【当日速報】2020年慶應義塾中等部入試|算数解説動画と難易度分析・来年度に向けた徹底対策

view数7102

by 村中  公開: 更新:

2020年2月3日は慶應義塾中等部の入学試験が行われました。

コベツバでは、2020年の慶應義塾中等部入試で出題された算数の、問題&解答PDF及び、解説動画・所感・難易度分析を公開しております。

また、合わせて2020年度の入試を受けて、来年度の受験生に向けた大まかな対策の方針を掲載しております。慶應義塾中等部を志望していらっしゃるご家庭の保護者様・お子様は是非ご覧ください。

1: 2020年慶應義塾中等部入試問題(算数)の問題/解答/解説速報

1-0: 2020年慶應義塾中等部入試の算数問題&解答PDF

問題PDF
解答PDF

1-1: 2020年慶應義塾中等部入試の所感

 

全体感としては7割までがレベルA、残りが1問を除いてレベルBという構成で、例年通りと言えます。合格に向けてはレベルAでの取りこぼしを少なくし、レベルBの半分を正答して80-85%ということになったと推測します。ミスなく単元を網羅的にできていることは勿論のこと応用問題への正答率を上げて行った先に合格ラインが存在したということを想定します。
今年度はレベルBの多くは図形分野になりました。3番の平面図形の合体、6番の立体図形をクリアできれば合格にたどり着くことができただろうと推測します。7番は、条件セットの中でいきなり答えに到達できず試行検証を要求する桜蔭が好む思考力問題ですが、ここは(2)アのみ、または(1)と(2)アまで得点できれば十分だったかと思います。

以下、レベルB・Cがある大問にコメントしておきます。

▼大問1番(4):作れる金額の種類

技術問題です。金額の統合も発生しない簡単なタイプですが、なかなか正式に学習する機会も少なくこぼしてしまう人もいたのではないかと推測します。

▼大問3番(2):合体

有名な合体の問題で、45°部分と足して180°から「中に折り返して合体」ということでおしまいです。経験・知識の有無だけで決着したかと思います。

▼大問4番(2):水問題

具体的な数値を追いかけても〇のまま進行させてもできる問題です、技術的な要求もひねりもない為、丁寧に順を追って進められるかどうかが重要な問題でした。

▼大問6番(2):立方体・直方体の色ぬり

ミクロな立方体な話をしていた(1)から異なるアプローチを必要とする(2)と分断が起こっていますので、やや発想しづらかったかもしれません。有名な「中」「面中」「辺上」「頂点」で表に出ている面数を綺麗に分けることができる技術を使えば簡単に処理できる問題でした。問題の最中に引き出せるかが勝負の分かれ目になったと推測します。

▼大問7番:場合分け、試行検証

上記の通り、いきなり答えが1つに決めることができない場合分けや試行検証を要求する思考力問題。(1)は綺麗に場合分けすることでこれ以上の可能性がないことを確認できるものの、(2)イは難しかったかと思います。1個あたりの平均金額がかなり高くなるところにヒントがありました。ここは(2)ア、と可能なら粘って(1)まで取れればokな問題でした。

1-2: 2020年慶應義塾中等部入試の難易度分析

慶應義塾中等部の全体感・分析表

1-3: 2020年慶應義塾中等部入試の算数解説動画

今回の記事では、2/3実施の2020年慶應義塾中等部の入試算数の問題から、大問6番の解説動画を配信いたします。

大問6番:

 

2: 慶應義塾中等部入試の基本データ

2-1: 慶應義塾中等部の偏差値(サピックス・日能研・四谷大塚)

以下が慶應義塾中等部の偏差値(80%合格ライン偏差値)です。

80%偏差値
サピックス 男58
女63
四谷大塚 男64
女70
日能研 男64
女68

2-2: 慶應義塾中等部 受験者数・受験倍率推移

以下の表が近年の受験者数・受験倍率推移です。

受験者合格者倍率
2020---
2019 男870
女388
男354
女133
男2.5
女3.0
2018 男883
女385
男357
女132
男2.5
女3.0
2017 男680
女347
男326
女126
男2.0
女2.8
2016 男801
女320
男364
女134
男2.2
女2.4

2020年度の出願者は、男子は956名と昨年度の991名から微減、女子は458名と昨年度の511名から増加しています。附属校人気の影響から、倍率は男女ともに増加傾向です。

残念ながら、慶應中等部は合格最低点や平均点を公表していません。

3: 慶應義塾中等部志望者向け 2021年入試に向けた対策

1: 「ポイント学習の広さ」

2020年度もそうでしたが、基礎レベルの典型的な問題がほとんどです。多くの進学塾で5年生・6年生前半部分のテキストに記載しているレベルの問題群で構成されています(サピックスのマンスリー確認テストみたいです)から、入試時点で5年生・6年生前半部分までのテキスト掲載レベルの問題がいつでもどこでも素早く完全に正解できる、と言う状態になっているかどうかが勝負と言えます。

逆に言うと、「苦手分野」「苦手単元」があるとライバルが解いてくる為に、致命傷になりかねませんので、1単元1分野ずつ丁寧に抑えていけば、必ず7割まで到達することができるようになろうかと思います。

具体的には、6年生からは自分の間違えた論点ごとに丁寧に把握し、できるようになるまで1つ1つ穴を埋めていくことが重要になります。「たまたま毎週・毎月のテストで出題されなかった」為に「抜け漏れ」がありそのままになってしまった場合、その論点が入試に出題されるとライバル達に一歩二歩前に行かれてしまう、という懸念があることをよくよく留意して学習を進めてもらうことが必要です。

2: 「素早く正確な処理能力」

高得点同士の争いになりますので、1の延長にある「迷わずすぐに解き方が出てくる状態」を実現することと合わせて、素早く正確に処理できることも重要です。

暗算の訓練、ミスをしないための工夫を一歩ずつ自分のものにしていくことが重要で、受験直前にミス対策武装を行っていくのではなく、早い段階からケアレスミスの対策武装を行っておくことも必要です。

以下はご参考までに。

ケアレスミス制圧の為の5ステップ
ケアレスミス制圧の為の5ステップ

記事は参考になりましたか?

 平均評価:
4.59
/5
 総人数:
265


新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る