【4年生:NO10総合(06~09)】今週の学びの話をしよう

view数925

by 村中  公開: 更新:

「今週の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて、参考になる情報を提供致します。

『StandBy』サービスが提供する「重要ポイント動画」や「解説動画」の一部を公開いたします。ご登録頂きますと、サピックス算数テキストであるデイリーサポートのNo10の全問解説・ポイント動画・類題動画が全てご覧いただけます。Aテキストも「応用問題に挑戦」「頭脳トレーニング」につきましては配信を行っておりますので、どうぞご活用ください。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

▼新4年生に向けたお知らせ

サピックス新4年生『受験の1段目を固める1年間の旅』-カリキュラム分析・毎週の進め方
サピックス新4年生『受験の1段目を固める1年間の旅』-カリキュラム分析・毎週の進め方

今回のNO10は「総合(NO6-NO9)」という復習のNOです。

今回は、新しく習うことが全くない珍しいNOになります。

従って、テキストの問題をやることは勿論ですが、この機会にNO6-NO9のStandByの類題を活用して、家庭主導でNO6-NO9の復習を行うことを強く勧めます。

前回のマンスリーテストで9割近く得点できている人以外は、今後4年生の後半、5年生となっていく中で更に定着が落ちてきます。SAPIXからは「特に家庭で復習する必要はない」という話をされて記憶されている方がおられるかもしれませんが、それはほんの一部の優秀なお子様を除いて、全く当てはまりません。

もし、復習を家庭主導で行わず、皆がマンスリーで9割近く得点できているのであれば、偏差値は全員が45-55、満点をとっても55くらいになります。4年生初めの今ですら、実際にそうなっていないことが示している通りです。

そして、家庭主導での復習はほとんどのお子様、2年後に最難関や御三家に到達するお子様であっても必要である、とこれまでの何百人を見てきた経験上からも言えることです。今の段階から、そこまでの復習スパイラルを行う必要がある子供は、最難関校に到達しない、という噂も全く根拠がない話です。そういう努力が必要のないお子様は最難関や御三家に合格する子供の中でもごくごく一部、であるということも合わせてお伝えしておきます。

 

なお、『StandBy』にてこれらのポイントを含む「全問解説・ポイント動画・類題動画」を公開しております。

 

以上です。

今週の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る