【入試速報】2020年慶應義塾普通部算数の解説動画と難易度分析・来年度に向けた徹底対策

view数5798

by 村中  公開: 更新:

2020年2月1日に慶應義塾普通部の入学試験が行われました。

コベツバでは、2020年の慶應義塾普通部入試で出題された算数の、解説動画・所感・難易度分析を公開しております。

また、合わせて2020年度の入試を受けて、来年度の受験生に向けて、慶應義塾普通部の入試傾向をデータ分析から把握し、合否を分ける単元・対策法を掲載しております。慶應義塾普通部を志望していらっしゃるご家庭の保護者様・お子様は是非ご覧ください。

1: 2020年慶應義塾普通部入試問題(算数)の問題/解答/解説

1-1: 2020年慶應義塾普通部入試の所感

 

全体感としてはレベルAが50%、レベルBが50%と大きく難化した印象を覚えました。例年70%程度のレベルAという構成の慶應でしたが、数問存在しているレベルBの比重が増えました。今年度の受験生は面食らったのではないかと想像します。ただし、合否を分けやすいレベルBの出題分野についての変更はなく、「速さ」「立体図形」「場合の数」という構成です。
また、他に変化した部分で言いますと、速さと場合の数です。慶應の速さは線分図系中心でしたが、ここでは難関最難関の大きなトレンドであるダイヤグラムを自分で書かせることで効率的に解答できる問題を出題しました。また、慶應の場合の数は、これまで古典的な問題を独自出題する傾向が強かったものの、9番の「前の結果利用」などモダンな論点を出題することに変わった印象も持ちます。 以下、大問4番以降にコメントしておきます。

 

▼大問4番:ダイヤグラム

「休み、上下で速さが異なるという不規則な動きによって出発到着がばらける」→「ダイヤグラムの選択」ができたかどうかが重要な問題になりました。これまでの慶應は線分図系の難問を出題する傾向がありましたが、ここも大きなトレンドに合わせて変化した印象です。

▼大問5番:試行検証

数絡みの試行検証問題。稀に慶應でも出題があったもので、いきなり答えにたどり着くことができないものの試行検証をしながら進められるかどうかを問う問題でした。

▼大問6番:直角〇×

ここは中休み的な問題で直角〇×を振っていくことで処理することができます。

▼大問7番:展開図組み立て

立体図形において、展開図と見取り図の行き来の問題は伝統と言え、これは過去の傾向どおりの問題と言えます。

▼大問8番:間に入れる

入れる数が決まっているタイプの連続NGの問題は、各塾のテキストでもほとんど経験がなく面食らったかと思いますが、「最も多い数を基準に先においてしまって、連続させないように間に入れる」と考えて解く技術的な問題です。難しかっただろうと思います。

▼大問9番:前の結果利用の表

典型的な前の結果利用の表の問題です。自分で自由に使えるようになるまで学習してきた人にとっては見えやすい問題だったかと思います。

1-2: 2020年慶應義塾普通部入試の難易度分析

慶應義塾普通部の全体感・分析表

1-3: 2020年慶應義塾普通部入試の算数解説動画

今回の記事では、2/1実施の2020年慶應義塾普通部の入試算数の問題から、大問8番と大問9番の解説動画を配信いたします。

大問8番:

 

大問9番:

 

2: 慶應義塾普通部入試の基本データ

2-1: 慶應義塾普通部の偏差値(サピックス・日能研・四谷大塚)

以下が慶應義塾普通部の偏差値(80%合格ライン偏差値)です。

80%偏差値
サピックス 58
四谷大塚 64
日能研 64

2-2: 慶應義塾普通部 受験者数・受験倍率推移

以下の表が近年の受験者数・受験倍率推移です。

受験者合格者倍率
2020---
2019 594 180 3.3
2018 591 190 3.1
2017 546 190 2.9
2016 578 190 3.0

2-3: 慶應義塾普通部 合格最低点・受験者平均点・合格者平均点

残念ながら、慶應義塾普通部は合格最低点・平均点を公表していません。

また、慶應普通部は補欠合格候補者が毎年60名程度いらっしゃいますが、実際の繰り上げ合格者数は発表されておりません。

3: 慶應義塾普通部志望者向け 2021年入試に向けた対策

大きく3つの分野に特徴があります。

▼「古典的な場合の数」

三角形の個数数え上げや、8番のスゴロクなど、近年の難関校・最難関校に出題される手の込んだ場合の数というよりも昔からよくあるタイプの、でも答えがあいにくい場合の数の問題を好んで出題する傾向があり、体系的な訓練をしていくことで補強できる分野になります。

▼「立体図形の展開図」

立方体、正八面体などの展開図問題が頻出で、技術武装を行うと共にこちらも徹底した対策を行うことで正答率を上げていくことが可能です。

▼「平面図形」

知識・経験で差がつきやすいパズル的な要素がかかった問題を好む傾向もあり、平面図形については油断なく応用・発展的な技術まで押さえにいくことがベターです。

記事は参考になりましたか?

 平均評価:
4.81
/5
 総人数:
418


新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る