【速報】四谷大塚 第6回合不合判定テスト 平均点・算数動画解説・難易度分析(22年12月11日実施)

※振替日程を調査の上、振替テスト終了後に配信しております。

コベツバでは、12月11日実施、第6回合不合判定テストの算数解説・難易度・所感を公開中です。

最後の合不合判定テストとなりました。

コベツバのレベルAは中堅校で必須の技術、レベルBは難関校で必須の技術と考え、しっかり抜け漏れを確認しておきましょう。
また、技術的な抜け漏れを確認すると共に、理解したものを得点しきれるようにテストの振り返りを行いましょう。

コベツバを利用している受験生の多くは、『志望校に合わせた頻出分野×苦手分野を診断できる機能』や『苦手をピンポイントで学習できるコベツバくんの個別学習』を使用したり、苦手分野のTop Gun特訓コベツバweb授業などで分野別の総仕上げに入っているようです。

残りの期間は、入れ切った知識や力をいかに発揮するか、という訓練にも目を向けていきましょう。

以下のコベツバradio・記事では、残り100日を切った受験生に向けて、志望校合格を掴み取るために何をすべきかというお話をしております。こちらもぜひ参考にしてみてください。

関連記事

いよいよ入試が三ヶ月後に迫ってきました。 ここでは最後の三ヶ月での戦い方についてお伝えさせて頂くことで、特に非常に多いと思われる第一志望ボーダー層の方々にとって残りの三ヶ月間で、いかにして合格点を突破するかについて、お話[…]

よく「テスト中に見直しする時間が取れなかった」「どうしても思いつかなかったけど、解説を聞いたらすぐわかった」と言うお子様がいらっしゃいます。
しかし、本番はそのミス1つ、技術の引っ張り出し1つで合否が決まってしまいます。

ケアレスミス対策の記事でも記載させていただいた通り、難しい問題にアタックしている最中でもミスをなくせるように、普段からミスをなくす行動を呼吸をするかの如くできるところまで高めておきましょう。また、「思いつかなかったけど理解している」場合は、そこで終わらずに「では何を書いていたら気付いていたのか?」という点に注目して解説を確認しましょう。図でしっかり整理できていたのか、「同じ」を表す記号をかけていたのか、などを振り返ることによって、次は必ず気付けるところまで持っていきましょう。

関連記事

「ケアレスミスが多くて、言っているのになかなか直らない」「ケアレスミスを、どうすれば無くしていくことができるかが、わからない」という、特に「ケアレスミス」で得点を落とし続けてしまうということに対してのご相談を非常に多くの方から頂き[…]

第6回合不合判定テストの昨年度の平均点

※女子の平均点になります。

 平均点偏差値60ライン
4科合計273.6点(54.7%)333~338点(66.6~67.6%)
算数57.8点(38.5%)79~80点(52.7~53.3%)

昨年度の第6回合不合判定テストは、昨年度の第5回と比べると算数の平均点は15点ほど低く、算数の点数が低い傾向にあります。

第6回合不合判定テストの所感・難易度分析

コベツバの解説ではどんな悩みが解決するの?

第6回合不合判定テストでした。

全体感としては、レベルAが72点、レベルBが72点、レベルCが6点とレベルBの比重が大きく難易度の高い構成となりました。
また、最後の大問2問は「場合の数」「立体図形」で構成されていることに加えて「速さ」の大問も出題されていることから、現代の難関校の出題傾向に沿っているようにも感じられました。
尚、思考力問題の比重はそれほど高くはないものの、一定出題されておりました。
いよいよ本番まで1-2ヶ月と迫ってきています。
それぞれの志望校に合わせて足りない部分や補強した方が良い部分を見つけて、最後まで対策し続けることで、一歩でも合格に近づけて欲しいと思います。

以下、レベルBの問題に対してコメントしておきます。

■2番(6):段ごと調べ上げ

投影図を復元していくよりも、3×3のマス目で捉えることで「段ごと調べ上げ」の問題に変換して綺麗に解くことができる問題でした。

■5番(2)(3):同じ長さに着目、整理、時間一定、同時刻同記号

半分の距離という点に着目することで、解くことができる(2)。
最後は同時刻同記号を使って整理できていれば、時間一定を使って処理することができる問題でした。

■6番(1):配るもの違いの過不足算

配るものだけではなく、袋も増えているというのが紛らわしくて混乱を誘いますが、使う袋が増えるのはそれほどいつもと違いはありません。
あくまでも配るものが違う点に着目して、そこを揃えることができれば解くことができる問題でした。

■6番(2):着眼点を探す、試行検証、素因数分解

典型的な試行検証型の思考力問題ですが、7や11などが見えやすいので、そこから切り込んでいくことが出来れば、2パターンに絞られて、最終クリアできるケースを考えればおしまいという問題でした。

■6番(3):点の移動解法、正六角形分割(1/3、1/6、1/18×2つ)

中途半端な場所にある点→点の移動解法を発想する事ができるかどうかを問いかける問題でした。
二段階で点の移動解法を使う部分があってやや複雑でもあり、レベルBに設定していますが、難関校志望者はここまでは本番ではクリアできるようになって欲しいと思います。

■7番:3つの消去算、あまりの世界、不定方程式

(1)、3つの消去算はそれほど入試での出題頻度は高くないものの、出題されると受験生が不慣れなこともあり戸惑ってしまう論点です。
整理の方法や、消去の方法を見直しておいて欲しいと思います。
(2)は条件不足の不定方程式ですので、あまりの世界で1つを決めにいくことができるかどうかが鍵となりました。
あまりの世界は難関校、最難関校で頻出の論点ですので、様々な使い方を経験しておくことが望ましいです。

■8番:十の位で場合分け、倍数判定法(3、9)

(1)は十の位に注目すると後は計算するだけでの問題です。
(2)は(1)と切り替えて、組合せを探して、一番小さな数が単独で存在するものだけを見つけにいくことが出来れば解く事ができる問題でした。
アプローチの方法を発想できるかが勝負でした。

■9番:太陽光線のベクトル解法

難問でした。
2020年の開成中、2011年の灘中2日目の問題で使用する「太陽光線のベクトル解法」を使って解くことができる問題でした。
特に(3)はこのポイントの訓練を積んでいなければなかなか難しかったかと思いますので、見送って他の問題を見直す方針で良かったかと思います。
一方、開成や灘を目指すような最難関校志望者は改めて復習しておいて欲しい論点でもあることは触れておきます。

第6回合不合判定テストの算数解説動画

今回の記事では、第6回合不合判定テストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、8~9番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。

※テストが実施された当月か、 (時々翌月も)に無料体験を申込まれた方は、無料体験内容にこのテストは含まれます。また、予習シリーズテキスト解説と併せてご購入いただくこともできますし、合不合判定テストを4回分(第3~6回)セットでご購入いただくこともできます。
尚、1年後や2年後、このテストが実施された同じ月(2021年10月なら2022年10月)に無料体験する方も無料体験内容にこのテストは含まれます。

StandByメンバー様用全問解説はこちら

   

   
   
四谷大塚算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) for 予習シリーズ 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1~7番

8~9番

StandByメンバー様用全問解説はこちら

コベツバからのお知らせ(過去問動画解説・コベツバWeb授業)

過去問動画解説

コベツバでは、最難関・難関校の過去問解説動画を配信しております。

対象校は「男女御三家」「渋幕」「聖光学院(帰国入試含む)」「駒東」「早稲田」「慶應普通部」「海城」「豊島岡」「筑駒」「栄光」「慶應中等部」「フェリス」「早実」「灘」「甲陽」「渋渋」「久留米大学附設」「東海」「ラ・サール」「広島学院」「南山女子」「浦和明の星」「市川」「慶應湘南藤沢(SFC)」「早大学院」「東大寺」です。

皆さまが合格したいという各学校の「合格点」「問題難易度」「出題分野」は大きく異なります。コベツバの過去問解説では、『得点の自動集計機能』『難易度・分野別の分析機能』を活用することが可能ですので、取り組み後の振り返りとお子様に適した戦略作りにお役立てください。

   

   

過去問への向き合い方については以下の記事でもご紹介しております。よろしければご参考下さい。

関連記事

 ここではいよいよ約半年後に迫った志望校の入試に向けて、志望校の過去問(赤本)を効果的に活用した、志望校合格に向けた算数の勉強方法について、お話させて頂きます。 お子様が、過去問を活用して学びを実現して無事に志望校に[…]

コベツバWeb授業

コベツバでは、「中学受験算数で必要になる土台となる技術を体系的に復習したい」「(難関入試に必要とされる)思考力を伸ばしていきたい」というお子様に向けて、コベツバWeb授業を配信しております。

分野別に分かれた教材・確認テスト(順位・表彰付き)や、毎週2問ずつ思考力を求められるテストを配信しております。

コベツバWeb授業の使い方につきましては、以下の記事をご参考下さい。

関連記事

この記事は、コベツバのオリジナル動画教材「コベツバweb授業」の特徴や活用方法、実際の利用プランを学年や時期別にご紹介してまいります。今回は「コベツバweb授業」の中で技術を学ぶ「分野別教材」に絞ったお話をさせていただきますが、思[…]