デイリーサピックス/デイリーサポート
new
記事

【4年生:NO22小数 解説動画付】今週の学びの話をしよう

by 村中 

分数よりもはるかに間違いやすく、四則演算の最後の山と言ってもいいかもしれませんので、慎重に操作方法を身につけて、「正確に」「速く」計算を解けるようになる必要があります。

記事

【6年生:NO23和と差に関する問題(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「和差に関する問題(2)」は、「過不足算」を中心としたほぼ完全な復習です。一部に「範囲」「倍数条件」が絡んだ上位帯向きの応用問題が入った構成になっています。

記事

【5年生:NO22旅人算(3) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回は非常に重要な単元で、偏差値帯を問わずどこの学校でも出題され続ける「速さと比」の単元です。これまで比を使わずに和差を中心で学習してきた「速さ」が一変します。

記事

【4年生:NO21消去算 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「消去算」では、「つるかめ算」と同じく今後ずっと「当たり前」のように使い続けていくものになりますので、早く完全に身につける必要があるものです。

記事

【5年生:NO21図形の移動 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回学習する内容は、Dを含めてどれもが「図形の移動」全般の基本となり、ゆくゆく5年生の後半には「基礎トレレベル」として扱っていくものですから、丁寧に学習して自分のものにしてもらえれば幸いです。

記事

【4年生:NO20和差算とやりとり算 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「和差算とやりとり算」では、特に新しく「やりとり算」を学びます。特に「やりとり算」については5年生で「比・割合」を学習してから、一気に文章題の中心的な分野になってくることもあり、ここでは来年になった時に困らない整理方法・考え方を意識して身につけてもらうことが重要です。

記事

【6年生:NO22和差に関する問題(1) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「和差に関する問題」は、復習中心、一部思考力系の応用問題が含まれたNOとなります。C-4は武蔵、D-2は灘、D-3は関西の難関校の思考力問題ですので、志望者or上位帯以外は見送りで構いません。

記事

【6年生:NO24比と割合(1) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「比と割合(1)」は、完全に復習の単元で、これまで何度も学習して来たポイントだけを活用する問題が並びました。立体図形を除くと新しいことを学習することはありませんが、逆に出来ない場合は丁寧に復習していち早くキャッチアップしていくことも求められます。

記事

【6年生:NO21数の性質 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

6年生も後半戦に入りました。今回の「数の性質」は、応用・発展的論点が中心のNOとなります。

記事

【5年生:NO20 16~19の復習 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

新しく学習する内容はたった一つだけとなりますが、他の問題も復習の意味合いで一通りやってみて間違えた問題を丁寧に押さえるようにしておきましょう。

記事

【4年生:夏期講習NO14場合の数(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「場合の数②」は、通称「イチイチ問題」と言われる単元を学習します。割とワンパターンですが、注意力を必要とする部分もありますので、丁寧に進めることが重要です。

記事

【5年生:夏期講習NO14比と割合(4) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回はこれまでの「比と割合」の総まとめの内容で、基本的に新しい技術を学ぶことはありません。今回の単元も夏期講習の復習として活用していくと良いでしょう。

記事

【4年生:夏期講習NO13立体図形(3) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「立体図形③」は、通称「水問題」と言われる単元を学習します。 前半部分は、容器に入った水の量について、「柱体の体積」の考え方である「底面積×高さ」の考え方を用いて解くことが出来ます。後半部分の「石入れ」が「水問題」らしい問題に突入していきますので、頑張って身につけましょう。

記事

【4年生:夏期講習NO12文章題(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「文章題②」は、「つるかめ算」と「過不足算」の復習中心のNOですが、新しく「弁償のつるかめ」を学習します。こちらは「応用問題」に入っていますが、「応用なのでやらなくていい」と言うものではなく、新しい技術としてクラス帯によらず必ず学習して欲しいものになります。

記事

【5年生:夏期講習NO13立体図形(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

「割合を用いた水問題の技術」を学びます。比を習いたての段階ですので、学習にパワーはかかるかと思いますが、ここを乗り越えることができれば、一気に水問題が入試レベルに到達できることになりますので、頑張って乗り越えてください。

記事

【4年生:夏期講習NO11場合の数(1) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「場合の数①」は、順列と組合せの復習に加えて、5-6年生の上位帯でもなかなか身についていない「同じ数が複数ある並べ方」について、新しく学習します。数並べにおいて異なる角度からものを見る訓練になるものですので、是非丁寧に取り組んで身につけてもらえると、5年・6年になってからも使い続けられるものになります。

記事

【5年生:夏期講習NO12点の移動 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「点の移動」は、「作図を絡めた状態を把握」でき、「時間から面積」「面積から時間」の両方を自由に求めることができる状態に持ち込んでいくことが目標になります。

記事

【6年生:夏期講習NO18表とグラフ 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回のメインになるのは「タクシー料金」です。既に一度学習済ですが、ここで沢山経験して慣れておくと、忘れることなく入試で出題された際も問題なくできるようになるはずです。

記事

【6年生:夏期講習NO17場合の数(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「場合の数(2)」は、あくまでも復習中心ですが、新しいポイントを2つ学ぶことになります。まず、復習の中で非常によく使うものは、「前の結果利用の表」です。

記事

【5年生:夏期講習NO11線対称・点対称 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「線対称・点対称」での目標は「線対称と点対称の図形が判断できること」「線対称と点対称の図形を作図できること」です。

記事

【6年生:夏期講習NO16文章題総合 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

6年生前半時点までで学習したことが定着されている方であればほとんど問題なく進行できる内容と言えます。逆に言いますと、「重要×頻出」のレベルは、受験校のレベルやクラス帯によらず必ず押さえておく必要があります。

記事

【6年生:夏期講習NO15推理と論証 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「推理と論証」は、「思考力」が要求される単元です。問題の条件や推測できることを丁寧に整理していくことを通じて、自分が持っている本来は高い思考力を、十分に発揮できるように仕立ててもらう為に、動画を見ながら整理の方法を中心に学習してもらえれば幸いです。

記事

【4年生:夏期講習NO10立体図形(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「立体図形(2)」は、直方体・立方体の体積で、算数の世界では大きく「柱体」として捉えることができる図形の体積を学びます。「柱体」は、「底面積がずっと向こうに続いている立体」として理解してもらうことが重要です。その結果、「柱体」の性質を活かして、今回の「体積」もそうですが、ゆくゆく学ぶことになる「表面積」でも手間をかけずに計算することができます。

記事

【6年生:夏期講習NO14平面図形(3) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「平面図形」は、ほぼ完全に復習の内容で、新しい技術を学ぶことは基本的にはありません。とはいえ、頻出レベルの問題が苦もなくできるようになっているかどうかを確認する機会として活用してもらうと良いでしょう。

記事

【6年生:夏期講習NO13図形の移動 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「図形の移動」は、復習も多く標準的なレベルで構成されており、クラス帯によらず「難易度の高い夏期講習」ではなく、「6年生前期のデイリーサポートと同じ」と言う認識で多くの問題をこなして頂きたい(かつ、それが可能)な単元となります。

記事

「つるかめ」vs「不定方程式」どっち?

by 村中 

今回は、「つるかめ」と「不定方程式」の違いについて、それぞれの技術がどういう時に使う判断を行うのか、を具体的な問題を例に挙げて説明させて頂きます。

記事

【6年生】土曜特訓NO19

by 村中 

今週の重要問題は文章題(割合有)からの1問です。「比例式」は自由自在に解けるようにしておくことと、「差一定」が二回かかる3番のようなタイプになった瞬間にできなくなるケースが多いので、ここで経験しておくと良いでしょう。

記事

サピックス デイリーチェックの目的・分析・対策

by 村中 

「デイリーチェック」は、「クラス昇降」に無関係な為、軽視されがちではあります。しかし、一週間という狭い範囲で学習して定着を促していくものとなりますので、結果として「マンスリー確認テスト」の結果にも大いに反映されるものとなります。だからこそ、毎週高得点を取り続けられる状態を目指して頂くことが重要です。

記事

デイリーチェックの学習・管理方法詳細

by 村中 

「デイリーチェックの目的・分析・対策」で記載させて頂きましたが、それだけですと実際にどうやればいいか分からないかと思いますので、今回の記事では、具体的な学習方法に落とし込んで理解頂ける内容を、記載させて頂きます。ご参考になれば幸いです。

記事

QA:デイリーチェックは、そこまで重要なのですか?

by 村中 

デイリーチェックテストは、クラス替えに関係がないこともあり、息子もつい軽視しがちになっております。実際、マンスリー確認テストや組分けテストの偏差値でクラスが決まってしまうので、親としてもどのように息子に重要と言い切ってよいものか悩んでおります。デイリーチェックテストというのは本当に重要なのでしょうか?

記事

QA:デイリーサピックスで、初回の記号の振り方(◎〇△×)を、正しくさせるのはどうすれば良いでしょうか?

by 村中 

うちの子供は、算数偏差値45-50、アルファベット中位の男子ですが、自分に甘いせいか、いつも◎を振ってしまい、〇や△が少ないせいか、実際のテストでは◎がついた問題で、多く点数を落としてきます。

記事

QA:デイリーサピックス、2周で得点できるようになるには、どうすれば良いのでしょうか?

by 村中 

今回は、娘のことでご相談させて頂きます。娘は、α下位とアルファベット上位を行き来する算数がどちらかと言うと苦手なタイプかと思います。毎週デイリーサピックスとサポートを4周回してデイリーチェックでは8-9割近くを得点をしています。母親の私からは、もっと回数を減らさないとこれから大変になることを伝えているのですが、 本人は点数が取れなくなることを不安がって、なかなか減らさないのです。母の私も本当に減らして得点できるのかが不安な部分もあり、2周で得点できるように本人を持って行くには、どうすれば良いのでしょうか?

記事

QA「デイリーサピックス・サポートの思考力系の問題は、どれくらいやれば良いでしょうか?」

by 村中 

5年生の算数偏差値55-60、α下位の男子で、算数はまだ比較的得意なタイプです。デイリーサピックスの『思考力アップ』やデイリーサポートの『思考力の養成』『入試問題に挑戦』は、どの様にやらせれば良いでしょうか?

毎週の学習の進め方
記事

サピックス デイリーチェックの目的・分析・対策

by 村中 

「デイリーチェック」は、「クラス昇降」に無関係な為、軽視されがちではあります。しかし、一週間という狭い範囲で学習して定着を促していくものとなりますので、結果として「マンスリー確認テスト」の結果にも大いに反映されるものとなります。だからこそ、毎週高得点を取り続けられる状態を目指して頂くことが重要です。

記事

デイリーチェックの学習・管理方法詳細

by 村中 

「デイリーチェックの目的・分析・対策」で記載させて頂きましたが、それだけですと実際にどうやればいいか分からないかと思いますので、今回の記事では、具体的な学習方法に落とし込んで理解頂ける内容を、記載させて頂きます。ご参考になれば幸いです。

記事

QA:デイリーチェックは、そこまで重要なのですか?

by 村中 

デイリーチェックテストは、クラス替えに関係がないこともあり、息子もつい軽視しがちになっております。実際、マンスリー確認テストや組分けテストの偏差値でクラスが決まってしまうので、親としてもどのように息子に重要と言い切ってよいものか悩んでおります。デイリーチェックテストというのは本当に重要なのでしょうか?

記事

QA:デイリーサピックスで、初回の記号の振り方(◎〇△×)を、正しくさせるのはどうすれば良いでしょうか?

by 村中 

うちの子供は、算数偏差値45-50、アルファベット中位の男子ですが、自分に甘いせいか、いつも◎を振ってしまい、〇や△が少ないせいか、実際のテストでは◎がついた問題で、多く点数を落としてきます。

記事

QA:デイリーサピックス、2周で得点できるようになるには、どうすれば良いのでしょうか?

by 村中 

今回は、娘のことでご相談させて頂きます。娘は、α下位とアルファベット上位を行き来する算数がどちらかと言うと苦手なタイプかと思います。毎週デイリーサピックスとサポートを4周回してデイリーチェックでは8-9割近くを得点をしています。母親の私からは、もっと回数を減らさないとこれから大変になることを伝えているのですが、 本人は点数が取れなくなることを不安がって、なかなか減らさないのです。母の私も本当に減らして得点できるのかが不安な部分もあり、2周で得点できるように本人を持って行くには、どうすれば良いのでしょうか?

記事

QA「デイリーサピックス・サポートの思考力系の問題は、どれくらいやれば良いでしょうか?」

by 村中 

5年生の算数偏差値55-60、α下位の男子で、算数はまだ比較的得意なタイプです。デイリーサピックスの『思考力アップ』やデイリーサポートの『思考力の養成』『入試問題に挑戦』は、どの様にやらせれば良いでしょうか?

6年生の今週の学び
記事

【6年生:NO23和と差に関する問題(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「和差に関する問題(2)」は、「過不足算」を中心としたほぼ完全な復習です。一部に「範囲」「倍数条件」が絡んだ上位帯向きの応用問題が入った構成になっています。

記事

【6年生:NO22和差に関する問題(1) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「和差に関する問題」は、復習中心、一部思考力系の応用問題が含まれたNOとなります。C-4は武蔵、D-2は灘、D-3は関西の難関校の思考力問題ですので、志望者or上位帯以外は見送りで構いません。

記事

【6年生:NO21数の性質 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

6年生も後半戦に入りました。今回の「数の性質」は、応用・発展的論点が中心のNOとなります。

記事

【6年生:夏期講習NO18表とグラフ 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回のメインになるのは「タクシー料金」です。既に一度学習済ですが、ここで沢山経験して慣れておくと、忘れることなく入試で出題された際も問題なくできるようになるはずです。

記事

【6年生:夏期講習NO17場合の数(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「場合の数(2)」は、あくまでも復習中心ですが、新しいポイントを2つ学ぶことになります。まず、復習の中で非常によく使うものは、「前の結果利用の表」です。

記事

【6年生:夏期講習NO16文章題総合 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

6年生前半時点までで学習したことが定着されている方であればほとんど問題なく進行できる内容と言えます。逆に言いますと、「重要×頻出」のレベルは、受験校のレベルやクラス帯によらず必ず押さえておく必要があります。

記事

【6年生:夏期講習NO15推理と論証 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「推理と論証」は、「思考力」が要求される単元です。問題の条件や推測できることを丁寧に整理していくことを通じて、自分が持っている本来は高い思考力を、十分に発揮できるように仕立ててもらう為に、動画を見ながら整理の方法を中心に学習してもらえれば幸いです。

記事

【6年生:夏期講習NO14平面図形(3) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「平面図形」は、ほぼ完全に復習の内容で、新しい技術を学ぶことは基本的にはありません。とはいえ、頻出レベルの問題が苦もなくできるようになっているかどうかを確認する機会として活用してもらうと良いでしょう。

記事

【6年生:夏期講習NO13図形の移動 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「図形の移動」は、復習も多く標準的なレベルで構成されており、クラス帯によらず「難易度の高い夏期講習」ではなく、「6年生前期のデイリーサポートと同じ」と言う認識で多くの問題をこなして頂きたい(かつ、それが可能)な単元となります。

記事

「つるかめ」vs「不定方程式」どっち?

by 村中 

今回は、「つるかめ」と「不定方程式」の違いについて、それぞれの技術がどういう時に使う判断を行うのか、を具体的な問題を例に挙げて説明させて頂きます。

記事

【6年生】土曜特訓NO19

by 村中 

今週の重要問題は文章題(割合有)からの1問です。「比例式」は自由自在に解けるようにしておくことと、「差一定」が二回かかる3番のようなタイプになった瞬間にできなくなるケースが多いので、ここで経験しておくと良いでしょう。

5年生の今週の学び
記事

【5年生:NO22旅人算(3) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回は非常に重要な単元で、偏差値帯を問わずどこの学校でも出題され続ける「速さと比」の単元です。これまで比を使わずに和差を中心で学習してきた「速さ」が一変します。

記事

【5年生:NO21図形の移動 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回学習する内容は、Dを含めてどれもが「図形の移動」全般の基本となり、ゆくゆく5年生の後半には「基礎トレレベル」として扱っていくものですから、丁寧に学習して自分のものにしてもらえれば幸いです。

記事

【5年生:NO20 16~19の復習 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

新しく学習する内容はたった一つだけとなりますが、他の問題も復習の意味合いで一通りやってみて間違えた問題を丁寧に押さえるようにしておきましょう。

記事

【5年生:夏期講習NO14比と割合(4) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回はこれまでの「比と割合」の総まとめの内容で、基本的に新しい技術を学ぶことはありません。今回の単元も夏期講習の復習として活用していくと良いでしょう。

記事

【5年生:夏期講習NO13立体図形(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

「割合を用いた水問題の技術」を学びます。比を習いたての段階ですので、学習にパワーはかかるかと思いますが、ここを乗り越えることができれば、一気に水問題が入試レベルに到達できることになりますので、頑張って乗り越えてください。

記事

【5年生:夏期講習NO12点の移動 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「点の移動」は、「作図を絡めた状態を把握」でき、「時間から面積」「面積から時間」の両方を自由に求めることができる状態に持ち込んでいくことが目標になります。

記事

【5年生:夏期講習NO11線対称・点対称 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「線対称・点対称」での目標は「線対称と点対称の図形が判断できること」「線対称と点対称の図形を作図できること」です。

4年生の今週の学び
記事

【4年生:NO22小数 解説動画付】今週の学びの話をしよう

by 村中 

分数よりもはるかに間違いやすく、四則演算の最後の山と言ってもいいかもしれませんので、慎重に操作方法を身につけて、「正確に」「速く」計算を解けるようになる必要があります。

記事

【4年生:NO21消去算 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「消去算」では、「つるかめ算」と同じく今後ずっと「当たり前」のように使い続けていくものになりますので、早く完全に身につける必要があるものです。

記事

【4年生:NO20和差算とやりとり算 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「和差算とやりとり算」では、特に新しく「やりとり算」を学びます。特に「やりとり算」については5年生で「比・割合」を学習してから、一気に文章題の中心的な分野になってくることもあり、ここでは来年になった時に困らない整理方法・考え方を意識して身につけてもらうことが重要です。

記事

【4年生:夏期講習NO14場合の数(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「場合の数②」は、通称「イチイチ問題」と言われる単元を学習します。割とワンパターンですが、注意力を必要とする部分もありますので、丁寧に進めることが重要です。

記事

【4年生:夏期講習NO13立体図形(3) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「立体図形③」は、通称「水問題」と言われる単元を学習します。 前半部分は、容器に入った水の量について、「柱体の体積」の考え方である「底面積×高さ」の考え方を用いて解くことが出来ます。後半部分の「石入れ」が「水問題」らしい問題に突入していきますので、頑張って身につけましょう。

記事

【4年生:夏期講習NO12文章題(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「文章題②」は、「つるかめ算」と「過不足算」の復習中心のNOですが、新しく「弁償のつるかめ」を学習します。こちらは「応用問題」に入っていますが、「応用なのでやらなくていい」と言うものではなく、新しい技術としてクラス帯によらず必ず学習して欲しいものになります。

記事

【4年生:夏期講習NO11場合の数(1) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「場合の数①」は、順列と組合せの復習に加えて、5-6年生の上位帯でもなかなか身についていない「同じ数が複数ある並べ方」について、新しく学習します。数並べにおいて異なる角度からものを見る訓練になるものですので、是非丁寧に取り組んで身につけてもらえると、5年・6年になってからも使い続けられるものになります。

記事

【4年生:夏期講習NO10立体図形(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

by 村中 

今回の「立体図形(2)」は、直方体・立方体の体積で、算数の世界では大きく「柱体」として捉えることができる図形の体積を学びます。「柱体」は、「底面積がずっと向こうに続いている立体」として理解してもらうことが重要です。その結果、「柱体」の性質を活かして、今回の「体積」もそうですが、ゆくゆく学ぶことになる「表面積」でも手間をかけずに計算することができます。