【6年生:冬期講習NO4数の問題 解説動画付】今回の学びの話をしよう

view数237

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

「今回の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて、参考になる情報を提供致します。

『StandBy』サービスが提供する「重要ポイント動画」や「解説動画」の一部を公開いたします。ご登録頂きますと、サピックス算数テキストであるウィンターサピックスのNo4の全問解説・ポイント動画が全てご覧いただけます。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

 

冬期講習NO4は「数の問題」です。

今回は「数の性質」「規則性」のまとめ単元になります。いつも通り総復習がメインではありますが、D-1、D-2、E-2、実戦演習1番(6)、実戦演習3番は応用・発展問題で上位帯向けとなっています。

特に重要な問題は以下の通りです。

1: 全員共通で学習すべきもの

整数の割り算と約数線分図(A-1、B-3)

おなじみの約数線分図。「整数の割り算とあまり」、あるいは「整数がいくつか集まって整数を作る」という問題は線分図イメージを持って、約数に帰着できるように再度確認しておきましょう。

サピックス算数教材:ウィンターサピックス[B-3]問題解説

(1)

 

(2)

 

GCMからの逆算、GCM/LCMからの逆算(A-3)

GCM/LCMからの逆算の問題を見たら、逆割り算の形に整理して、「互いに素」「積の組み合わせ」を用いて解くことが一般的です。

LCMセット(基本)(B-2)

内訳を書くことが要求されるLCMセットの問題で、こうなった瞬間に正答率が下がる傾向があります。電球の問題のように◯×ではない形の書き方も含めて身につけておきましょう。

へだたりグラフの基本(実戦演習4番)

取り組む機会が少ないものの、現実の入試では中堅校での出題もあり、出来が分かれやすいのがこのへだたりグラフです。ここでも触れておきましょう。

 

2: 上位帯が学習すべきもの

はじめ例外のLCMセット(E-2)

有名な問題でSS桜蔭コースのテキストにも掲載があったものです。はじめを例外とした上でLCMセットに持ち込むものです。女子最難関志望者は特に意識して取り組んで欲しいです。

三角形内の反射(実戦演習1番(6))

これまでのテキストでほとんど触れる機会がなかったものの稀に出題される三角形内の反射。鏡の世界を書いた後に、三角形の高さの幅を使って相似を見つける点に見つけにくさがありますので、ここで経験しておきましょう。

 

なお、『StandBy』にてこのポイントを含む「全問解説・ポイント動画」を公開しております。

以上です。

今回の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る