【入試速報】2020年慶應義塾湘南藤沢中等部の算数解説動画と難易度分析・来年度に向けた徹底対策

view数3072

by 村中  公開: 更新:

2020年2月2日に慶應義塾湘南藤沢中等部の入学試験(一次試験)が行われました。

コベツバでは、2020年の慶應義塾湘南藤沢中等部入試で出題された算数の、解説動画・所感・難易度分析を公開しております。

また、合わせて2020年度の入試を受けて、来年度の受験生に向けた大まかな対策の方針を掲載しております。慶應義塾湘南藤沢中等部を志望していらっしゃるご家庭の保護者様・お子様は是非ご覧ください。

1: 2020年慶應義塾湘南藤沢中等部入試問題(算数)の問題/解答/解説速報

1-1: 2020年慶應義塾湘南藤沢中等部入試の所感

 

全体感としては例年通り基本問題中心で、そこに加えて図形の応用問題を絡めるという構成。まず前提となるのは図形の応用問題以外の基本的な問題を確実に得点することができたかどうか、です。次に、応用・発展問題を出題する傾向のある図形問題に対してどこまで肉薄できたのかが問われた内容になりました。
また、基本問題中心と言っても仕事算の割合の文章題や規則性におけるパスカル三角形など、自分で手を動かして整理する余地のある問題や応用技術を出題しており、それを短時間で確実に正答する必要があることも付け加えておきます。

以下、3番以降の大問についてコメントしていきます。

 

▼大問3番:パスカル三角形・真ん中平均

パスカル三角形の性質を用いた(1)(3)、間に真ん中平均で個数を問う問題が挟まっている構成です。それぞれのポイントを丁寧に学習していつでも短時間で引き出せるかどうかが鍵になりました。

▼大問4番:全体人数の単位時間あたり仕事量をおく

まず条件を整理した上で全体の人数が3等分されているので、その1分あたりの仕事量を分母◯におくことで一気にゴールにたどり着くことができます。割合の文章題の典型問題から1歩だけ応用性を加えたもので、SFC受験生としては確実に仕留める必要があった問題です。

▼大問5番:折り返し→垂直二等分→30°問題

今回の平面図形は「折り返し→折り返しの対称軸で垂直二等分」という性質を前半のテーマに、30°問題の三角形で敷き詰められていることを後半のテーマに入れた綺麗な問題です。今回のセットの中では最も難易度が高く回避してもOKだったかとは思いますが、比較的論点が見えやすいこともありSFCの平面図形としては標準レベルとも言えます。

▼大問6番:読解の速さ

読解と整理を要求する速さの問題。技術的には特に何かを使うわけではなく、両方の橋共に2回閉まること、橋が上がっている時には橋の上で動けないこと(これ、想像すると面白い状況)、橋を渡り始められないこと、だけ抑えればあとは簡単に計算するだけの問題でした。

1-2: 2020年慶應義塾湘南藤沢中等部入試の難易度分析

慶應義塾湘南藤沢中等部の全体感・分析表

1-3: 2020年慶應義塾湘南藤沢中等部入試の算数解説動画

今回の記事では、2/2実施の2020年慶應義塾湘南藤沢中等部の入試算数の問題から、大問5番の解説動画を配信いたします。

大問5番:

 

2: 慶應義塾湘南藤沢中等部入試の基本データ

2-1: 慶應義塾湘南藤沢中等部の偏差値(サピックス・日能研・四谷大塚)

以下が慶應義塾湘南藤沢中等部の偏差値(80%合格ライン偏差値)です。

80%偏差値
サピックス 男58
女63
四谷大塚 男64
女70
日能研 男64
女68

2-2: 慶應義塾湘南藤沢中等部 受験者数・受験倍率推移

以下の表が近年の受験者数・受験倍率推移です。

受験者一次試験倍率二次試験倍率合格者
2020----
2019 394 2.1 2.0 82
2018 640 2.2 2.0 128
2017 581 2.0 1.9 138
2016 613 2.1 1.8 139

※ 慶應SFCは毎年、20〜30名繰り上がり合格の方がいらっしゃいます。

2019年度からは、内部進学者受け入れによって定員が大幅に減少(120名から70名)しました。回避傾向が高まったことにより結局のところ最終倍率は大きく変わらない結果となりました。

2019年の倍率が結局ほとんど変わらなかったことを受け、2020年は、男子231名→260名、女子210名→286名と出願者が大幅に増えています。最終の倍率はまだ分からないものの、受験生にとって入学の難易度が読み難い学校であることに変わりはないでしょう。

残念ながら、慶應義塾湘南藤沢中等部は合格最低点等のデータを公開していません。

3: 慶應義塾湘南藤沢中等部志望者向け 2021年入試に向けた対策

慶應SFCの対策としては、大きく3つに分けることができます。

▼1:基礎技術の完全習得

試験時間が短く多数の問題をこなす必要があり、基本技術の網羅性・正確性・速度は確実に可能な限り引き上げる必要があります。

▼2:割合の文章題の応用問題

割合の文章題のやや応用問題の出題が多い学校です。特に典型的な問題からやや自分で整理や思考の余地を入れた問題が頻出で、かつここを取れないと合格点に到達することが困難になる問題を出題してきます。従ってこの分野については積極的に応用発展問題まで手を伸ばして地力を引き上げて行くことが重要です。

▼3:平面図形・立体図形の発展レベル

難関・最難関レベルまで図形のレベルを引き上げておくことがライバルより一歩二歩先に行くための対策になります。他分野の問題より1、2段難易度の高い問題を出す傾向がありますので、図形については他分野以上に難易度の高い問題に触れて基準を上げておくことが重要になります。

以上です。

来年度以降の志望の方にとって、少しでも今後の算数の学習のご参考になれば幸いです。

中学受験コベツバは、慶應義塾湘南藤沢中等部を志望されている小学生とその保護者様をエンパワーし続けられる存在になるべく引き続き頑張って参ります。

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る