【4年生:冬期講習NO2数のせいしつ 解説動画付】今回の学びの話をしよう

view数526

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

「今回の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて解説をお伝えいたします。 『StandBy』サービスが提供する「解説動画」の一部を公開させて頂きます。

尚、コベツバでは26日から始まるサピックス4年生の冬期講習について以下に学習方法やカリキュラム上の注意点をご紹介しております。

サピックス2019年冬期講習の日程・カリキュラム・学習方法(5年・4年)
サピックス2019年冬期講習の日程・カリキュラム・学習方法(5年・4年)

『StandBy』にご登録頂けますと、サピックス算数テキストであるウィンターサピックスのNo2の「全問解説・ポイント動画・類題解説」がご覧いただけます。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

冬期講習NO2は「数のせいしつ」です。

今回の「数のせいしつ」は、夏期講習以来の登場となる約数倍数の復習から入って新しいことを学ぶ内容です。そもそも夏期講習以来の為、約数倍数の解法自体を忘れてしまっている人がかなり多いかと思いますので、まずは特に「数の基本問題②」から丁寧にポイント・類題と合わせて学習してもらうことが重要です。

今回は、上記復習に加えて「LCMセット(基本)」「平方完成」「GCM/LCMからの逆算」と、それぞれ数の性質では非常に有名で出題頻度の高い論点を学習します。特に「LCMセット」と「GCM/LCMからの逆算」については、この内容で終わりではなく、まだ更に応用していったものを5年生・6年生で学習して積み上げていくことになりますので、ここで外してしまわないように1段目をしっかりと積んで欲しいと思います。

以下ポイントごとにコメントします。

1: LCMセット(基本):p7-1番、p7-2番

電球がついたり消えたり、という有名な問題ですが、一度ついてからまたつくまでを繰り返しの周期として考えて、LCMのセットとしてその内訳を書くことで答えを求めることができます。電球の問題自体で言うと、「注意して上下を揃えて書くこと」がミスせず正解する為に重要ですが、LCMセットと内訳を書く、というより大きな解法の方が今後は重要になってくることも付け加えておきます。

サピックス算数教材:ウィンターサピックス[p7 2番(ついたり消えたり)]問題解説

2: 平方完成:p9-1番、p9-2番

一見するとパズル的な思考力問題に思えますが、全く違います。論理的に発想の飛躍なく解くことができなければ、この問題は解けたとは言えません、「たまたまできた=たまたまできないが発生する」と考えて、いつでもどう聞かれても解くことができる解法を身に付けることが重要です。

3: GCM/LCMからの逆算:p11-1番、p11-2番

難関校・最難関校でも出題が多いこのタイプの問題ですが、今回は基本です。

・逆割算の形で整理して書く
・GCMで割った後の2つの数は互いに素である
・積から2つの整数の組合せ=約数セット


ということで解くことができます。

 

なお、『StandBy』にてこのポイントを含む「全問解説・ポイント動画・類題解説」を公開しております。

 

今回の重要ポイントまとめ

1: LCMセット(基本):p7-1番、p7-2番…ウィンターサピックス「ついたり消えたり」に対応

2: 平方完成:p9-1番、p9-2番…ウィンターサピックス「平方数」に対応

3: GCM/LCMからの逆算:p11-1番、p11-2番…ウィンターサピックス「最大公約数と最小公倍数」に対応

 

以上です。

今回の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
記事

サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説サービス『StandBy(スタンバイ)』を始動

view数14926

by 村中 

プロ家庭教師として、数多くのサピックス(SAPIX)生を指導して来ました。関東、関西を飛び回り指導をし続け、空いた時間で電話やメールの相談を行い、勉強の戦略や計画を練ってアドバイスを行なったり、本人への動機付け面談を行っていく生活の中で、もっともっと時間があれば、困っているお子様やご家庭の力になることができるのに、という強い想いがありました。

記事

【3月組分けテスト解説/対策配信中】サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策

view数66572

by 村中 

一見難しそうに思える、「組分けテスト」の難易度を分析し平均点/偏差値60ラインの数値データとともに、日々のテキストのレベルと比較しながらわかりやすくお伝えいたします

記事

サピックス デイリーチェックの目的・分析・対策

view数9600

by 村中 

「デイリーチェック」は、「クラス昇降」に無関係な為、軽視されがちではあります。しかし、一週間という狭い範囲で学習して定着を促していくものとなりますので、結果として「マンスリー確認テスト」の結果にも大いに反映されるものとなります。だからこそ、毎週高得点を取り続けられる状態を目指して頂くことが重要です。

新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る