【6年生:NO16和と差に関する問題 解説動画付】今週の学びの話をしよう

view数543

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

「今週の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて、参考になる情報を提供して行きます。

『StandBy』サービスが提供する「重要ポイント動画」や「解説動画」の一部を公開させて頂きます。ご登録頂けますと、サピックス算数テキストであるデイリーサポートのNo16の全問解説・ポイント動画・類題動画が全てご覧いただけます。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

NO16は「和と差に関する問題」です。

今回用いる全てのポイントは既に一度は学習済の内容で、また少し中休み的な単元になります。

ただし、「ポイントの活用範囲を広げる」問題構成になっていますので、「ああ、この問題はこういう場合だから、このポイントを使って解くのか」というように学習済の技術が使える問題の幅を増やしていくことを目的に学んで頂くと良いでしょう。

重要なポイントとそれを用いた問題は以下の通りです。

1: 平均の面積図(A-2、B-1、C-2)

「平均の面積図」ポイント動画

食塩水以外の問題で平均の面積図を使うことに慣れていない方が多い印象を受けますので、
これらの問題を利用して、しっかりと手の内に入れられるようになりましょう。

サピックス算数教材:デイリーサポート[C-2(平均算(2))]問題解説

(1)

(2)

2: 二通りの混合/二通りの混合(てんびん法)

何度か土特でも出題されていますが、デイサポ(デイサピ)では初お目見えだと思います。ここでしっかりと身につけておきましょう。個人的にはこのポイントは「てんびん法」の方が解きやすいので、ここでは別解としてもつけておきます。

3: 3つの天秤(C-2別解)

てんびんを技術として活用するのであれば、3つの場合も処理できるようになる必要があります。

4: 3つのつるかめ(C-4別解、D-1別解)

未知数3つで条件3つ、3つ目の条件が2つの未知数の関係(等しいorどちらかがいくつ大きい)場合に使います。表でスライドしていく形の解法をとります。

5: 3つの不定方程式(C-4(2))

既に学習済ですが、未知数3つで条件2つ、最後はなにがしかの範囲で絞って答えを求めるものです。3つのつるかめとの違いも明確に押さえるようにして起きましょう。

6: 歩数×歩幅=速さの「の比の比」(D-4、E-3)

ある特定の距離を歩く場合、「歩数と歩幅は逆比になる」ということを使います。巻尺の場合、「自称100m=一歩」として、「実際の歩数」を求めてしまえば、その逆比で「実際の歩幅(巻尺の長さ)」を求めることができます。それだけと言えばそれだけです。

7: 最大最小の○×解法(D-3)

最大の場合は「同じ側に被せる」、最小の場合は「反対側に被せる」でおしまいです。

なお、『StandBy』にてこれらの「ポイント動画」を含む「全問解説・ポイント動画・類題動画」を公開しております。

今週の重要ポイントまとめ

1: 平均の面積図(A-2、B-1、C-2)…デイリーサピックス「平均算(1)(2)」「割合の計算(基本)」に対応

2: 二通りの混合/二通りの混合(てんびん法)(C-1)…デイリーサピックス「消去算」に対応

3: 3つの天秤(C-2別解)…デイリーサピックス「平均算(2)」に対応

4: 3つのつるかめ(C-4別解、D-1別解)…デイリーサピックス「つるかめ算」に対応

5: 3つの不定方程式(C-4(2))…デイリーサピックス「つるかめ算」に対応

6: 歩数×歩幅=速さの「の比の比」(D-4、E-3)…デイリーサピックス「差集め算(2)」に対応

7: 最大最小の○×解法(D-3)…デイリーサピックス「つるかめ算」に対応

以上です。

今週の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
記事

QA:デイリーチェックが得点できていない中で、マンスリー確認テストの対策をするのは良くないのでしょうか?

view数1190

by 村中 

マンスリー確認テストの対策をする際に、まずはデリチェで9割近く得点をできるようになってから対策を行っていく、という記載がございましたが、やはりデリチェで得点できるまではマンスリーの対策はしない方が良いのでしょうか?

記事

『StandBy(スタンバイ)』に「マンスリー確認テスト・復習テスト対策」機能を追加

view数4168

by 村中 

サピックス(SAPIX)テキスト全問解説動画に、「マンスリー確認テスト・復習テスト」対策機能を追加致しました。各NOを、重要なポイントを押さえた自作の問題10問程度で構成しており、この問題が完全にできるのであれば、マンスリー確認テスト・復習テストで必要とされる知識が抜け漏れなく身についていると判断できるものになっております。

記事

Voice3 : デイチェが半分も取れなかった算数が苦手だった男の子が偏差値60弱まで届くようになりました

view数2013

by 塩田 

3年2月からサピックスに通塾しております。息子は幼稚園の頃から公文に通っていて、分数の計算まで終わらせていたので、算数は問題ないだろうとタカをくくっていましたが、現実は厳しかったです。毎週、授業で新しい内容を学んできますが、1週間では学習内容が定着せず、翌週のデイリーチェックはボロボロ。半分も取れなかったことが多かったです。そういえば、いつだったか0点をとったこともありました。

新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る