコロナ対応のため、塾も時間が短くなり、通っていた校舎も遠かったため質問もいけませんでした。そんな時にコベツバでリアルに学んでいる人数をみて、みんな頑張ってるね!と励ましたり、解説が好きな時に見られるのは心強かったです。



試験前夜は緊張して知恵熱がでて眠れなくなり、不安な状態で受験しましたが最後に頑張って学習したことは娘の力になったと思います。



ありがとうございました。



コロナにより、塾任せだった上の息子より娘とは親子で考えながら受験が出来ました。終わった時はやっと最後に学習の仕方がわかったね!もう少しやりたかったと娘と話してたくらいです。そうなるきっかけにコベツバはなったので感謝してます。

(受講講座:コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)

聖光学院合格!

6年生2学期以前と以降では、まったく世界が違うことを思い知りました。最後の夏からの5カ月で、算数を飛躍的に伸ばさなければ、どうなっていたことか。

コツコツとコベツバをやっていたところ、いつの間にか算数が一番の得点源となり、サピックスオープンで70弱、所属塾の模試では70〜75という偏差値をたたき出しました。

コベツバには秋ごろからお世話になりました。

息子はコベツバ専用のノートを作り、何度も復習をしていました。1月は、TopGunから1日3問ずつ程度選んで勉強していましたが、難易度の高い面白い問題を、素晴らしい解説で理解できることに、「とても楽しい」と知的な満足を得ていたように見えました。本番でも、「コベツバならどう考えるか」と自らに問いかけ、聖光の立体図形の問題は、実際にそれで解法が閃いたそうです。もっと早くからコベツバの存在を知っていれば・・とも思いました。

本当にありがとうございました。



・コベツバの学習方法

コロナ禍の休校期間に、モチベーションを保って頑張った結果、一気に成績が伸びたのが大きかったです。

「サピックステキスト解説」で、SS、土特のその日のうちの復習。特に間違った問題をしっかり理解するようにしました。また、1月にTopGunから毎日3題程度選んで演習していました。過去問はやりきった後だったので、ちょうどよいレベルを解説付きで演習でき、重宝しました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓)





模試の判定や偏差値的に全く手の届かない学校だと思っていたので親子とも驚いています。

算数に関しては、模試で時間がなくて最後までたどりつけなかったり、複雑な問題で題意をくみ取れなかったり、点数の伸びに悩んでいました。コベツバの算数の指導は、簡潔でわかりやすく最短ルートで解答にたどりつけるので、「解けなそうな問題を解ける」感覚を得られやすかったように思います。短期間のうちに算数が伸び、模試での得点源になる原動力になりました。

学校休校中にTopGunを利用しました。 TopGunでは確認テストで、先生がすべての子のニックネームとコメントを読んでくれるのが励みになっていました。たとえ最下位でもやる気を継続できるシステムだったと思います。また、受験校が確定し、過去問解説動画を利用しました。掲載されている年度分の算数はすべて解き、できなかった問題の解説動画を見ました。過去問解説は、問題がABCレベル分けされていたのでどれを取るべきか明確だったのがとてもよかったです。



・コベツバの学習方法

なんといっても算数はTopGunです。各分野での問題の選定、レベルの高い問題を「簡単そうに解いている」をの眺めていると、難問を解くハードルが下がり、知らず知らずのうちに力がついていたように思います。残念ながら時間がなくて1つの問題に2度目3度目繰り返し挑戦することはできませんでした。



(受講講座:Top Gun特訓,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





聖光学院は夢に見るほど熱望していた学校でしたが、算数に自信がなかったので、まさか合格するとは思っていませんでした。コベツバで自信がついた速さと立体図形の問題を解ききったのが勝因だったのかなと思います。(本人)



6年生2学期以前と以降では、まったく世界が違うことを思い知りました。最後の夏からの5カ月で、算数を飛躍的に伸ばさなければ、どうなっていたことか。

6年生の9月に志望校の過去問に取り組んだところ、合格者平均点にはるかに届かず、藁にもすがる思いで、検索でたどり着いたコベツバの過去問解説から利用を始めました。動画解説が驚くほど分かりやすく、これは使える、と親子ではまりました。



当時、夏休みまでの模試などの結果から、すべての分野の「基礎」はできていると考えていました。しかし、第1志望の聖光で頻出の「場合の数」を苦手としており、「合っていると思っても間違っている。一から分かっていないのかも」と嘆くような有り様で、これをやりなおそうと分野別に取り組むことにしました。



コベツバの特筆すべき点は、



(1)一緒に聞いている(基礎知識のない)親でも分かるほどの丁寧な問題解説

(2)解法に親しみやすい名前(棒入れ、ピヨピヨ、ケタばらし、ダブルチョウチョなど)を付けて整理しており、頭の中でインデックス化しやすい

(3)TOPGUNでは灘などの最先端問題をきっちり押さえ、翌年に関東の最難関で出るかもしれないトレンドをおさえている、



の3点だと思います。分野別では、苦手分野は2~3周しましたが、過去問を親子で検討していても、「これはピヨピヨだね」などと自然に解法が浮かぶようになりました。



サピックスではない塾でしたが、塾の教材は授業や先生への質問とセットで効力を発揮するよう設計されており、家庭学習には向いていないという事実に6年2学期に気付きました。志望校頻出の「場合の数」「速さ」「立体図形」「数の性質」を中心にコツコツとコベツバをやっていたところ、いつの間にか算数が一番の得点源となり、サピックスオープンで70弱、所属塾の模試では70〜75という偏差値をたたき出しました。



なにやら怪しげな通信販売の「利用者の声」みたいですが、我が子に関してはこれが事実です。深く感謝すると同時に、中学受験におけるネット学習の可能性を強く感じる経験でした。

(受講講座:Top Gun特訓,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





嬉しいです!

あきらめず最後までやりきれた



2月1日~4日まで合格をどこからも頂けない状態で、精神的にも肉体的にも追い詰められたが、2月5日は聖光2回目の合格、その晩開成の繰り上げ合格を頂き、翌日には渋渋の合格を頂けました。終わり良ければ全てよしとなりました。

開成および聖光の問題を中心にわからないところの解説を何度も確認しました

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)

栄光合格!

6年生後半にコベツバサイトに出会うまでは、ゴールが見えない中を霧のかかった道で足踏みをしているような感覚でした。

本当に合格できるとは思っていませんでした。とても嬉しいです。コベツバ先生に出会えて感謝しています。

5年生に入った頃から急に算数、国語の点数が取れなくなってきて、どうしたらよいのか迷っていました。どうしたらよいのか悩みいろいろと調べていた時に偶然にコベツバ先生に出会うことが出来ました。これが最大の転機だったと思います。5年生の7月頃からコベツバ先生の算数を始め、すぐには結果は出ませんでしたが、秋頃から徐々に伸び始め偏差値60くらいまで伸ばさせていただきました。

テキストの解法を数回解き直し、テスト前の対策問題では1度解き。間違えた問題をすぐに解き直しました。さらに数日空けて再度間違えた問題を2度解き直ししました。少なくともテスト前までに間違えた問題を3度以上解き直しをしました。繰返し問題を解いたことが定着につながり、うちの子どもには自信につながり良かったと思います。

算数においてマンスリーテストや組分けテスト前の問題が全て役に立ちました。

量的にはかなり多く、全てを十分にはこなせませんでしたが、テスト対策をしっかりすることができました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)





6年生後半にコベツバサイトに出会うまでは、ゴールが見えない中を霧のかかった道で足踏みをしているような感覚でした。

1月に入り、急に算数の点数が取れるようになりおどろきましたが、それはコベツバサイトを利用して勉強のペースが安定したのと同じ時期でした(遅いですが(笑))。

算数で逃げ切った中学受験といっても過言ではないです。

本当にどうもありがとうございました。



塾にははやくから通っていたのでなんとなく理解できているつもりでおり、6年生の夏休みも、算数については子供の言っていることを真に受け、テキストのチェックをすることもなく、特に何の危機感も感じずに過ごしておりました。しかし、夏休み後半から典型題をおとすことが増え、この2年間、なんとなく学習していたつもりだったものも復習が不完全であり、ほとんど身についていないことにようやくきづきました。非常に焦りましたが、そのとき運よくコベツバサイトに出会うことができ、コロナ自粛期間中に先生が提示してくださっていた5年生と6年生の単元の対応表をもとに、総復習をかけました(5年生の動画をさかのぼってみることができたのもよかったです。)。コベツバサイトがあって本当に良かったと思います。ぜひみなさんにも活用していただきたいです。

6年生の夏休み明けまで、SAPIXのテキストの使い方をまったく理解できていませんでした。全単元が1冊になっているわけではないので、受験算数の完成形も、今日塾でやった単元の位置づけも、進捗状況もみえず、それゆえ、なにをどう復習してよいのかまったくわからないまま、とりあえず間違えたところを直しなんとなくマンスリーテストを受ける、という学習方法をとっていました。

コベツバサイトの「扉」にて、各問の位置づけや習得するべき技、テキストの構成、弱点や理解不足の点を把握することができるようになり、意味ある学習ができるようになりました。本当にどうもありがとうございました。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓,コベツバ過去問解説)





まさかの3校合格でした。



休校・塾休講期間中が、本人も家族もつらい期間でした。精神的にも荒れたり、成績も下がりましたが、本人は良く乗り越えたと思います。その際もコベツバが支えとなりました。

休校期間中の弱点補強対策と、過去問対策にとくにお世話になりました。過去問は難易度を掲載してくださっていたため、解き直しの際も大変効率よく取り組むことができました。難易度AとBは2回目に解く時は自力で解答を導けるよう繰り返し動画を確認していました。コベツバがなければ合格は無かったと思います。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)

渋谷幕張合格!

このサービスに出会っていなければ、格段に大変になる9月以降を乗り切れたかわかりません。

夢にまで見た渋谷幕張に合格をいただけて本当に嬉しいです!!



コベツバは5年生からお世話になりました。

算数が苦手で、私が仕事を終え家に帰ると、悔しさと情けなさで半泣きの娘がいたのには本当に驚きました。

塾の中でも最上位クラスに入れたものの、周りは算数男子ばかり、、算数はアルファベット中位が適切と言える娘にとって、5年生の夏は一番キツかったと思います。「これはダメだ」と思い、コベツバを本格的に初めました。それからは、問題がわからなくて泣くことはほとんどなくなったどころか、見違えるほど成長し、コベツバweb授業の応用編、Top Gun特訓に参戦できるレベルまで高まりました。



渋谷幕張は特殊性の高い技術を出題することも多いということで、いつかは受講しなければならないと考えていましたが、娘が思いの外乗り気で、すんなり勧められたのはそこまでの土台の力がコベツバでついていたからだと思います。



6年夏の時点で過去問に取り組んだところ、合格者平均前後だったので、あとは他科目の追い上げに集中することができました。

6年生前半のうちに、算数でここまでリードできたのは間違いなくコベツバさんと一緒に学んできたからだと思います。



〜コベツバの使い方〜



軌道に乗るまでは、(それができる時は)授業前にポイント動画を視聴し、授業に臨みました。(こうでもしないと授業についていけなかったからです)。授業後はもう一度不安なポイントを見てから問題に臨みました。コベツバさんで重要がついているものは宿題になっていなくても必ずこなしました。テキストで苦手な問題があれば、すぐにコベツバの類題まで確認できるよう、横においていました。コベツバの類題は理解したつもりになっている問題を炙り出してくれるので、最終的には必ず全問取り組むようにしました。



テスト前は理解が怪しい問題をテキストで復習した後に、コベツバのテスト対策にも時間を測って取り組みました。コベツバを初めた頃は制限時間がキツく感じたようですが、正解していてもすぐに解けなかった問題を復習していると、だんだんテスト対策で満点に近い点数を取れるように仕上がり、テスト本番でも偏差値60以上を常にキープできました。



休校中はコベツバweb授業とTop Gun特訓に取り組みました。知らないポイントや刺激的な問題が盛り沢山で、休校中にメキメキと算数の応用力がついたように思います。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,TopGun特訓,コベツバ過去問解説)





模試の判定、サピックスクラス内の席順、過去問の出来全てが良く、データの上では全勝間違いなしでしたが、絶対はないので、まさかのシナリオは頭をよぎりました。

結果、渋幕・麻布ともに合格をいただきました。



サピックスに入塾したのは新4年生からですが、幼稚園の頃から渋幕を意識するようになりました。ママ友情報を聞きつけた妻の判断で「ピグマ」をはじめとする自宅学習を低学年から開始。勉強習慣を身に付けました。勝手に勉強できるわけではないので、スケジュールを立てて寄り添うことが必要でした。結果的にサピックスでは最初から最後までαに在籍することができましたが、6年生春の算数の落ち込みには焦りました。その際も妻の指摘がきっかけでアクションしました。そこからの約10ヶ月は大変でしたが、コベツバサービスとの出会いに救われました。このサービスに出会っていなければ、格段に大変になる9月以降を乗り切れたかわかりません。あとは、両家のじいじばあばの各種サポートも恵まれていたと思います。家族・親族一丸となった中学受験と言えます。



◯コベツバについて



トップガン以外幅広くお世話になりました。

サピックス授業(平常、SS、テスト、季節講習)の理解度向上に役立ちました。

9月以降の過去問への取り組みが効率的に進められました。

教材やサービスでは、サピックスとコベツバ以外には特にありませんが、以下は知識や教養に好影響があったのではないかと思っています。



●世界遺産や歴史を作った人物と関連のある地域への旅行

●読書



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





なんとか、渋幕合格をいただきました。とても嬉しいです。



サピックス以外の大規模塾に通塾していましたので、コベツバさんのことは半年前までまったく知りませんでした。

また、渋幕は第一志望校だったのですが、過去問や模試が全く振るわないのであきらめかけていました。



そんなとき、偶然、コベツバradioにて「渋幕に尖らせた対策を行えば、合格の可能性がある」というようなことをおっしゃっていたので、興味を持ちました。そんな時にコベツバさんに出会ったので初めは半信半疑でしたが、コベツバweb授業とTop Gun特訓を試してみたところ、「難しい問題でも、この解説を聞いたらできる気がする!」と子供が興奮していたので、受講を決めました。



この時もまだ、渋幕第一志望と腹が決まったわけれはないのですが、明らかに対策した分野だけが次の模試で伸びたことから、「これはまだ期待が持てるかもしれない」と親子とも希望の光が一筋見えた瞬間でした。



最後まで渋幕合格確実と胸を張って言えるレベルに達することはありませんでしたが、それでも合格最低点を超えることもあり、あとは運を天に任せようと思い、前日までできるだけの対策をコベツバで仕込みました。



結果は吉。合格を勝ち取ることができました。

今年は徹底的に学習したポイントがしっかり出題されていることもあり、算数でリードできたのではないか、と本人談です。



◯コベツバの使い方



渋幕が残念でも第2志望には合格するため、まずは土台となるコベツバweb授業に取り組みました。

分野別教材→確認テストで、ポイントを固めてから、分野別総まとめ、に取り組みました。

土台と言っても、応用編となるとなかなか難しい問題が出題されているのですが、ライバルの点数や正答率がわかるので、ちょうど渋幕志望の方の得点を参考にさせていただきました。



そのあとはTopGun特訓で立体図形、数の性質、場合の数に取り組みました。ギリギリまでTopGun特訓の新しいものを学習していましたので本来もっと早く始めればよかったなあと思うのですが、とにかく前日まであきらめずに取り組んだことで初見の難問の勘が鈍らなかったことと、確認テストで本当に身についているか確認できたのが、合格につながったのではないか、と勝手に解釈しております。



(受講講座:コベツバweb授業,TopGun特訓,コベツバ過去問解説)

豊島岡合格!

過去問では一度も合格最低点を取れていなかったので、合格した時は驚きと喜びでいっぱいでした。

(本人)当初から第一志望の学校でしたが、過去問では一度も合格最低点を取れていなかったので、合格した時は驚きと喜びでいっぱいでした。 



(父)チャレンジ校でしたが、初めから豊島岡をターゲットとし、サポートしてきましたので、とても嬉しく、成し遂げた娘を誇りに思います。

(本人)塾に通い始めたのは小学1年生からでした。5年生からはペースを上げ、成績も上がってきましたが、6年生あたりからメンタル的に負荷が大きくなり、特に後期は成績も伸び悩み、合格ラインに届かず辛かったです。それでも先生や家族に支えられながら最後まで粘り強くやり続けたことが良かったと思います。今振り返ると、とても受験勉強はとても楽しかったです。



(父)うちの子の場合、幸いにも入試本番で「楽しみながら集中してできた」と言っていましたが、今振り返ると村中先生が「豊島岡の解体新書」で「気持ちの強い子が勝つ」と言われていた通り、やるだけのことをやり、絶対合格するという強い気持ちで臨めたことが良かったと思います。コロナ禍の受験で息抜きも上手くできない中、娘は最後まで本当に良く頑張ったと思います。

(父)コベツバは6年の秋に豊島岡の過去問解説動画並びにコベツバweb授業を活用させていただきました。通っている塾で十分に質問ができない中、詳細な解説で理解が深まるとともに、各問題をレベル別に示してくださったおかげで、取らなければいけない問題、合否を分ける重要な問題が明確となり、とても助かりました。

また、分野別の分析ツールが秀逸で、解いた問題の正否を入れるだけで、分野別の得意・不得意の傾向や、その分析結果をもとにした志望校の対策アドバイスまで確認することができ、学習の助けになりました。塾の先生にも分析結果を伝え、重点分野を個別指導で対策してもらえたおかげで、弱点を克服し、合格できたものと確信しています。

(父)役にたったのは算数のコベツバ過去問解説動画です。

また、塾では予習シリーズを使用していましたが、まだコベツバのサービスが始まっていなかったので活用できませんでしたが、下の子の時には4年生から是非活用したいです。また、コベツバの各種学習アドバイスの動画の内容もとても良く、参考になりました。



(受講講座:コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





一時期は受験を諦めようと思った時もありましたが、周囲の励ましなどを原動力にし、最後まで諦めずにやってこれて良かったなと思いました。未来の自分の姿を想像して、やりきることができ、協力してくれた人たちには感謝の気持ちでいっぱいです。



私の場合は、成績の上がり下がりが激しく、最後まで気が抜けませんでした。最後のテストで成績が急低下し、そこから巻き返すのは大変でした。塾ではよきライバルや自分にあった難易度の問題などを解き、とても充実していて、今思うと意外と面白く、よい経験になったなと思います。



自分が先生に聞けなかった問題を家で解決することができ、とても使いやすかったです。また、過去問の解説なども見ることができ、合格できたひとつの理由なのではと思います。コベツバを見た問題はもう一度別の日にやることで、より効果的に覚えられ、またその問題にもなれると思います。



一番活用したのは過去問です。また、ただがむしゃらに問題を解くのではなく、今までの問題傾向をみて、今年は何が出るか…と予想するのも良いと思います。ただ、合格点がとれない場合も悲しむ必要はありません。むしろ、この年でなくて良かったと前向きに考えた方がいいです。また、どうしても分からない問題はインターネットで調べるのも一つの手だと思います。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





第一志望に受かることができて、素直に嬉しいです。過去問をたくさん解いて、復習を繰り返した甲斐がありました。結果発表の時はものすごくドキドキしました。そして合格が分かった時は涙が止まりませんでした。



私の受験の転機は6年生の12月だと思っています。今まで四科目とも劇的に成績が上がったことはなかったけれど、冬期講習が終わってから国語に自信を感じるようになりました。



コベツバは、過去問や平常授業の解説を使っています。動画で解説が行われるため、どのように解くかの過程がわかりやすく、とても使いやすかったです。アドバイスとしては、平常授業の分野に合わせてコベツバで復習するといいと思います。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





元々第一志望にしていた豊島岡に一回目で受かって、びっくりしました。幸せです。

休校中にダラダラ勉強していたらその次のマンスリーで突然成績が下がり、そこから真面目に勉強するようになりました。もしそのことが無かったら、豊島岡には受からなかったかもしれないと少し思います。

授業で間違えた問題のポイント動画を見てから直し、復習をすると、時間を無駄にすることなく、理解しやすくなりました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)

慶應普通部合格!

まんべんなく僕の算数スキルを向上させてくれました。まさに至れり尽くせりなサービスでした

自分が実際に普通部生になれることがとても嬉しいです!



僕は受験勉強を通して、努力のとうとさ、家族や仲間、自分のために一生懸命指導してくださる先生の大切さを知ることができ、テストでは測れない、本当に大切なものを手に入れることができ、結果がどうであれ人生の中で貴重な経験ができたと思っています。

成績が上がらず、辛かった時の先生の言葉や一緒に努力してきたライバルたち、わかりやすく授業をしてくださった先生方のあたたかさを忘れずに生きていきたいです。本当に幸せでした。

5年生の頃からお世話になっておりました。わからない分野や、苦手な単元を類題を使って習得しました。

また春の一斉休校の時は、コベツバweb授業で学習しました。

テスト解説やSS特訓の解説動画も見させていただきました。

まんべんなく僕の算数スキルを向上させてくれました。まさに至れり尽くせりなサービスでした。本当にありがとうございました😊

コベツバ以外には特にありませんでした。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)





合格をいただけて嬉しいです。とりあえずホッとしています。我が子はとにかく算数の成績が安定せず苦労しましたが、こちらの動画で少しずつ力をつけ、最後に発揮してくれました!



成績が下がり辛い日々も経験しましたが、最終的に結果をだせて良かったです。

受験勉強を始めた時期は順調でしたが、5年後半から急に成績が下がり始め、反抗期とも重なって、なかなか成績が戻りませんでした。



5年秋あたりから息子の反抗期が訪れました。一切勉強しないようになり、親から発する全ての言葉に反抗し、当然成績も急降下し、このままどうなってしまうのか、不安で仕方ない日々をすごしました。

悩む日々を過ごすうち、息子が抱えていた、親に対する不満や受験に対するストレスが明らかになっていき、色々と対応を改善したり、路線変更をしたりしました。その結果、6年の夏頃には反抗度合いが下がってきて、勉強にも前向きに取り組むようになり、冬になる頃には反抗的な態度もとらないようになりました。先が見えない時は本当に辛いものでしたが、結局は、反抗するきっかけも受験でしたが、反抗から抜けるきっかけも受験でした。受験が望む結果に終わった今だから言えるのかもしれませんが、結果的に受験をしたことで、子供が考えていることもわかり、親子間のわだかまりも消え、良かったと感じています。



今振り返るとこの成績停滞期に苦手分野の洗い出しやテストの分析をしっかり行うようになり、その後の対策を取りやすくなったと思います。成績はすぐに上がらなくても、やった勉強は確実に身についていると思いました。



とにかく華麗で無駄のない解法のコベツバは、基本的には間違えた問題の動画を見るようにしていましたが、苦手分野や複雑な計算問題などは、正解していても動画を確認し、自身の解法と異なる場合は見るようにしていました。問題が難しくなるほど、きちんとした無駄のない解法を身につけていないと対処できなくなると思います。

すごく基本的ではありますが、基礎力トレーニングの解法をコベツバで確認することは直前期に役立ちました!簡単なのですが、解法の最終確認に効果的でした。その結果、ただの解法暗記ではなく、無駄のない解法を理解することとなり、直前の演習期にとても役立ちました。



あとは、サピックスで配布された理科資料はとても役立ちました。視覚で確認しておくと忘れにくいと思います。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)





慶應普通部を息子が熱望していたので、本当にほっとしています。

コベツバには本当にお世話になりました。コベツバがなかったら合格できていなかったと思います。

受験を始めてから常に時間に追われて大変でした。息子も受験をしたいと言いつつも、隠れてYouTubeを見ていたり怒ることも多々ありました。流石に6年の夏くらいからは、自覚が出て本当に良く頑張っていたと思います。

塾よりコベツバの解法で息子はやりたがったので、算数はほぼコベツバを頼りにやってきました。コベツバweb、SS、過去問とほぼ毎日コベツバを見ていたように思います。

算数以外はサピックスのみで大丈夫でした。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)

早稲田合格!

コベツバについていけば大丈夫という絶大な安心感がありました。

嬉しいです。まさか間に合うとは思ってもいませんでした。1月以降の伸びが大きかったと感じています。



恥ずかしながら、仕事にかまけ5年生の1月までほとんと本人任せの学習であったためか成績が徐々に下降していきました。面倒見がよいといわれる塾にサピックスから移ろうと悩んでいたところ、友人から、親のコミットなしではどの塾に行っても同じと叱咤され、サピックスのまま真剣にサポートすることにしました。5年生の学習内容が堅固でないまま6年の内容をこなすのは大きな苦労を伴いました。算数はコベツバに助けていただいたと思います。5年生のカリキュラムは大切にしてください。算数はもちろん、他の3教科についても強くそのように思います。



コロナによる休校期間は積極的に利用していました。

ポイント動画は、見ているときは力に直結しているか不明でしたが、演習を重ねていくうちにジワジワ効力を発揮してきたように見えました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





コベツバについていけば大丈夫という絶大な安心感がありました。これからコベツバなしでどのようにやっていけば良いのでしょう。



サピックスのテキストの優先順位がわからなくなったときに、コベツバに相談しました。私のような中学受験未経験の保護者にもわかりやすく丁寧に即対応してくださり大変感謝致しました。何度か相談させていただきましたが、いつも即返信をくださいました。このように悩んで思いつめている時期は、メンタルもつらい時期でしたので、コベツバの対応には何度も救われました。



コベツバに出会っていなかったら、ここまで算数を得意科目にすることは出来なかったと思います。コベツバweb、コベツバ過去問解説、スタンバイサピックス、SS全てが大変助かりました。毎日ある正月特訓、夏・冬講習でもコベツバは即解説をあげてくださるので、滞ることなく次の授業にのぞむことが出来ました。リアルタイムでコベツバで勉強している人数がわかったり、同学年の理解度など知ることができたので参考になりました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





努力が報われ、とにかくほっとしてます。



授業の復習に活用していました。

また、得点分布表の活用や問題毎の他受験生の理解度分布により、問題の解説だけではなく自他の状況を知ることが出来たことも良かったです。

コベツバさんがなければ、合格をいただくことはできなかったと思います。

本当にありがとうございました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)

慶應中等部合格!

受験本番では算数が武器になり、受験した全ての学校から合格を頂くことができました。
平常授業、土特、SS、過去問、コベツバはいつも復習の友でした。

息子が一番行きたかった学校にご縁をいただけて、ホッとしています。



サピックスには低学年の頃から通っていました。4年生までは野球チームの活動と両立してやってきましたが、5年生の進度の速さにこのままではついていけないと感じ、5年の春に野球チームをやめました。

今年の受験はコロナ禍を抜きに語れないと思いますが、休校中はコベツバに大変助けられました。先生の学びを止めない、という強いメッセージに親も勇気づけられて頑張ることができました。



・コベツバの利用方法



5年生の夏から、主に授業前の予習に活用していました。特に、割合、比、速さの単元は事前にポイント動画を見ておくことで、授業の理解が容易になったかと思います。



また、マンスリーや組み分け前には対策問題を解くことで、幅広い範囲を復習できたのがよかったです。

息子の第一志望の慶應中等部は、難易度でAとBの問題を確実に取ることが求められるので、コベツバの問題や、テストの解説でもAとBの問題を重点的に復習していました。



また、苦手単元については、コベツバwebから問題をピックアップして強化していました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





コベツバ先生(←村中先生のことを息子はこう呼んでいます)、やりました!!チャレンジ校であった早稲田中学、慶應中等部の早慶W合格を勝ち取れました!



12月の最後のSAPIX合判テストで偏差値50を下回った時には「夢は夢で終わるかもしれない」と親子共々覚悟を決めましたが、1月の1か月間、苦手だった算数に対して、コベツバ先生のポイントを一つ一つ確認しながら、基礎トレ・6年生のテキストを徹底的に復習して苦手分野を克服した結果だと感じております。

改めて、コベツバ先生に出会えた事を感謝しております。本当にありがとうございました!



4年(α帯)→5年(アルファベット上位)→6年(アルファベット中位)と徐々に偏差値/クラスが下降曲線を辿る中で、6年生の春のコロナ中にコベツバ先生に出会えた事が、わが家の受験生活の転機です。6年生になり、一気に算数が受験問題へと難易度が増す中、授業で理解しきれなかった問題をコベツバ先生の解法ポイントで復習、理解を深められたことが何よりも息子の救いでした。



SAPIXの授業を聞き、理解しきれなかった点や、解答を見ても良く分からない点があった際に、すぐにコベツバを見るようにしていました。



中々、質問教室も混みあっているときもありましたので、家に帰ってきてすぐに自分の見たい時に集中して見れることは、時間の節約になりました。またコベツバ先生は一つ一つの問題に図や線分図を書いて整理して説明してくださるので、理解の速さも段違いに上がりました。息子には先生の図や線分図の書き方を真似るよう何度も言い聞かせた結果、苦手だった速さのダイヤグラムなど、寧ろ得意分野に最後はなりました。



慶應中等部、早稲田とも今年は小学生で習う漢字以外が出題されており、息子はやる時間がありませんでしたが、漢検4級のテキストもやっておくと得点力upにつながるかと思いました。



特に慶應中等部向け



お父さん、お母さんの一般常識力も影響するかと思いました。日本の古い習慣や行事などの成り立ち、何のためにその行事をするのか、また理科的な知識(氷の溶け方や天気の移り変わり等)子供との普段の会話の中で一緒に学ぶ事も良いと思いました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)





ありがとうございます。今までの努力が報われて嬉しいです。

受験本番では算数が武器になり、受験した全ての学校から合格を頂くことができました。

平常授業、土特、SS、過去問、コベツバはいつも復習の友でした。

終わってみれば全ての受験校に合格できましたが、常に、不安と隣り合わせの受験でした。

どうしたら算数の点数が上がるのか、どうしたら算数の点数が安定するのか、暗中模索の日々が続きました。



SAPIXの授業で理解できなかった問題や、理解に不安がある問題、授業中に間違えた問題については、必ずコベツバを見ました。

また、家庭学習に指定されなかった問題でも、ポイント表で、重要且つ頻繁に出題されるとされている問題については、必ず取り組み、不安があれば解説動画を見ました。

過去問については、間違えた問題の解説動画を見るだけではなく、後回しにすべき問題を後回しにできているかを確認しました。



役に立ったプリント

SS単科算数解法力、SEプリント、SSTJ、SSWA、理科ポイントチェック・社会知識の総完成

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)

駒場東邦合格!

6年生になってコベツバを始めてからは60以上を安定して取れるようになりました

とても嬉しい気持ちでいっぱいです。合格に向けて頑張ってきて本当に良かったです。

5年生までは算数の偏差値が50~60の間を行ったりきたりの状況でしたが、6年生になってコベツバを始めてからは60以上を安定して取れるようになりました。特に村中先生のポイント毎に体系化された解説が非常に分かりやすかったみたいで、息子の目が輝いていたのをよく覚えております。コベツバがきっかけで合格できたのは間違いありません。ありがとうございました。



コベツバwebという講座を利用した定期的な確認テストが成績向上に繋がったと思います。またテストを実施したタイミングで先生への一言相談コーナーが有りましたが、これに対して丁寧に講評頂けたことが息子にとって大きなやり甲斐になりました。成績ランキングの公表も負けず嫌いの息子に合っていました。オススメの講座だと思います。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)









第1志望の聖光学院からは1次・2次どちらもから合格を頂けない結果となってしまいましたが、第2志望校(この学校も熱望)の駒場東邦から合格のお知らせをいただきました。



駒場東邦のために、WEB授業の「点の移動・図形の移動」「場合の数」を総ざらいし、確実にしてきたからだと思います。

6年間充実した学校生活ができるか、楽しみです。

4年生2月からSAPIXの中規模校舎に入室し、初めての組分けテストでα1からスタートできました。その時はコベツバを知らず(サービス自体も始まっていないでしょう)、家庭教師を雇ったり、SAPIXの「文字だけ」の解説だけで間違いなおしをしてきました。その時は、どうしても分からない問題が多く、辛く、親子でのバトルも多かったです。

5年では、前期まで4年と同じ状態でしたが、夏期講習のころからコベツバを利用し、初めは父親に村中先生がおっしゃっていることがわかりにくい時、助けてもらいましたが、解ける問題の量は大幅に増えました。



6年では、前期にアルファベット上位でのんびりと過ごす羽目になりました。また、その時は、学校だけでなくサピまで休みになったので、テストも自宅で。コース昇降がないのが救いだったのですが、その時、2番目に低い、最低偏差値52を記録しました。次、偏差値が55に行かなかったらサピックスをやめるという話になり、コベツバサービスを駆使してなんとかセーフでした。



受験の天王山と呼ばれる夏期講習が始まると、サピの先生も大変でしょうが、休みの日はお盆ぐらいで、また、翌日デイリーチェックもあり本当に大変でした。その夏期講習の内容になんとかついていけた理由は、やっぱりコベツバです。



その後、SS特訓ではKAプリントの解説をしてくださり、授業点もアップ。筑駒・開成1クラスに上がりました。その時は、第1志望の聖光学院に必要なのはどこだろう?と考えていました。



また、同じく9月には第1回のSOがあり、駒場東邦の合格率は70%、早稲田も70%と良い結果を残します。

しかし、10月の聖光学院SOでは合格率40%。僕にとってはこれでもいい方です。なぜなら、平均合格率が30%だから。



だが、10月マンスリーではα1になんとか上昇。12月もα1を維持します。

11月のSOは開成と駒東を受験し、開成は20%、駒東は40%に下落。本当にトホホ・・・な結果です。



さらに追い討ちがかかり、12月の合格力SOでは偏差値48に。

その為、西大和の入試を棄権し、徹底的に基礎を振り返りました。



1月はコロナ感染を防ぐため、家で缶詰になり、徹底的にWEB授業やコベツバくん(コベツバ君は、しっかりと自分の苦手分野を分析してくれます)で、コベツバの類題をほとんど解きました。(コベツバの問題、いくつあるんだろう・・・)



そして迎えた駒場東邦。見事合格。そのまま聖光学院も・・・と思いましたが、不合格。しかし第2志望の駒東には受かったので、3日は筑波大駒場。3日には深夜、塩田先生を通じて村中先生からの激励メールが。4日には天気にも恵まれましたが。見事に不合格。



このような受験結果となりましたが、精神的にも成長できた中学受験です。

苦手分野の解説は勿論、過去問、SS、土特などの解説を物理的にも、精神的にも辛いのに、解説をしてくれた、村中先生。それを支えるコベツバスタッフの皆様。悔いのない受験を手伝っていただけたことに、心から感謝いたします。



ー後輩受験生へ向けてー



【サピックステキスト解説サービス】

平常授業のデイリーチェック、SSや志望校別特訓、テスト解説をここで学びました。それぞれのNOごとにポイント表が掲載され、レベルや重要度が簡単に把握できます。それぞれのレベルや志望校に合わせた問題はここで確認するといいでしょう。また、類題も確実にこなせば、ほとんどの問題にも対応することができます。

【WEB授業・TopGan特訓】

WEB授業は組分け対策や分野別教材、又はそれの確認テストなど、「苦手分野の徹底」や「基礎の徹底」に向いています。確認テストでは、他のコベツバメンバーと自分の立ち位置が確認でき、コベツバクラス?の毎回コース昇降も行われ、先生の表彰動画で気分転換もできます。

TopGan特訓は開成・筑駒・渋幕・聖光などの最難関志望者には必須であり、その分野を発展まで徹底的にに極めるのに向いています。

これはほとんどが入試問題で構成されており、レベルが非常に高いです。

【コベツバ過去問動画解説】

最難関・難関の過去問解説です。(男子校は、開成・麻布・筑駒・聖光・栄光・駒東・海城・早稲田・慶應・早実・渋幕・渋渋など)

志望者にとっては必要不可欠なコンテンツとなります。

また、トップページの1番上には自分の難易度別得点率がわかる陽になっていて、僕自身はレベルA正答率80、Bは65、Cは30を目指しました。

【その他】

あとは、コベツバラジオと学校別解体新書です。

radioは村中先生と塩田先生が学習相談にお答えするもので、最近では学校別解体新書についての話題が多いです。参考になるでしょう。



ー役に立った教材ー



[算数]

・やっぱり「中学受験コベツバ」

[国語]

・SAPIXシリーズ「漢字の要」「言葉ナビ」

[理科]

・SAPIXメソッド「理科コアプラス」「新小学問題集Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」

[社会]

・「新小学問題集」「歴史資料集」

[総合]

・四谷大塚過去問データベース(実際の過去問がPDFで掲載され、本番に近い状態で過去問演習ができます)



(利用サービス:受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





コベツバ先生の応援動画を元に

最後まで頑張り抜く事が出来ました。

本当にありがとうございました。

駒場東邦の算数に苦戦しましたが、手を動かす、粘るを心がけました。



コベツバの平常、立体切断はなんども観ました。

そして、先生の所見も役立ちました。





やったーという気持ちです。



12月ごろいよいよ受験モードになった時に頑張りのエンジンが入りました。

わからないことがあったらすぐコベツバで調べて、わからないことがないようにしたのが良かったです。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓,コベツバ過去問解説)



早稲田実業合格!

本番の僕はこべつばで鍛えた算数でリードできたと思います。

入試本番で、わからない問題は本当に少しだけで、ほとんどありませんでした。

努力が実って、とても嬉しいです。



本番の僕はこべつばで鍛えた算数でリードできたと思います。

入試本番で、わからない問題は本当に少しだけで、ほとんどありませんでした。



受験勉強をはじめたころは算数が特に好きではなかったし、勉強もあまり好きではありませんでした。



でも先生の解説がわかりやすく、面白かったので、算数がとても得意になり、偏差値70に近いところまで上がりました。

コベツバweb授業でみんなと競い合うのも、とても楽しかったです。僕より算数ができる人がたくさんいて、問題も毎回楽しくて、とても刺激になりました。ここで算数の土台を固められたので算数が得意になったと思います。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





サピックスに通う知り合いの方からコベツバの噂を聞いていましたが、サピックスに通っていないので、残念に思っていました。



6年生になって塾に関係なく参加できるコベツバweb授業が始まったと聞いたので、すぐにためして、親子共々わかりやすい解説に感動しました。



この時の偏差値では早実に届かなかったので、今振り返ればこの時にコベツバに出会っていなければ早実合格はありえなかったと思います。



本音を言えば、やっぱり5年生の時に出会っておけるともっと焦らずに学習できたと思います。



やはりコベツバさんで最も良かったものは、ポイント動画です。算数の技術がどんどん増えていくことが息子も嬉しくて、全てのポイント動画を見て、理解度が◯以上と胸を張って言えるところまでポイントも問題もやり込みました。



早実は問題がとても難しいとコベツバ先生がおっしゃっていたので、コベツバweb授業は応用まで取り組みました。6年前期にコベツバweb授業で応用のものまでスラスラ解けるようになっていたおかげで、6年後期の志望校別特訓が始まってからメキメキ算数がのび、過去問でも合格者平均以上を得点できました。



6年後期には、Top Gun特訓にも取り組み、早実によく出る単元だけは仕上げました。Top Gun特訓は正直とても難しかったのですが、ポイント動画と問題をにらめっこしながらがんばりました。



(受講講座:コベツバweb授業,TopGun特訓,コベツバ過去問解説)





無理かもしれないと思ったのに一番行きたかった早実の合格をいただけて飛び上がるほど嬉しいです!



転機は6年生秋、初めて過去問に取り組んだとき、全く手も足も出ず、どうしようかと思った時にコベツバさんを使い始めた時です。過去問だけではなく合判も酷い有様で、打ちのめされました。



実は、5年の夏季講習の時に偶然コベツバを知ったのですが、そのころは算数も国語も偏差値65を超えていました。本人も算数が好きと申しておりましたので、まだまだ大丈夫と思ってコベツバさんを使うのはあるとしてもSS特訓ぐらいかな?と思ってスルーしてしまいましたが、そんなに甘くはありませんでした。



今思えば、予兆はありました。



マンスリーの得点はよいものの、実力テストになるとがあまり得点できないことや、6年生に入って、実力形式が増えると、徐々に算数の偏差値は下がっていました。



それでも志望校を諦めるほど悪くはないと信じたかった気持ちもありますし、全てのテストの偏差値が悪かったわけではないので、このまま頑張れば良かった時に戻れる、と親子とも信じていました。



休校期間にライバルたちがメキメキと力をつけていた時に、これまで通りの学習しかしていなかったことも原因だったかもしれません。



さて、6年秋に話を戻しますと、ここで藁にもすがる思いでコベツバさんの過去問を使い始め、コベツバradioも合わせて聞いてみました。ちょうど過去問の使い方を配信されていたと思います。



「過去問のレベルAが得点できていない、解説を聞いてもすぐに解けないなら、6年生前半までの土台に穴がある」と聞いて、まさにウチのことだと思いました。



そこでお勧めしていただいたコベツバweb授業と、5年生のテキスト解説を遡って取り組みました。



ポイントすら掴めない過去問や実戦形式のプリントはいったん後回しにしました。



コベツバradioでは10月、遅くとも11月までに土台が仕上がれば間に合うとおっしゃっていたので、とにかく10月末(実際には少し遅れて11月半ば)を目指して、猛烈に復習しました。娘も本当によく頑張ったと思います。



取り組んでみるとわかるのですが、5年生のテキストでも忘れていることがたくさんあったり、コベツバweb授業の応用ポイントは全く知らなかったり(習っていたものを忘れただけかもしれません・・)、本当に基礎が全然なっていないのだな、とショックでしたし反省しました。



救いは、徹底的に復習した分野はかたっぱしから、コベツバweb授業確認テストを受けていくと、そこそこは得点できたことです。これで娘のモチベーションがなんとか保たれました。



そのような地獄の?秋が終わり、冬に入るころやっと過去問演習を再開しました。

レベルAが得点できるようになっており、娘も、ホッとしていました。

まだまだ安心はできないものの、何より直しの時間が減り、過去問とサピックスを両立できるようになりました。



サピックスのプリントやテストもこの段階でやっと活用できるようになりました。もう一度取り組んでみると、間違えていたものの多くを正解できるようになっていました。それでも間違えたものはもう一度ポイントと解説で復習しました。



そのあとは、一喜一憂を繰り返しながらですが、秋の絶望に比べれば本当に落ち着いて学習することができました。コベツバさんがあることが娘の支えになっていたと思います。



もっと早くコベツバさんを使っていれば、、、こんなことにはならなかったと悔やんでも悔やみきれませんが、なんとか間に合ったのは本当にほっとしています。

これは我が家の体験談ですので、6年生でも、過去問でも余裕でついていけるご家庭の方が多いのかもしれません。あまり優秀ではない我が家の場合、ということでどこかの家庭の1つの参考になれば嬉しいです。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)

早大学院合格!

2年前にはコベツバがなかったので、サピックス32期生で良かったです。

全勝できて嬉しいです。これもコベツバのお陰です。



早大学院は大学入試のシステム変更でこれから人気が出てくる所で、2年前にはコベツバがなかったので、サピックス32期生で良かったです。

神様仏様コベツバ様本当にありがとうございます!



算数はもとからあまり良くなく、偏差値45~50ぐらいをさまよっていた自分の転機は、間違いなくコベツバを見つけた5年生の夏でした。コベツバを見つけていなかったら、もう悲惨だったと思います。コベツバを見つけたこと、それが一番の良かった所です。(偏差値は57~60に上昇)

掲示板で受験番号を見つけるという、受験の醍醐味はコロナて味わえませんでしたが、合格と知ったときはとても嬉しかったです。



学校とsapixの間の30分ぐらいの時間、軽食しながらポイント動画を見たりするほどポイント動画が大切と思ったので、次のことをしました。



1分からない問題はすぐポイント動画を見る

2分かったらもう一度解く

3正解する



これで90%以上の問題は納得出来ました。



◯役立った教材・・



算数についてはまず「コベツバのサピックス解説」!

これは絶対ですので書かせていただきます。あとは、(以下全てサピックス)漢字の要、理社コアプラス、社会の歴史年号150問テストなどが役立ちました。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)

慶應SFC合格!

いつでも、安価に、プロの解説にアクセスできるサービスが娘の時代に間に合ったことを感謝しております

子より…



SFCの合格はとても難しいと聞いていたので、合格を勝ち取れて本当に嬉しいです。コベツバ先生の動画が大好きです。ケアレスミスでよく失点していたのですが、コベツバ先生の応援動画をみて、本番は計算ミスをしないように気をつけました。



親より…



我が家は共働きで、つきっきりで教えてあげることも、宿題のチェックをしてあげることも、ほとんどできませんでした。親として娘の受験に唯一貢献できたことはコベツバさんを発見したことぐらいなのではないかと思います。それでもサピックスに入ったのは本人の強い希望があったからですが、いつも周りの子供に比べて、不利なんじゃないかと心配していました。



国語は幼少期から本を読み聞かせしていたり、本人がマセていることもあってあまり問題はありませんでした。理社もNHKの教育番組や歴史番組を見せていたおかげか、自力でなんとかできていたようです。



問題は算数です。算数だけは、5年生からのサピックスの授業にだんだんとついていけなくなりました。他の科目がよかったので大規模校のα中上位に在籍していたのですが、とにかく授業がスピーディーで、周りのお子様も優秀で、勝気な我が子でも圧倒され、理解が追いついていないようでした。



これはプロ家庭教師を頼むべきか?と思ったものの、なかなか良いご縁に巡り合うことはできませんでした。

ママ友もおりませんでしたので、この頃は本当に孤独で、娘にも申し訳なく思っていました。サピックス以外の塾の転塾も考えましたが、算数以外はサピックスが良いので算数を頑張ると本人がもうしており、なんとかしてあげたいと、悔しく思っていました。



そんな時に「コベツバの解説がわかりやすいよ」と小耳に挟んだことをきっかけに調べてみて娘に勧めてみました。娘は村中先生の授業をいたく気に入り、算数の勉強の傍らには常にコベツバを視聴できるようにしていました。



算数の成績は急浮上したわけではないのですが、じわじわと浮上し、6年生中盤以降はほとんどα1かα2にいたように思います。



元々、頑張り屋さんだった娘は、とにかく村中先生の解法や工夫を真似して頑張っていたようで、夕食の時も「コベツバ先生のこの解法が面白いんだよ〜」と話してくれました。(よくわからないものも多かったですが・・苦笑)



いつでも、安価に、プロの解説にアクセスできるサービスが娘の時代に間に合ったことを感謝しております。コベツバさんに出会っていなかったら、サピックスの算数の勉強は続けられなかったと思います。



また娘の話し方、考え方が村中先生に似てきたのか、とても論理的になりました。良い先生との出会いはオンラインであったとしても子供を伸ばしてくれるのだなあと感動いたしました。



(利用サービス:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説動画)

筑波大附属中合格!

コベツバさん早期発見による5年時の算数学習時短、技術アドバンテージにはかなり助けられたと思っております

サピックスに入った頃から、一番行きたいのは筑波大附属でした。

合格できた時の喜びは、一生忘れないと思います。



算数は5年生の時からコベツバさんを使っていたので、わからない問題がわからないままになることがありませんでした。

だから、ここまでこれたと思います。



絶対に筑波大附属に合格したかったけど、枠が少ないので第二志望の学校もしっかり抑えていることが必要と塾の先生に言われて、どの科目も難しい問題までがんばりました。難しい問題ほどコベツバが役に立ちました。あとは、直前期にコベツバweb授業で登場した「コベツバくんの個別学習」を使って苦手な問題を特訓できてよかったです。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)





筑附中から本日合格を頂きました。この結果には大変満足しております。村中先生、塩田さんには本当にお世話になりました。有り難うございました。

親が寄り添わないと自走できる子でなかったので、大変苦労しました。自身は自由業なのですが、それでも本気でかかわろうとすると5年の夏からほんとんど仕事も出来ず…いったい我が家はどうなってしまうのかと悩んでおりました。本人の能力もいたって凡庸。そんな中、コベツバさん早期発見による5年時の算数学習時短、技術アドバンテージにはかなり助けられたと思っております。

良かった点は、分析、解説サービス全てです。SAPIXの算数授業後、すぐに復習をしてみるものの、解説の再現が出来ないことが多かったので、「コベツバのサピックス解説」を立ち上げながら復習を進めておりました。低学年から親塾や算数塾で、先取りをしてこられているお子様にできるだけ早く追いつけるよう、速習、即理解という意味でコベツバさんのコンテンツはとても助かりました。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバ過去問解説)

武蔵合格!

5年生の頃からコベツバを利用していましたが、我が家では、復習の友、戦友と呼べる存在でした。

5年生の頃からコベツバを利用していましたが、我が家では、復習の友、戦友と呼べる存在でした。

ポイント動画・平常授業とSS解説・コベツバweb授業・過去問解説、どれかが欠けていたらどうなっていたかわかりません。



特に武蔵は算数が難しいけれど分野が偏っている学校とコベツバ先生が過去問のどこかでおっしゃっていました。

母の私が情弱なだけかもしれませんが、武蔵の算数の攻略法をしっかり教えてもらったおかげで、コベツバweb授業で苦手・頻出分野を徹底的に復習できたことがとてもよかったです。今何を強化すれば良いかを示してくれるのが、算数に詳しくない我が家にとって、とても心強かったです。



息子は、正直申しまして勉強が大好きというタイプではありませんでした。

ずっと順調だったわけでは決してなく、反抗期や成績の低迷に悩まされました。勉強をサボっていることが度重なると、もう受験をやめようかと喧嘩したこともありました。



でも、息子がコベツバ先生の動画をみているうちに、なんとかかんとか問題に向き合えるようになってきたこともあり、本人もやめたくないと申しますので、とりあえず受験を続けることができました。



12月にお尻に火がついた息子は、コベツバのポイントで苦手なものを自分で見返したり、SSを自分からやり直したりと、これまでにない頑張りを見せていました。

ですがそこまでのコベツバでの積み上げがあったから、最後に火がついてもなんとか受験に間に合ったのだと思います。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策, コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)





合格まではドキドキしましたが、無事合格できていたので嬉しいです。

コベツバでは基礎トレや学校別の問題などの解説を手早く見れたので助かりました。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)

雙葉合格!

5年生の間にコベツバの解法が頭に入っているおかげで6年生の勉強が格段に進みやすくなったと思います。

熱望校雙葉の合格をなんとか確実にするべく、親子で試行錯誤した2年間でした。



コベツバさんには算数の土台作りと志望校対策、両面で助けていただきました。

特に娘が5年生の時は兄の受験に忙しく、十分にサポートできなかったので、コベツバ頼りで進めてもらいました。5年生の間にコベツバの解法が頭に入っているおかげで6年生の勉強が格段に進みやすくなったと思います。



過去問や雙葉プリントで出会う独特の難問にも必ず解説がついていたので、必ず先生の考えかたを理解し、もう一度解く時は思い出しながら真似するように心がけました。難しい問題であればあるほど、表の書き方や切り込み口の見つけ方が参考になりました。



実はコベツバには昨年度長男の受験の時もお世話になったのですが、まだコベツバさんの解法を覚えており、中学の勉強が始まってもコベツバさんの考え方が役立っているようなので一生ものの学びを得たと思います。中学でもお世話になりたいぐらいです。本当にありがとうございました。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)



渋谷渋谷合格!

本番でもコベツバ先生の解説を自分で再現するつもりで解いたとのことで、自己最高点に近かったのではないかと思います。

(子)

コベツバ先生〜〜〜!合格しました!!

渋谷渋谷生になれます!感激です!!



〜〜〜〜

(親)

コベツバには5年のはじめに出会いました。

最初に使っている人がいなかったのに、周りで使っている友達が増えて、びっくりしました。



コベツバで最もよかったのが、わからなかったときにすぐに解説とポイントを見れること、6年生になってからはやらなくていい問題・やるべき問題が「頻出」などの印でわかることです。



国語が足を引っ張り、サピックスではずっとアルファベットでアルファに上がることはできませんでしたが、算数だけは宿題に出されたもの以上のものを取り組むことができたのはコベツバさんの解説があったからでした。そのおかげで、算数で乱高下する国語を支えるぐらいには、得意になり(それでもアルファの優秀なお子様に比べるとまだまだなんだと思いますが)、合格することができたと思います。



6年生後半は本当に過去問が得点できずに苦しみました。過去問は気にしなくても良いと言われましたが、そうは思えないほどの出来の悪さでした。



模試も6年生前半までのテストとは全く違う難易度で、受験するたびに打ちのめされていましたが、レベルAをしっかり得点できれば良いと動画でおっしゃっていたので考え、5年生・6年生のテキストを引っ張り出して苦手分野を復習して、とにかく基礎がためを徹底しました。



本番でもコベツバ先生の解説を自分で再現するつもりで解いたとのことで、わかった問題が多く、自己最高点に近かったのではないかと思います。



また弟でお世話になると思いますが何卒宜しくお願い致します。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)





小規模塾に通っているのですが、コベツバweb授業・TopGun特訓・過去問解説で算数はライバルに負けない万全の備えで臨ことができました。

渋谷渋谷の問題は偏差値以上に難しい、最難関のような問題が出てくるので、そういった問題に対応できるようになったのが大きなアドバンテージになりました。本番では受験者平均以上は得点できたと思う、とのことです。



本当にありがとうございました。



(受講講座:コベツバweb授業,Top Gun特訓,コベツバ過去問解説)

海城合格!

過去問を始める様になった頃、重い問題を前に数分間ピクリともしないでうつむいているので、寝ているのかと思いきや、いきなり解答し始める姿を見て、これが彼が最も深く考える時のスタイルなのだと気が付き、可笑しかったです。

息子の受験を支えて頂いた全てに感謝です。初めて文化祭で訪問した際、他の生徒と一緒に校内を歩き回り、実験や工作をしたり、グランドを駆け回る息子の姿がフィットする学校でした。その光景を実際に見れるのが楽しみです。



 5年生の後半頃から理解できるように教える困難さを感じるようになり、各問題に対しどのように考えたのかを尋ねるスタンスとしました。理解不足や無駄に手数の多い解法、手抜きを指摘するとムッとしていましたが、次に類題が出た際の解答に小さな進歩が見て取れる時、口元が緩みました。

 

 特に速度単元が苦手で、問題をぼーと眺めたままフリーズしてしまい、白紙のまま時間だけが経つ状況が続いて困りました。授業で速度単元が扱われる度に理解しているところから振り返りなおし、理解が及ばない内容は、思い切って後日に回すことして深追いはしませんでした。試験時は他の問題を解いた残り時間を全て使って、とにかく手を付けて考える事、その時点の理解の範囲で小問1問でも解けば上等としていました。出題される度に、家で解き直しを続けてたおかげか、6年生の終盤になって完答するようになり(正誤は様々)、進歩したねーと笑い合いました。



 過去問を始める様になった頃、重い問題を前に数分間ピクリともしないでうつむいているので、寝ているのかと思いきや、いきなり解答し始める姿を見て、これが彼が最も深く考える時のスタイルなのだと気が付き、可笑しかったです。以降、この態勢になった時は最も大事な時間だと考えて余計な声掛けはしない様に意識しました。



 5年生の2月から2年間、幼かった彼の思考が様々な形で鍛えられてその成長を直に感じる事ができ、同じ目的を持って日々の数時間をわーわー言いながら一緒に過せた時間は幸せでした。

 算数はさほど得意な方でなく、他科目の学習にも時間がかかるため、サピックス授業後の復習でコベツバの解説を見ても理解できるかどうかで復習対象の問題を決めました。ポイントを含め、コベツバ解説を見ても解らない問題はその時点では学習対象外の問題として、コベツバ解説を見て何とか理解できた問題に学習の重点を置くようにしました。



<役に立った教材>

 ですが、出来なかった問題の類題が後日出題されると手を付けれるになっている事が少なからずあり、算数問題の理解には順序がある事を改めて認識しました。

サピックスの教材でいっぱいいっぱいでした。

・国語は漢字の要ステップ1と言葉ナビにしぼり、間違えた語句は抽出し何度もやり直しました。

・算数は基礎トレを重視しておりました。コベツバの解説が大変ありがたかったです。

・理科はコアプラス

・社会:地理はコアプラスとサピックスの白地図、歴史はコアプラスと年号150、年表トレーニング、公民はサピックスで配る日本国憲法の主な条文とコアプラス公民部分を完璧にする。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバ過去問解説)





第一志望の不合格の後に第二志望海城の合格を聞いた時は、何とも言えない喜びを感じました。



6年生の夏休み明けから算数の点数が下がり始め、どうしたら良いのか分からないまま時間ばかりが過ぎている、そんな時にコベツバに出会いました。入試直前の12月の事でした。それでも講座を進める度に算数の手ごたえがどんどん増し、栄光学園の算数にも、臆することなく挑めるまで成長いたしました。



本番はかなり手ごたえもあり、本人は心の底から合格を信じ切っている状況でした。

次の日に受けた2月3日の海城中学は満点が取れたかもしれないという位の手ごたえがあった程でした。

本当にコベツバのお陰だと思っております。



過去問の10年分を安心して解けたのも、コベツバの全問解説があったからこそです。

過去問を解いた後は、web授業で苦手分野の問題をどんどん進めました。

入試の前日も先生の解説が聞きたくて、個別授業で志望校の苦手分野対策プリントを進めました。

苦手分野は直前は触るなとよく聞きますが、村中先生の解説があると分かっていれば、安心して取り組むことが出来ました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓,コベツバ過去問解説)





コベツバには五年生の終わり頃から始めて六年生の一年間大変お世話になりました。



授業でわからなかったところをコベツバの動画を見て分かるまで何度も見ました。

その中で、「あ、そうやればよかったのか」「なるほど」などの驚きや発見、面白さが生まれました。



やがて算数が得点源になり、過去問においてもスラスラと解ける問題が増えました。そして合格という形で迎えることができてとても嬉しかったです。一年間、本当にありがとうございました。



四年生の時から受験勉強を始めて、息子には大きな課題がありました。それは一度解いた問題をもう一度解き直すことが嫌いだということです。この課題はコベツバを始めるまでずっと悩み続けていました。



しかしコベツバでは、わかりやすい解説動画と少しひねられた類題があったので息子も夢中になってやっていました。算数だけでなく他の教科も解き直す習慣かつきました。



さらに合格した時にはとても嬉してくて、今まで遊びたい気持ちをこらえて勉強してきて本当によかったと実感しました。母としても、共に勉強を手伝ってきたことを誇りに思いました。受験勉強、それは苦でも楽しさでもあり、最後には明るいゴールが待ち受けているものです。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,Top Gun特訓,コベツバ過去問解説)

フェリス合格!

コベツバさんが算数を解説でも学習法でもサポートしてくださるので、親は他科目をフォローすれば良い、と言う分業ができたことも気持ちの余裕につながりました。

合格の通知をいただき、本当にほっとしております。

疲れが出て体調を崩してしまい、合格のご連絡が遅くなってしまいました。感染のこともあり、気を張った数ヶ月でした。



中学受験を始めたきっかけは、娘が「フェリスに行きたい」と言い出したことがきっかけでした。

親としては、娘がそこまで頑張れるのか、才能があるのか、正直分からなかったのですが、そんなに言うならやらせてみようと思いサポートを始めました。



最初は様子を見るために地元の小さな塾に通っていたのですが、娘を伸ばすにはもっと大きな塾へ転塾した方が良いのではないか?と考え5年生の夏にサピックスへ転塾を決めました。途中からと言うことで不安がいっぱいでしたが、コベツバさんの利用をはじめ、サピックスのカリキュラムにしっかり乗っていくためのサポートをしていただきました。



それぞれの問題にポイント動画がついているので、スパイラル方式で授業での解説が少なかった基礎的なものも1からしっかり学習することができました。また、どうしても苦手な分野があっても、過去のテキストの類題やコベツバweb授業に取り組むことで、学習の遅れを埋めることができます。サピックスの学習方法や優先順位など、痒いところに手が届く記事も配信されているので、日々の学習方針に困ることはありませんでした。



コベツバさんが算数を解説でも学習法でもサポートしてくださるので、親は他科目をフォローすれば良い、と言う分業ができたことも気持ちの余裕につながりました。どうしても気持ちに余裕がないと、しっかりと子供をフォローすることができないので、存分に頼らせてもらいました。



サピックスは気に入っていましたし、大変お世話になったものの、家庭の事情で直前期に退塾せざるを得なくなり、家庭学習で合格を目指すことになったのですが、コベツバさんはどこにいても解説を見ることができるので、受験に欠かせない存在だったと思います。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)

浅野合格!

休校が決まった時、コベツバさんで算数を重点的にした事が合格につながったと思います。

全合格できて嬉しいです!



4年秋から受験勉強を始めたので、皆に追い付くのが大変でした。6年はコロナで通塾できず、なかなかペースがつかめず苦労しました。休校が決まった時、コベツバさんで算数を重点的にした事が合格につながったと思います。



コベツバさんでは、授業で分からなかった問題や、宿題で解けない時に動画を見て勉強をしました。

テストで分からなかった問題の解説を見て解き直しをしていました。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)

市川合格!

算数はコベツバさんがぴったりで、まるで本当に1人の凄腕の先生がずっと家にいてくださっているようでした。

コベツバで鍛えられた算数で、市川・東邦大東邦の合格をいただけたと思います!嬉しいです!



今年の市川は算数がとても難しかったと聞いたのですが、コベツバで習ったことがあるポイントが多かったので、8割以上解き方がわかって、答えることができました!実際はミスをしてもう少し低い得点になったようですが・・



我が家はいろいろな事情から通塾なしの受験でした。家庭で受講できるオンライン講座はいろいろ探しましたが、算数はコベツバさんがぴったりで、まるで本当に1人の凄腕の先生がずっと家にいてくださっているようでした。



コベツバさんがいいなと思った理由は



① 中学受験算数の基礎〜発展まで全て村中先生に習うことができること

② 学年や時期にかかわらず見たいものを一気に視聴できること

③ 確認テストで競い合えること

④ 苦手分析があること



この4つです。



③は我が家はあまりリアルタイムで参加できなかったのが残念ですが、それでも次は◯◯くんに勝ちたい!と思って頑張ることができたようです。



もっと早く、5年生の頃からコベツバさんに取り組んでいれば、余裕を持って受験できたかなあ、と言うことが少し悔やまれますが、それでも十分満足の行く結果になりました。

ありがとうございます。



(受講講座:コベツバweb授業)





合格と知った時、家族全員、号泣してしまいました。それぐらい本当に奇跡のようにうれしかったです。



学校の先生から勧められて、始まった中学受験。

とりあえずサピックスに行こうか、と言う軽い気持ちではじめました。



娘はとりあえず宿題は全部仕上げようとする意欲はあるものの、結果が伴わず、偏差値50を越えれば満足してしまっていて、到底受験生とはいえないモチベーションだったと思います。



それでも志望校は、市川・東邦大東邦、果ては渋谷幕張、など・・・夢のまた夢を見ている娘。。



恥ずかしながら、そのような状態を6年まで続け、6年生春になって流石にこのままではいけないと危機感をいだきました。通常のご家庭からすると、あまりにも遅すぎる危機感かもしれません。



まず、親子で頑張ってみて3ヶ月以内に偏差値55を超えられなければ、志望校を変えるか中学受験を諦めると決め、次のテストに向けた対策方法を探している時にコベツバに出会いました。



アルファの方も多く使っていると聞き、少し難しいかな?と不安に思いましたが、とりあえず試してみようと思いポイントと解説を娘に見せました。反応は正直よくわからなかったのですが、次の日から「これ解説ないのかな?」と聞いてくるようになり、そこから親子で解説を見る日々が始まりました。



いろいろコベツバさんの記事を読んでいくと、2週間前のものの復習とコベツバさんの対策問題を頑張りましょうと書いてあったので、とにかく書かれている通り、素直に親子で取り組んでみました。



ちなみに、娘は賢い方ではありませんし、やる気もいまいちですが、素直さが取り柄です。



最初のテストは、失敗しました。。むしろこれまでより偏差値が少し下がってしまう有様でした。娘も大変ショックを受けたのです、直しをしてみると、ケアレスミスがとても多く、直しもすんなり終わりました。



本人曰く「頑張ったから点を取らなくちゃ」と思い、空まわったようでした。



ちょうど、その時コベツバさんで「この時期はミスが多くなるけれど、」と言うミス対策のお話をされていたので、ミスをしないぐらいまで何も考えずに解けるぐらいまで、頑張ってみようと親子で話し、もう一度頑張ってみたところ、やっと偏差値55弱に迫ることができました。



娘の目の色が変わったと言いますか、やる気が生まれたようで、自分から進んで宿題などの直しをやるようになりました。これが1つの転機だったと思います。



そこから先、紆余曲折ありました。



算数は夏〜秋にコベツバweb授業で苦手分野の総復習に取り組んだことで、なんとか55〜60をキープできるぐらいには仕上がったのですが、5年生の時にぼんやりと過ごしていたせいで、算数以外の科目が危なかったです。ですので、市川は正直合格できるが五分五分のラインでした。



なんとか合格することができましたが本当に運に近い勝負だったと思います。



平凡な娘でしたが、浮上するきっかけを与えてくださったのは間違いなくコベツバさんです。本当にありがとうございました。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説サービス,コベツバweb授業)

浦和明の星合格!

何回も反復し、その甲斐あって、最後には標準問題であればサクサクと解けるようになったのには感動しました。

進学先が決まってホッとしています。



コツコツ努力型の娘でした。算数が苦手で宿題をするのも一苦労でしたが、「コベツバのサピックス解説」をお願いしてからは、おんぶに抱っこで、画面にかじりついて理解しようと頑張りました。何回も反復し、その甲斐あって、最後には標準問題であればサクサクと解けるようになったのには感動しました。

動画で解説内容を一通り理解した後、何も見ずに問題を解いていました。間違えれば、また動画で確認したことは効果があったと思います。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバ過去問解説)

東邦大付属東邦合格!

コベツバweb授業を総ざらいすることで、自信を取り戻せました。

コロナのためSAPIXの対面授業がなくなり、自宅での自習をうまくこなせず、勉強の進め方に悩んでいたとき、コベツバweb授業を総ざらいすることで、自信を取り戻せました。

コベツバのサピックステキスト解説は、SAPIXの授業の復習に非常に役立ちました。

広尾合格!

低偏差値帯から、広尾を目指す無謀な挑戦でしたが、コベツバさんのお陰で成し遂げることができました。

この度は挑戦校である広尾に合格することができました。

低偏差値帯から、広尾を目指す無謀な挑戦でしたが、コベツバさんのお陰で成し遂げることができました。

親子共々感謝申し上げます。



4年生の頃からサピックスに通塾していましたが、5年生からはいわゆるアルファベット下位が定位置になってしまい、転機のないままずるずると受験勉強を続けてしまっていました。

息子もやる気が全くないわけではないのですが、今から振り返ると、分からないものが雪だるましきに増えてしまい、心が折れてしまっていたのだと思います。



息子は至って平凡な小学生である上、父親の私も6年生まで勉強にノータッチであり、母親もお尻を叩いてなんとか持ち上げるというタイプではなかったため、致し方なかったのだと思います。



1つめの転機は6年生の休校以降、私が勉強に関わるようになってからです。

在宅勤務が増え、息子の学習管理が出来るようになったため、毎週の授業を一緒に取り組み、やり直しなども指導するようになりました。息子がまだ反抗期を迎えていなかったことも幸いし、国・理・社は少しずつ成績が上向いてきました。それでも偏差値30代から40代後半へ、という程度で広尾にはまだまだ届きませんでしたが、息子も少しやる気を取り戻し、勉強を頑張るようになりました。最終的には他科目がさらに伸びたことが広尾への合格を後押ししています。



問題は算数です。5年生の時にほとんど理解していない状態でここまで来てしまったので、何から手をつけていいのか分かりませんでした。とりあえず解説して一緒にやってみるものの、「さっぱり分からない」「わかったはずなのに次の日にはできない」ことを繰り返し。



この頃は他3科目はメキメキ伸びていたので、息子も算数は嫌がり、膠着状態が続きました



ここで2つ目の転機がコベツバさんに出会ったことです。休校期間中から存在は知っていたのですが「賢い子向け」だと思い、うちの子に出来るはずがない、と保留していました。親の私でも教えられる、というプライドもあったかもしれません。今思えばプロとアマの違いは大きいので試しておけば良かったのですが・・・



6年生の夏前に父親の私がどう説明して良いか分からない問題が出てきてコベツバサイトを見てみたところ、圧倒的に分かりやすい解説に驚きました。息子にも見せたところ、若干補足は必要だったものの、「なるほど!」と叫んだので、「これはいける・・かも!?」と思い、算数はコベツバさんで頑張ってみよう、と考えを改めました。



時期が前後するのですが、実はコベツバさんの一件がある直前に、サピックスを退塾しています。



① 兎にも角にも、土台がなさすぎるが故に、サピックスの毎週の授業が大きな負担になっていたこと(授業は楽しいようであるが、実際理解できているものが少ない)

② 所属校舎に志望校コースが存在しなかったこと

③ 他科目は親塾で伸ばせる確信が持てたこと



これはあくまでも我が家の判断で、サピに通い続けて伸びるお子様の方が大多数なのだと思いますし、本人も楽しんで通っていたのでできれば最後まで通わせてあげたかったのですが、その余裕はありませんでした。



退塾したことで完全にフリーに学習計画を立てられるようになったところで、偶然コベツバさんに出会い、これは渡りに船だと思い、存分に使い倒しました。



コベツバでは「5年生〜6年生の総復習で土台を固めること何よりも重要!」とおっしゃっていたので、まずは過去のサピックステキストをひっぱり出してきて、コベツバの解説でもう一度5年生から学び直しを行いました。分野別の学習を推奨されていて、対応表も配信してくださっていたので、分野別に学習しましたが、これが理解を深めるのに役立ちました。



5年生の最初の方のNOでも詰まることはありましたが、ポイント動画・解説動画を駆使して進んでいくうちに、何かがつながったのか、9月以降に学習が加速し、11月下旬までになんとか2周回すことができました。その後も理解度が怪しいものを何度も何度もくりかえし取り組んだことで基礎だけは完璧を言える状態に持ち込めました。



10月の合判では20%だった合格確率が11月には40%、12月は60%に伸びていくのをみて目を疑いましたが、そのままの勢いで合格をいただくことができ、本当に驚いています。



息子の可能性を伸ばしてあげられたような気もしますが、もっと早く手を打っていれば、、と思わないと言えば嘘になります。それでも我が家にとっては非常に濃い1年で、親だけではどうにもならない算数を飛躍的に伸ばしていただいたことは感謝してもしきれません。



普通の合格体験記ではないので、後輩の参考になるかは分からないのですが、土台を固め直すだけで偏差値がグッと上がったので、6年生後半になっても土台が固まっていない人は意外と多いのではないかと思います。そういった時はコベツバさんで昔の解説をみたり、うちは時間的に使わなかったのですが、コベツバweb授業が良いのかもしれません。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)

明大明治合格!

コベツバ先生がタブレットの中でいつも待機してくれているまさにインフラ的サービスでした

(子)合格してとても嬉しいですが、中学受験が終わるのが寂しいです。コベツバ先生の解説をもっともっと聴きたかったです。卒業してもコベツバの大ファンなので、ユーチューブの動画楽しみにしています。



(親)子供はテスト後に「全然手応えがなかった」と不安そうだったので半分諦めていましたが、合格をいただくことができました。母娘二人三脚で頑張ってきたので、昨日は喜びのあまり2人とも涙が止まりませんでした。



去年の合格体験記に「コベツバは我が家のインフラだった」と卒業生の方がおっしゃっていたと思うのですが、我が家も同じ状況でコベツバ先生がタブレットの中でいつも待機してくれているまさにインフラ的サービスでした。(行儀はよくないですが)ご飯中も苦手なポイントをテレビに写して、常にコベツバの解法で勉強出来るように心がけていました。



◯コベツバの利用方法



テキスト解説と類題をメインで利用していました。最後に、苦手分野の対策としてコベツバweb授業を利用しました。

特に類題がお気に入りで、「ちょっと難しいなあ」という問題があるのですが、「実はそう思う問題こそ分かっていないポイントである可能性が高い」とコベツバ先生に教えていただいてから、類題まで頑張って取り組んでいました。流石にレベルBの問題はなかなか解けないのですが、マンスリーなどで、実は簡単だけど、揺さぶりをかけられて平均点が少し下がるような問題でもあまり失点しなくなりました。お陰さまで偏差値60前後を維持することができました。



6年生夏以降の模試は、それまでよりもさらに、かなりの割合で少し揺さぶられるような問題が多かったように思いますので、コベツバの類題まで手を出しておいて本当に良かった、と思います。





(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)

青山学院合格!

人一倍の努力量を支えた

頑張り屋さんの娘がぶつかった初めての壁、中学受験。

人一倍の努力量が報われたのは、コベツバの洗練された解法とともに歩んできたからだと確信しています。



娘は要領は悪いものの、とにかく「頑張り」だけは人に負けたくない!というタイプでした。

テキストは必ず3周回さないと気が済まないタイプで、点数を取ることよりも宿題をきっちりこなすことに目が向いていたように思います。



5年生の途中まではそのやり方でも問題ありませんでしたが、夏に急落。

そこまでの好調ぶりはどこへ消えてしまったのか、びっくりするほど成績が下がりました(60→45)

今思うと、5年生後半の技術、特に比と割合に入ってからは、とにかく「頑張る」だけでは超えられない壁があったのだと思います。



この時コベツバさんに出会い、「同じ問題をやり込みすぎて丸暗記してしまうタイプ」であることが判明。



そこからはコベツバさんのポイントや類題、解説をしっかりみて、自分なりのメモを書いておくようにアドバイス。

動画は受け入れてくれたのですが、メモなどは慣れないうちは娘も嫌がり、あいも変わらずとにかく宿題を何周も回すことに熱量を注ぎ込んでいました。



娘の目が冷めたのは、風邪で授業を休んでしまった回のデイリーチェックです。勉強料はこれまでの半分以下なのに点数が全く変わらなかったことに大変ショックを受けていました。これまでは「絶対にいっぱいやらないと今の点数も取れない」と思い込んでいたようですが、この一件から憑物が取れたように、1問1問に丁寧に向き合えるようになりました。



そこで、もう一度コベツバのアドバイスを娘と一緒に読み直し、「ポイント動画を最初に見ること」「ポイントをどう使ったかを説明すること」「類題も解くこと」この3つを実践し、ゆっくりではあるものの、理解が深まっていったように思います。



この学習法が身についた頃にちょうど6年生の休校期間が重なり、コベツバweb授業でたっぷり時間をとって5年生からの基礎がためをできたことで、学習の遅れを完全に取り戻すことができました。



最終的には御三家クラスには届かないので諦め、もう一度本人と志望校を話し合った結果、憧れていた青山学院にしよう、ということになりました。



〜〜〜〜

努力型ではあるものの、1人では非効率な勉強をしてしまう娘にとってコベツバさんは娘に足りない部分をサポートしてくれる心強い味方でした。いろいろなお子様が利用されているとは思うのですが、コベツバは使えば使うほど、ポイントの理解が深まったりと、得られるものが多いので、頑張り屋さんの娘との相性はとても良かったと思います。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)

吉祥女子合格!

コベツバに出会えなかったら受験算数のレベルが追い付かなくて受験自体をあきらめていたかもしれませんでした
確認テストも先生のコメントが楽しみで、受験当日の朝も先生から自分宛にいただいたコメント部分を録音したものを再度聞いて勇気を出してから出陣しました。

コベツバに出会えなかったら受験算数のレベルが追い付かなくて受験自体をあきらめていたかもしれませんでした。



カツオ芭蕉受験校全て合格できました。

村中先生のおかげです。



休校中にコベツバWEBを毎日取り組み、ポイントを何度も見て基礎が分かるようになりました。



夏休み終了までに2019年、2020年のコベツバWEBをのべ5周取組み苦手を克服しました。

確認テストも先生のコメントが楽しみで、受験当日の朝も先生から自分宛にいただいたコメント部分を録音したものを再度聞いて勇気を出してから出陣しました。コベツバRADIOは村中先生の金言が多くあり、休校中の暗闇の中、一筋の光として心の支えにし、今何をしたらよいのか、受験勉強の軸としていました。確認テストでも全てのクラスのコメントを聞き他のメンバーに向けての金言は書き起こして壁に貼って前日も見直して心に刻みました。合格できて嬉しいです。先生に直接お会いしてお礼を言いたいです。本当にありがとうございました。



良かったこと:合格できたことです。

悩んだこと:志望校を決める時

辛かったこと:テレビを断ち切ること

転機:休校中にコベツバWEBを頑張って基礎を固めたことが夏以降の伸びにつながりました。コベツバWEBなくして合格はなかったです。母が全力でサポートしてくれたこと 

6年の前半までにポイントを全て叩き込むこと。分からない問題をすぐに見れることがよかったです。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)

洗足学園合格!

努力とハートで勝ったと思います!

合格しました!!



志望校を決めた6年前半からコベツバを頼りに頑張りました。

わからない部分はゆっくりにして何度も聞いて、親子でうんうん考えながら、突破してきました。

努力とハートで勝ったと思います!



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)





FUプリントは難易度も高く、授業だけでは理解出来なかったので、とても助かりました。

1月休校中(都内の受験生は1月18日から、出席停止になった)SS単科の復習に徹したのですが、忘れている部分も多く、動画に助けられました。

SS単科を繰り返すうちに、洗足対策にも結びついたのではないか?と感じています。

算数が足を引っ張り、なかなか成績があがらず、苦しい時もありました。

最終的には、算数もあがりましたが、本命には届かなかったな。という感想です。

5年夏の組分けで、偏差値30台を出し、たまたま、その直後の栄東の説明会に行く途中で頂いたチラシがコベツバ先生でした。そこが転機だったのではないか?と思います。

宿題でわからない時に、活用しました。1番助かったのは、解説がほとんどない過去問でした。

FUプリントは、難易度も高く、めんどうな計算も多いので、どこまで合っているのか?が子供では分かりにくかったようでしたが、コベツバの解説を早送り、一時停止を使いこなしながら、解説を聞けるのが良かったです。

余談ですが、先生の動画撮影時間をチェックして、こんな遅くまで!と一緒に頑張って頂いている気持ちになり、モチベーションがあがりました。

毎日、先生の声をお聞きしているので、声のトーンが低い日は、疲れてるのかな?など、心配もしていました。

算数以外は、SAPIXの教材で十分だと思います。

3月4月5月の休校期間中、他塾の教材を買いましたが、数ページしか出来なかった。というのが、現状です。

鷗友合格!

娘にあった学習を直前期に続けられたことで、苦手を出来るだけ無くして本番を迎えることができました。

娘の挑戦が成功に終わり、ほっとしています。これまで支えていただいた全ての先生方、スタッフ方に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。鷗友の本番はコベツバさんで学んだことを出し切った、と申しておりました。



テキストの解説ではお世話になりっぱなしでしたが、そのほか直前期にはコベツバweb授業「コベツバ君の個別学習」に助けられました。穴の多い娘でしたが、分野や単元、レベルをえらぶと、これまでの履歴から苦手なものを出してくれました。



塾では志望校別コースがあったわけではないので、娘にあった学習を直前期に続けられたことで、苦手を出来るだけ無くして本番を迎えることができました。もっとサービスが進化するのが楽しみで仕方ないですが、卒業してしまうのが残念です。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)

三田国際合格!

我が家はどの他の問題集・講座よりもぴったりくる相棒でした。

サピックス以外の大手塾にかよっていましたが、コベツバには大変お世話になりました。

この度志望校である三田国際に合格が決まり、安堵しています。



コベツバには「コベツバweb授業」でお世話になりました。

最初は難しすぎるかなあ?と心配していましたが、中学受験算数で必要なものをコンパクトなポイントにまとめていただいたので、繰り返し学習して定着させることができました。



予習シリーズの解説も利用したかったのですが、1つ下からスタートとのこと残念です。あと1年遅く生まれていれば・・・・こればっかりは仕方ないですね。今後さらにコベツバの恩恵が受けられる層が広がることが純粋に嬉しいです。応援しています。



◯利用方法



主に基礎編と標準編の「分野別教材」「確認テスト」を利用していました。直前期には「コベツバくんの個別学習」も役に立ちました。

確認テストは難しいと感じることもありましたが、2組と3組の平均点を確認しながら、やり直しを行いました。



分野別教材は王道中の王道の問題がまとまっているので、印刷して問題を切り離し、繰り返し繰り返し学習しました。

シャッフルしてカードのようにして、とにかく苦手を無くしました。

(コベツバくんが登場してからは、コベツバくんが同じことをもっとスマートに出題してくれるので、そちらに甘えました)



コベツバは最難関向けと思われている方も多いかもしれませんが、実際はそんなことはありません。もちろん雲の上のような賢いお子様も多いですが、コベツバweb授業の標準レベルまでであれば中堅校で必要な技術が詰まっていると思います。むしろ、我が家はどの他の問題集・講座よりもぴったりくる相棒でした。



(受講講座:コベツバweb授業)

白百合合格!

コベツバさんの解説を聞くときだけが娘にとっての癒しでした。

コベツバには大変お世話になりました。

娘にとって、苦痛の多い受験勉強でしたが、コベツバさんの解説を聞くときだけが娘にとっての癒しでした。

本当にありがとうございます。



コベツバさんの解説は数学嫌いの親の私でもスッと理解できるぐらい明瞭で、娘と一緒に学習することができました。



最初は時間もないので解説だけをみていたのですが、「ポイントを最初に見る」「類題もとく」ことを推奨されていると知り、ポイントや類題まで手を出しました。



最初類題は後日まとめて取り組んでいたのですが、全然できないので、間違えた問題の直後に取り組ませるようになりました。こうするとまだ解ける物がふえ、効率が上がりました。



間違えた問題も翌日には忘れていることもあったので、寝る前に今日解いた算数の問題の解き方を復習してから寝るようにすると、まだ覚えていられるものが多かったように思います。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)

頌栄女子学院合格!

コベツバで算数を学んだことで、受験の時、国語で失敗したのを算数で大きく取り返して無事に合格することが出来ました

コベツバで算数を学んだことで、受験の時、国語で失敗したのを算数で大きく取り返して無事に合格することが出来ました。

村中先生の志に支えてもらって合格を勝ち取れたと思います。本当にありがとうございます。

5年の春にS偏差値29から始めて、1年かけてやっと50まで上がってきたところでコロナでの長期間の自宅学習になりました。それまで全く活用していなかったWeb教材を取り入れて苦手を克服して行けたのかと思います。

日々のSAPIXの復習、コベツバWeb授業とフル活用していました。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業,コベツバ過去問解説)

東洋英和女学院合格!

コベツバさんがなければ、個別指導や家庭教師を追加しなければ、とてもではないですが、対応できなかったかと思います。

家族で低学年から学校見学を何回もして、ここにご縁を頂ければと思っていた学校の一つにご縁を頂き、ほっとしております。



今年はコロナ禍で春に急に休校となり、夏休みも短縮・秋に土曜日授業および運動会の開催など、特に夏以降のスケジュールがタイトになってしまった。振り返れば、最も差がつく算数の入試レベルに向けた演習を春の段階でもっと強化できればよかった。

コベツバWeb授業がそれにあたるものであったかもしれないですし、東京出版のプラスワン問題集を夏前にまわせられればよかったのかもしれません。

コベツバさんには、本当にお世話になりました。

通常授業、土特、SSともにサピックスの宿題を実施して、間違ったり、解法がわからないものは、必ず動画を確認してから、自力で解きなおしをするようにしておりました。

また、ポイント動画に質問をしたり、志望校別で対応可能か相談したりした際も親身になって回答・対応頂き、ありがとうございました。家族一同感謝しております。

教材については、サピックスが随時テキストやプリントを更新していて、サピックスから提供されるものを実施するだけで十分です。理科については、補足的な参考書(塾技、裏技)を参照にしました。

一方、算数についてはサピックスの解答・解説は簡易なものしか提供されておらず、コベツバさんがなければ、個別指導や家庭教師を追加しなければ、とてもではないですが、対応できなかったかと思います。

(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)

立教女学院合格!

受験会場から出てきて開口一番、算数やばい、出来すぎてやばいと聞いた時に、本当に頑張って良かったと思いました。

うれしいです。

無事に終わりホッとしました。



算数が苦手でした。時間をかけて繰り返し復習しても、次から次へと新しい単元がやってきて、気がつけば消化不良に陥り、マンスリーは良いけれど組み分けで落ちるというパターンでした。



コベツバさんを利用し始めて、復習が早く終わるようになりましたが、今度はわかったつもりで終わってしまう事態に。先生のテキパキとした解説動画を聞き、あたかも自分が解いたような気になって、自分の頭を使っていないのでは?と思い、そこから自分で最後まで解き切る、頭をきちんと使うことを意識しました。



秋から始まったサピオープンは回を追うごとに成績が下がり続け、正直心が折れそうになりましたが、毎回の子供の問題用紙にある書き込みをみると、あとちょっと、これは惜しかったというものがほとんどだったので、これは何としても得点に変えなければと気持ちを奮い立たせて、落としてはならない問題をしっかり復習していきました。



冬期講習・正月特訓が始まった頃から徐々に落としてはならない問題の正解率が上がり始め、やっとスタートラインに立てたと思いました。

この頃はコベツバさんの解説動画はあまり見ていませんでしたが、大事な解法はしっかり身についていたようです。



受験校は女子校ばかりで、算数も基本から標準という学校でしたが、受験会場から出てきて開口一番、算数やばい、出来すぎてやばいと聞いた時に、本当に頑張って良かったと思いました。最後の最後にこれだけ自信を持って終えられるなんて幸せだなと思いました。結果、2月1日の夜9時に合格がわかり、長かった受験生活がおわりました。

よく頑張りました。



コベツバはサピの復習時に解説動画を見ました。算数が苦手な我が子でしたが、先生のテキパキとした解説はスッと頭に入ったようです。



ただ、見るだけではダメで、先生も言われているように、動画を見た後に自分でしっかり解いて再現して自分のモノにしていかないといけないと思います。それが一回で済む方もいれば、時間をあけてもう一回必要な方もいると思うので、そのあたりは親が見る必要があるかなと思います。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策)

桐朋合格!

応援メッセージにあったように、
本番でいつも以上に力を出せるということが本当にあるのだと
我が子ながら驚きました。

お世話になっております。

第一志望である桐朋中に合格しました。

御三家などではないので、コベツバさんの華々しい実績には貢献できず

申し訳ないのですが。。。

近くにあり、親子共々大変気に入った学校です。



算数では、速さの問題で「式や考え方を書く」問題がありました。

コベツバで解いてきたように、

心の中で村中先生節で説明しながら落ち着いて解けたそうです。



他の大問では、水に関する問題がありました。

コベツバの「単元の扉」のところで

「水に関する問題はテキストで触れる回数が少ないが、入試で出題されたときに差がつきやすい」という言葉を何度か目にしておりました。

常に頭に置いて学習し、得意単元になっておりました。

おそらく、そのアドバイスが無ければ

得意単元になることはなかったと思います。(テキストでメインとしては扱わないので)





本番で算数を落ち着いて解けたのは、村中先生、コベツバスタッフの皆様のおかげです。

本当に感謝しております。

ありがとうございました。





本番のテストは、全科目とも

過去問よりも相性が良く

いつも以上に出来たそうです。

不思議なものですね。

応援メッセージにあったように、

本番でいつも以上に力を出せるということが本当にあるのだと

我が子ながら驚きました。



大変だったのは5年生の秋です。

学校行事が多く、サピでは算数、理科の難化に

歴史が始まり

とても大変でした。

ここで国語の勉強をする時間がなくなり

国語の成績が大きく落ちてしまいました。



コベツバは毎日利用しておりました。

ポイント表を見て

取捨選択して学習するのが有効かと思います。



せっかくの個別採点機能や分析ツールを

生かしきれなかったのは心残りです。



(受講講座:コベツバの塾テキスト解説・対策,コベツバweb授業)

芝中合格!

コベツバで6年生で習うものを全て固めることができたので、秋以降は算数に苦労することはありませんでした。

地元の小規模の塾に通っていますが、休校中にコベツバを知り、勉強する機会を得られました。

コベツバで6年生で習うものを全て固めることができたので、秋以降は算数に苦労することはありませんでした。

ありがとうございます。



(受講講座:コベツバweb授業)

攻玉社合格!

私たち親子にとっては、次の一歩を導いてくれる羅針盤のようなサービスでした。

受験を終えた知人からの紹介で、コベツバさんに出会いました。

サピックスではない地元の塾だったのですが、コベツバweb授業が大きなアドバンテージになり、塾のテストでは常に上位をキープすることができました。





分野別の苦手分析

開催されているテスト

そして学習の方針をわかりやすく伝えてくれるコベツバcafeやコベツバradio。



私たち親子にとっては、次の一歩を導いてくれる羅針盤のようなサービスでした。



(受講講座:コベツバweb授業)

中央大学附属横浜合格!

クラスに関係なく誰でも平等に村中先生の授業を受けられることはコベツバの魅力です。

進学先のご報告が遅くなり申し訳ございません。

算数が得意ではなかった息子が最後は算数が楽しくなったのはコベツバのお陰だと思います。

息子もコベツバがなかったら分からないままだったと思うと申しております。

サピックスでのクラスは下位から中位クラスをいったりきたりしており、わかりやすい先生の授業とは限りませんでした。5年生で算数が難しくなり6年生でどうしようかという時にコベツバに出会いました。サピックスのクラスに関係なく誰でも平等に村中先生の授業を受けられることはコベツバの魅力です。簡潔で大変わかりやすかったです。算数は最後まで伸びたと思います。

コベツバWeb授業も受講しましたが、丁寧にやる余裕がなく4年生5年生で出会えてたらと思ってしまいます。

第一志望には届きませんでしたが、息子に合う学校に決まったと思っております。

大変お世話になりました。

ありがとうございました。

東海合格!

6年生の秋以降に塾内での算数の偏差値が上がっていき、最終的には算数が高い位置で安定し、得意だった他教科の偏差値を上回ることもあるぐらいに驚くほどに伸びました。

この度、東海中に合格を頂くことができました。ありがとうございました。



算数が苦手だった我が子が、東海中の算数を攻略するできるようになったのはコベツバさんのおかげだと思います。

東海の対策として、まずは基本的な問題を確実にとって行くことを目指してコベツバwebを始めました。



単元ごとの問題やテストの問題も含めて何度も何度も繰り返して学習しました。

その結果、6年生の秋以降に塾内での算数の偏差値が上がっていき、最終的には算数が高い位置で安定し、得意だった他教科の偏差値を上回ることもあるぐらいに驚くほどに伸びました。



入試の直後、「自分が解ける問題は全部できたと思う」という本人のコメント通り、無事に合格をすることができました。

甲陽学院合格!

子供は最後の最後まで楽しそうにコベツバで勉強していました。

甲陽学院を受験でき、合格までいただけて本当に幸せです。



主に、コベツバweb授業とコベツバ過去問動画解説でお世話になりました。

甲陽学院合格を確実にするには・・と考え、いろいろな講座を探していたところ、ネットで紹介されていたのがコベツバでした。



関西・関東共にカバーしている講座?と不思議に思いましたが息子が先生の解説をクスクス笑いながらみているので、とりあえず利用を続けることにしました。



使っていくうちに先生の授業に引き込まれて、最後までとても楽しく勉強することができました。

算数の成績も安定してきたので、甲陽合格がいよいよ現実のものになってきた、失敗は許されない、、と親は緊張していたのですが、子供は最後の最後まで楽しそうにコベツバで勉強していました。



過去問解説も丁寧で、全問難易度が降ってあるのでとてもありがたかったです。



(受講講座:コベツバweb授業)

久留米大附設合格!

結果、今年度の入試の最後の立体図形の問題でも1問以外は正解することができ、合格を牽引して頂いたと思っております。

算数が苦手な典型的な文系女子でしたが、コベツバさんのおかげで算数が伸びて第一志望校に合格することが出来ました。有難うございました。



春の休校中にコベツバwebを知って、一つひとつ技術を体系的に学習することで「それまで習ってきたことがきれいに結びついて行く」(本人談)感覚を持って学習することが出来ました。また、志望校の対策にあたっては、今年度は過去問解説がコベツバさんになかったものの、対策としてコベツバweb以外に何をすれば良いかを伺った際に、立体図形を全国最難関のレベルまで引き上げることを勧めて頂き、TOPGUN特訓の「立体図形」の分野のみ受講しました。



TOPGUNでは、灘中、開成中や洛南中の立体図形の難問が掲載された教材を本番までに繰り返し3周解きました。結果、今年度の入試の最後の立体図形の問題でも1問以外は正解することができ、合格を牽引して頂いたと思っております。この度は、本当に有難うございました。

ラ・サール合格!

初めて解説動画を拝見させて頂いた際に、あっけないほど簡潔に解く様子に子どもと共にあっけにとられたことを強く覚えています。

親類にラ・サール出身者がおり、中学受験をするならラ・サールと決めて受験勉強を始めましたので、無事に合格でき非常に嬉しいです。

本当に有難うございました。



地方在住ということもあって難関校への対策がなかなか難しく、ラ・サールの4教科の中で特に差がつきやすいと言われている算数に不安を抱えておりましたが、休校中の4月頃にコベツバさんを知って、初めて解説動画を拝見させて頂いた際に、あっけないほど簡潔に解く様子に子どもと共にあっけにとられたことを強く覚えています。そこから毎週進んで行く単元とそれまでの単元の復習を中心に学習していきました。



その結果、夏頃には模試での算数の偏差値が大きく上がり、また力がついてきたおかげでそれまで非常に時間がかかっていた算数の学習が短時間で終わるようになりました。秋以降に着手した過去問でも合格者平均点以上を取れるようになり、本番でも8割は得点できたとのことでした。





将来医学部を目指す僕にとって、悲願のラ・サール中学校合格は感慨無量です。今でも信じられない程です。

サピックスに通っていた僕は、4学年からの急速に進む高度な勉強についていけないこともありました。6学年のSS特訓では、何を言っているのか全く分からず、挫折しかけたこともありました。一方で、コース内の生徒達と切磋琢磨して勉強できたことは良かったと思います。



コベツバは、解法が全く分からない問題で活用していました(SS特訓の問題はしょっちゅう活用していました)。村中先生の的確な動画解説は、サピックスの紙の解説より分かりやすかったです(ライバルには絶対、コベツバの存在を教えられません)。動画解説の提供、本当に有り難うございました。



コベツバのポイント動画はサピックスで習っていない解法や知識も入っており、問題を解く際かなり役立ちました。サピックスの授業で分からなかった問題もコベツバの動画解説で分かったということもありました。

南山女子合格!

関東の優秀なお子様たちのレベルに刺激を受けて算数を学習できた1年でした。

受験が終わり、無事南女に合格をいただくことができました。



ありがとうございました。



今年の南山女子は難しくなったということでしたが、娘は出てきてまず最初に「過去問より難しいけど、コベツバと同じ感じだった。取れるところは取れたと思う」と、コベツバに鍛えてもらっていたおかげか、そこまで苦しく感じなかったようです。



集団塾に通っておりましたが、算数が物足りなく感じ、何かできることを探しておりました折に、休校となり、コベツバを知りました。



実は休校期間以降もずっと利用していたのですが、子供が恥ずかしがってテストは少し遅れて参加しておりました。



関東の優秀なお子様たちのレベルに刺激を受けて算数を学習できた1年でした。本当にありがとうございます。



コベツバではまだ南山女子の過去問の解説はありませんでしたが、下の妹も姉と同じ南山女子を目指しておりますので、その頃には解説が配信されているととても嬉しいです。



自宅学習で利用していた予習シリーズの解説も2021年受験組はギリギリ間に合わず残念ですが、妹の時は活用させていただきます。

(受講講座:コベツバweb授業)