【5年生:NO32倍数算 解説動画付】今週の学びの話をしよう

view数434

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

「今週の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて、参考になる情報を提供して行きます。

『StandBy』サービスが提供する「重要ポイント動画」や「解説動画」の一部を公開いたします。ご登録頂きますと、サピックス算数テキストであるデイリーサポートのNo32の全問解説・ポイント動画・類題動画が全てご覧いただけます。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

NO32は「倍数算」です。

今回の「倍数算」は、割合の文章題の最も基本となる「差一定」「和一定」「比例式」を中心に学びます。また、年令算の複数人(3人以上)比べにおける「①年後」も学びます。

特に、「差一定」「和一定」「比例式」は、今後入試までずっと使い続けるもので、何百回と使っていくものになります。

理解した上で整理方法まで身につけてしまえば、今回の問題はほぼ全問が1分程度で解けるようになります。実際、来年の基礎トレの問題にはこのレベルのものが出題されてきますので、呼吸をするように自然に解けるようになりましょう。

1: 差一定:A-2、A-3、B-1、B-2、B-3

A:はじめ同じパターン
B:同じだけ増減するパターン
C:終わり同じパターン

の3つがありますが、どれも「はじめ」「増減」「終わり」の残りの2つの差が一定になります。問題を読解して整理している段階で気づけるようになると非常に強いです。また、年令算における「2人比べ」の場合は、「2人の年令の差が一定」を使う問題が多いことも知っておきましょう。

サピックス算数教材:デイリーサポート[B-3]問題解説

 

2: 和一定:C-1、D-4

2者間でのやりとり、3者間でのやりとりだけで話が終わる問題の場合に使うことができます。逆に言うと、「使ってもいないし、外部からもらってもいない」という時に、話に出てくる登場人物の和は一定ということになります。

 

3: 比例式:B-4、C-2、D-1、D-3

差一定でも和一定でもない場合、比例式を使いにいく発想を持ちましょう。片方の比でおいたまま下ろしていき、もう一つの比を使って比例式を作り、内項の積=外項の積に持ち込んで仕留めます。はじめはその後の計算に煩雑さを感じるかもしれませんが、慣れれば早く解けるようになります。

 

4: ①年後・年令表:C-3、D-2

「複数人(3人以上)比べ」の場合に使います。年令表で整理した上で①年後に問題文が要求している状態になったと考えて等式を作ればおしまいです。

 

5: 今週の思考力系重要ポイント

今週の思考力問題では以下の問題が特に重要となります。

 

「入試問題に挑戦 1番・3番」反対購入の差集め、不公平の過不足

→典型的な和差の文章題の応用問題で、難関校でも出来が分かれやすい問題になりますので、訓練としてやっておきましょう。

 

「思考力アップ p11 1番」概数の逆算・不定方程式

→「概数の逆算」と「不定方程式」を絡めた問題で、学校的に言うと、「開成」「桜蔭」の志望者は両方とも狙われやすい論点で来年のSS特訓でもやりますので、ここで経験しておきましょう。

 

なお、『StandBy』にてこれらのポイントを含む「全問解説・ポイント動画・類題動画」を公開しております。

 

以上です。

今週の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
記事

サピックス5年生後半戦「難易度と量の壁を突破する」〜成績を維持・向上させる学習方法〜

view数2451

by 塩田 

サピックス5年生の後半戦(8月〜1月)に訪れる「量・難易度・習熟度」の壁は実際どの程度のものであるかデータでお伝えした上で、成績が下がる3つの原因とそれぞれの予防策、また最難関を目指すお子様が今から意識しておくべきことをお伝えいたします。

記事

【1月組分けに向けた復習の100問配信!】サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策

view数17405

by 村中 

一見難しそうに思える、「組分けテスト」の難易度を分析し平均点/偏差値60ラインの数値データとともに、日々のテキストのレベルと比較しながらわかりやすくお伝えいたします

記事

『StandBy(スタンバイ)』に「マンスリー確認テスト・復習テスト対策」機能を追加

view数4275

by 村中 

サピックス(SAPIX)テキスト全問解説動画に、「マンスリー確認テスト・復習テスト」対策機能を追加致しました。各NOを、重要なポイントを押さえた自作の問題10問程度で構成しており、この問題が完全にできるのであれば、マンスリー確認テスト・復習テストで必要とされる知識が抜け漏れなく身についていると判断できるものになっております。

新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る