【入試速報】2021年海城中 算数解説動画と難易度分析・対策

この記事では、2021年海城中学入学試験について、2/1の試験(算数)の、プロ講師による所感・問題別難易度分析・合否を分けた問題の解説動画を掲載中です。

本試験を受験されたご家庭や海城中学志望者にとって、2021年の学校動向把握や問題の解き直しに役立てていただけるものとなっております。

コベツバ過去問動画解説では、海城中学の2021年入試で必要となったポイント動画(技術)を含む、最難関・難関校の過去問解説動画と難易度分析(2021年までの約10~14回分。2021年度分は9月頃までに順次公開)もご視聴いただけますので、ご興味のあられる方は是非こちらからお試しください。

また、来年度以降の志望者に向けて、海城中学の入試出題傾向をデータを用い徹底分析した『海城中学の解体新書 -データ分析で見る海城中学対策-』につきましては、大変申し訳ございませんが、5月に公開予定です。

※中学受験コベツバでは、開成・聖光学院・栄光・筑駒の速報を含む、日本全国の35校の入試解説・所感と難易度分析、来年度に向けた対策を公開いたします。入試速報・志望校別対策コーナーから他の学校も是非ご確認ください。

1:2021年入試の基本データ

1-1: 海城中学80%偏差値(サピックス/四谷大塚/日能研)

一般入試①(2月1日)

サピックス四谷大塚日能研
2021586463
2020586363

一般入試②(2月3日)

サピックス四谷大塚日能研
2021626665
2020626565

近年、人気が高まり徐々に偏差値を上げています。

1-2: 海城中学の受験者・合格者数・受験倍率推移

一般入試①(2月1日)

受験者合格者倍率
2021
20204721672.8
20194571622.8
20184371542.7
20174281702.5
20164681622.9

一般入試②(2月3日)

受験者合格者倍率
2021
20209212903.2
20198822903.0
20187692922.6
20178032972.7
20168612913.0

2月3日、最難関の抑えとしても人気が高まり、2020年ついに3倍を突破しました。

1-3: 海城中学の合格最低点・合格者平均点・受験者平均点

一般入試①(2月1日)【4科目】

合格最低点合格者平均点受験者平均
平均244.7(61%)265.7(66%)232(58%)
2021
2020247269.0232.7
2019253270.8240.4
2018235258.6222.7
2017232259.2223.5
2016235254.8220.3
2015266281.8252.3

合格ボーダーは6割程度と難関校としては程々難しい試験であるでしょう。

一般入試①(2月1日)【算数】

合格者平均受験者平均
平均85.5(71%)71.3(59%)
2021
202088.573.4
201988.575.3
201895.079.1
201783.268.4
201683.068.8
201574.662.8

算数は4科目平均よりも合格者平均の割合が高くなっています。

一般入試②(2月3日)【4科目】

合格最低点合格者平均点受験者平均
平均237 (59%)261.6 (65%)221.1 (55%)
2021
2020234257.7214.0
2019249271.9232.7
2018234259.2222.7
2017231257.5215.1

第2回は易しい問題が数問減るものの、受験生の層が引き上がることから、合格最低点は第1回に比べて数%低く出ています。

一般入試②(2月3日)【算数】

合格者平均受験者平均
平均81.4 (68%)64.9 (54%)
2021
202078.862.0
201981.664.5
201885.170.0
201780.262.9

1-4: 海城中学の科目別配点と試験時間

点数制限時間
国語120点50分
算数120点50分
理科80点45分
社会80点45分

やや算国に傾斜された配点になっています

1-5: 海城中学の算数の合格への寄与度

一般入試①(2月1日)

合格者ー受験者算数の合格寄与度
4科目算数
平均33.714.242.1%
2021
202036.315.141.6%
201930.413.243.4%
201835.915.944.3%
201735.714.841.5%
201634.514.241.2%
201529.511.840%

合格者と不合格者の点の差の4割以上が算数の点の差によって形成されています。

一般入試②(2月3日)

合格者ー受験者算数の合格寄与度
4科目算数
平均40.516.641%
2021
202043.716.838.4%
201939.217.143.6%
201836.515.141.4%
201742.417.340.8%

2: 2021年海城中学入学試験(第1回)の算数

2-0: 算数問題PDF

問題PDF

2-1: 所感

2021年度、海城中第一回の入試でした。全体感としては、難解な立体図形の出題がなかったこと以外はほぼ例年通りの構成でした。
場合の数の5番と、やや思考力を問う6番の後半を外しても、合格者平均を超えられたことから結局は1番から4番までの基本技術・応用技術の習熟度合いで勝負が決まったと判断することができます。また大問の中で前の小問を使わせる「誘導」が多く見られたことも特徴と言えます。

以下、レベルBの問題に対してコメントしておきます。


◾️️3番:等底図形、区切り面積、(1)の利用、全体から引く

(1)は、細かな場所の辺比→等底図形の典型的な問題ですが、体系的に学習する機会が少ない技術でもありここで差がついた可能性があります。(1)ができれば(2)は方針も立てやすく全体から引くことでクリアすることができただろうと推測します。


◾️️5番:登る場所で場合分け、(1)(2)の利用

登る場所で場合分けを考えて進めていくと、同じ通り数が出てくることに気づくことができたと思います。これらを丁寧に繰り返していくことができれば、(3)は(1)(2)を使うことは分かりやすかっただろうと思います。


◾️️6番(3):スリーバイツー、(1)の利用、(1)(2)の利用、規則性の発見と利用

(1)(2)や例題を丁寧に味わって調べていきながら、規則性を発見できるかを問いかける問題でした。勿論、時間や他問題との兼ね合いで試験時間の中で見切る選択をしてもよかっただろうと思います。


2-2: 難易度分析

海城中学の全体感・分析表

2-3: 算数解説動画

大問5番

 

3: 海城中学志望者向け 対策

受験生母集団の質は年々上がってきており、基礎的な技術の抜け漏れは致命傷になり過去問でいうレベルAを落としてはいけません。まずはそこに分野ごとの穴があるかどうかを確認して補強することが一つ、次に多様な単元の応用技術が合否の違いに繋がっている為、積極的にチャレンジし続けていく必要があります。(数の性質・立体・場合の数は特に押さえたい)

また、思考力要求は明確にあるものの、あくまでもレベルCではなくレベルBで合否が決定していることから「自分で考えることができる思考力(読解・誘導・整理・試行検証)」を低学年の間から習慣として培っていくことも重要で、それが合否を分ける1問2問に繋がってくると言えます。

4: 海城中学志望者向けの対策・動画配信サービス

最後にお知らせとなります。

中学受験コベツバでは、上記の分析・出題傾向を踏まえて海城中学志望の子供たちを対象に、以下のサービスを配信をしております。

●1:サピックステキスト解説・SS解説・テスト解説の『StandBy(スタンバイ) for SAPIX』

サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説サービス『StandBy(スタンバイ)』を始動
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説サービス『StandBy(スタンバイ)』を始動

●2:コベツバ予習シリーズ解説

予習シリーズ+各種問題集の全問動画解説。ポイントと一緒に学ぶことで深い理解と得点アップにつなげよう!

予習シリーズ テキスト解説とテスト対策
四谷大塚予習シリーズ テキスト解説とテスト対策

●3:コベツバ過去問動画解説

トッププロ家庭教師によるライバルに差をつける技術を学べる解説動画と、過去問に取り組むご家庭を支える、問題難易度・重要度分析・お子様の苦手分析機能。

最難関・難関過去問解説動画スタート
最難関・難関過去問10年分 全問解説動画

●4:中学受験算数の分野別動画教材と参加型確認テストの「コベツバweb授業」

海城志望のライバル達が多数利用中!海城攻略に不可欠な各分野理解のポイントを、トッププロ家庭教師が解りやすく解説。

中学受験算数オンライン教材「コベツバweb授業」
中学受験算数の分野別教材「コベツバweb授業」