【4年生:NO2角と角度① 解説動画付】今週の学びの話をしよう

view数1866

by 村中  公開: 更新:

「今週の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて、参考になる情報を提供致します。

また、『StandBy』は先週2/7より新小4の皆様もご利用頂くことができるようになりましたので、是非ご活用頂ければ幸いです。

『StandBy』サービスが提供する「重要ポイント動画」や「解説動画」の一部を公開いたします。ご登録頂きますと、サピックス算数テキストであるデイリーサピックスのNo2の全問解説・ポイント動画・類題動画が全てご覧いただけます。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

▼新4年生に向けたお知らせ

サピックス新4年生『受験の1段目を固める1年間の旅』-カリキュラム分析・毎週の進め方
サピックス新4年生『受験の1段目を固める1年間の旅』-カリキュラム分析・毎週の進め方
【3月組分けテスト対策配信中】サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策
【3月組分けテスト対策配信中】サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策

今週の「角と角度①」の単元も、まだまだ低学年の色が強い基本的な内容ですが、今後角度の問題で多用していくことになる「外角定理」を学びます。

外角定理を使わないと解けない問題はテキストに掲載はないものの、しっかりと学習して自然に使えるようにしておかないと、「外角定理」を使わないと解けない問題や、計算工数が増えて行くことも多いので、ただ正解しているかではなく、「外角定理を使って解けているか」に注目するべき内容です。

また、StandByでは、「外角定理」を活用した技術である「ブーメラン」も学習します。こちらも「目でとらえられる」ように訓練をしておきたいところです。

尚、「入試問題に挑戦」である「ガづくり」は、「角度集めの難問」でよく使う技術でもありますので、余力がある方はしっかりとStandByでポイント学習をして身につけておくと良いでしょう。

以下、テキストごとに重要論点(ポイント)に対してコメントして行きます。

1: 外角定理:p9 2番

外角の三角形をとらえる練習をしましょう。計算工数を減らすことに繋がりますし、より難問になると外角定理を使わなければ解けない問題もある為です。

サピックス算数教材:デイリーサピックス[p9 2番]問題解説

2: ブーメラン:p9 2番の類題(テキスト掲載なし)

構造としては外角定理を二回使うものですが、目でとらえる場合、全然別の形として認識して使うものになりますので、別で考えるべきポイントです。

3: 平行線Z角:p11 1番、p11 2番

高学年帯や入試でも出題され続ける角度の基本技術の問題として外角定理と並んで最も出題頻度の高いのがこちら。平行線 Zを見分けることや、自分で手を動かして平行線の橋渡しを行うことが求められます。

4: ガづくり:解答解説p10 入試問題に挑戦

角度集めの難問は、この「ガづくり」・「外角定理」・「外角の和」の三つの手法でほぼ解けます。テキスト掲載の「入試問題に挑戦」を使って、最後の技術になる「ガづくり」は意外と教えられる機会もありませんので、ここで学習しておきましょう。

 

なお、『StandBy』にてこれらのポイントを含む「全問解説・ポイント動画・類題動画」を公開しております。

 

以上です。

今週の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る