サンデーサピックス:SS特訓(第6回)(SS単科・SS志望校別の解説配信)

view数5649

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。
SSも早くも6回目を迎えました。後1回で折り返し地点ですね。

コベツバでは先日受験まで後3ヶ月ということで以下の記事を公開いたしました。

【6年生最終戦】合格の頂を掴み取るために(ラスト三ヶ月の戦い方)
【6年生最終戦】合格の頂を掴み取るために(ラスト三ヶ月の戦い方)

多くの方から反響を頂いており、早速プリントアウトして過去問の弱点分野の洗い出しと対策のスケジュールを組んで頂いているメンバー様もいらっしゃいました。

過去問演習は「現時点の総合得点」を測るいわゆるサッカーの練習試合のようなものです。
ここまで数回練習試合をして◯◯の分野の◯レベルの失点が大きいなというものがわかっていれば、練習試合を繰り返すのではなく、日々のトレーニングメニューの改善が必要です。

苦手かつ頻出の分野に特化して対策を打ち込んでいくことが、ここから3ヶ月得点を後1伸びさせること、安定化させることのために重要ですので是非ご覧いただければと思います。

またそろそろ「本番モード」への切り替えが重要です。
SSの復習テストでも本番だと思った上で「ミス0」は当たり前、という基準値まで引き上げて欲しいと思います。


▼▼▼
既に利用中の方も多くおられると思いますが、コベツバで提供しているサービス「StandBy for 6年生」ではSS単科思考力・解法力の解説を配信しております。

また、志望校別SS特訓につきましては、開成(SSKA)・麻布(SSAZ)・桜蔭(SSOU)・女子学院(女子学院対策・JG特訓)・駒場東邦(SSKT)・慶應普通部(SSKF)・学校共通(SSSJ/SSTJ/SSKT/SSOG実施校)のプリントの解説を実施しております。(SSOGは第3回から配信)

SS開始から数週間経ち、冠が異なる場合でも上記のプリントを利用されているコースが多くございますことをご報告頂きました。

特徴的なこととしては、ここ数年新しく作成されたSSTJプリントは多くの最難関・難関校コースで利用されていること、 渋谷幕張コースはSSKT(駒東)が傾向の類似性より多く利用されていることが挙げられます。 コース名が異なる場合でも利用されているプリント名が同じであれば内容は同じですので、是非ご参照ください。

   
   

StandBy for 志望校別SS特訓
(開成/麻布/桜蔭/女子学院/駒東/慶應普通部)

解説Start!

   
   
   

さて、今回の記事では、第5回SS特訓単科・志望校別のプリントの概観をそれぞれのプリント別にご紹介致します。

1: サンデーサピックス SS単科(思考力・解法力)

1-1: サンデーサピックス 図形問題の特訓(思考力・解法力共通)

今回重要な問題は以下の通りです。

<共通>

4番:中心と結ぶ・30°問題

・中心と結ぶの原則に従って、補助線を自分で書き込むこと
・30°問題で二等辺三角形の面積を求めること
ができるかが試される問題です。

サピックス算数教材:Sunday SapiX 図形問題の特訓 4番 問題解説

6番:ダブルチョウチョ

お決まりのようなダブルチョウチョで、ここまで誘導が付いているのは珍しいですが誘導がなくてもできるようにしておきましょう。

<応用>

5番:直角◯×

立体ですが、正面から見ると平面になります。そうすると、
・二等辺三角形で垂直二等分で直角
・直線と円が接している=直角
ということで、直角◯×に持ち込むことができます。

1-2: サンデーサピックス 解法力講座

「重要かつ頻出」はどこの学校を受けるにおいても欠かせない問題ですので、丁寧に押さえておきましょう。

今回、特に重要な問題は以下の通りです。

<共通>

A-4番、B-2番、C-2番:全体=かかった時間のLCM○

仕事算の基本的な置き方、当たり前のようにできるようになりましょう。

A-3番:反対購入の差集め

こちらも定番の問題です。解法は色々とありますが、できるようにしておく必要があります。

C-3番:積同士の差→面積図

2つの項目同士の差と、積同士の差がわかっている場合、面積図を書くことで綺麗に対応することができます。こちらも問題を読み切ってすぐに取り出せるようになると強いです。

C-4番:等量交換

食塩水の頻出論点で、いつまでもできないままで置かれがちなものです。そろそろマスターしておきましょう。

E-1番:不定方程式・あまりの世界

不定方程式で1つ目のセットが見つけづらい場合、あまりの世界を活用できるようになると非常に強いです。この問題を短時間で解けるかどうかで不定方程式の習熟度が見える問題と言えます。

<応用>

D-4番:連比・食塩水分数

濃度同じ=食塩水分数の大きさ同じ、ということを活用する問題ですが、それ以上に重要なことは「連比の取り方」です。和の項目を出してそこで揃える問題ですが、発見のしにくさに難しさがあります。

1-3: サンデーサピックス 思考力講座

重要問題は、

実力テスト1番

典型的な「規則性の発見」の問題です。

書いて整理→自分で規則を発見→その規則を活用、というところまで型として身につけることが重要ですので、おさえておきましょう。

実力テスト2番・4番

小問が進むにつれて難易度が上がっていくタイプの数の性質の問題です。

2番は前の小問を整理して味わっていく中で見つけたことを使うこと、4番は「これは大変だな」と思った時に、「他に何か手がかりや切り口はないかな?」という発想で「大きな素数」に着目出来るかがポイントです。

No.21 1番

整理方法の工夫が試される問題で、女子最難関志望者は特に「どうまとめるのか」を意識して取り組んでみて欲しい問題です。

No.23 2番

変則的なじゃんけんで、こちらも整理方法をいかに工夫して求められるのかが問われます。そこさえ間違えなければ決して難しくありません。

StandByでは、「SS特訓単科講座」の中で取り組むべき重要問題をピックアップし、解説動画と一部ポイント動画を配信しております。ご確認の上、「重要」の問題を中心に取り組んで頂ければ幸いです。「応用」については上位帯向けの問題となりますので、ご家庭にてご判断ください。

『StandBy』に登録していただきますと、1週間無料でサービスを体験していただけます。こちらの記事で紹介している「SS特訓単科講座」NO2の全問解説・ポイント動画が全てご覧いただけます。
『StandBy』は、毎回のNoのテキスト全問解説・ポイント動画や、マンスリーテスト対策などを配信していおり、夏から6年生が急増、「ライバルである同級生には絶対勧めたくない」率が60%以上のサピックス生の隠れた家庭学習の友になりつつあります。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

2: サンデーサピックス SS開成

ポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

▼同時スタート戻り=リピート開始:①-2、②-1

同時にスタート場所に戻る=スタート状態に戻る、という発想で「そこまでの物語さえ調べれば、あとはリピート(繰り返し)」となります。 この考え方をいつでも想起出来るようになる必要があります。今回の①-2のように特定区間注目のダイヤグラムを絡めた問題がよく出題され、この問題ごとしっかりと身につけると良いでしょう。

▼速さの比例式:③-1

開成の有名な問題ですが、線分図バージョンでも稀に出題されることがあります。時間一定・距離一定が効かない形で数値が与えられている場合に、想起出来るようになりましょう。

▼思考力問題:②-2、③-2、④-2

どの問題も例題や小問を意図的に丁寧に味わっていくことで次の小問を解くための鍵を手に入れることが出来る問題です。こういったタイプの問題は1つずつの問題を「ただ解く」のではなく、「整理して解く」「何か発見できないか探しながら解く」という構えが重要です。それぞれの問題のポイントは問題独自のものですので、問題に向き合う構えを意識して欲しいと思います。

3: サンデーサピックス SS麻布

ポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

▼同時スタート戻り=リピート開始:①-1、②-1

同時にスタート場所に戻る=スタート状態に戻る、という発想で「そこまでの物語さえ調べれば、あとはリピート(繰り返し)」となります。 この考え方をいつでも想起出来るようになる必要があります。今回の①-1のように特定区間注目のダイヤグラムを絡めた問題がよく出題され、この問題ごとしっかりと身につけると良いでしょう。

▼共通範囲・ダブル切断:①-2、②-2、③-1

比較的見えやすいものの立体図形の応用技術である「共通範囲」「ダブル切断」の問題です。立体を捉え方を作図方法まで含めて自分のものにする必要があります。今回掲載の問題は、そこまで難易度が難しい「共通範囲」「ダブル切断」の問題ではありませんが、今後更にこれらのポイントを使った問題が出題される可能性があります。

▼異なる経路のダイヤグラム:④-1

異なる経路の出会い・追いつき→発生区間注目してダイヤグラムという発想を持てるようになりましょう。多くの難関校で頻出のテーマです。書くことさえできれば、あとはそれほど難しくはありません。

4: サンデーサピックス SS桜蔭

ポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

▼ダイヤグラム:①-Ⅰ、①-Ⅱ、①-Ⅲ、②-Ⅰ、③-Ⅰ、④-Ⅰ

ダイヤグラムの処理方法としての相似・距離一定・回数と範囲の推論、に加えて「出発到着時間がバラバラの出会い追いつき」では、処理するためにダイヤグラムを書く習慣を桜蔭志望者は特に意識して身につけると良いでしょう。学校側がダイヤグラムを好んでいることもあり、習熟度を高めていくことが実際の入試に活きてくると思われます。

▼不定方程式・あまりの世界:②-Ⅱ、③-Ⅱ、④-Ⅱ

不定方程式とあまりの世界をセットで自由自在に使えることを要求する問題は実際の入試でも多く出題されている為、徹底的に訓練して欲しいと思います。このタイプの問題は「やり方を知っている」ではなく、「答えが迅速かつ正確に求められる」かどうかまでを意識する必要があります。

▼真ん中影武者:②-Ⅰ(3)

非常に有名なダイヤグラムの真ん中影武者の問題です。他の事例をほとんど見ないのですが、この出題自体が桜蔭であり、理解しておく必要があります。

5: サンデーサピックス SS女子学院

各プリントについて、それぞれポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

〇1:SSTJ-06

▼1分①おきと面積パズル:①-1番(4)(5)、②-3番、③-1番

そろそろ①面積パズルを自由自在に使いこなしていけるようになりましょう。女子難関校でも頻出です。また②-3の「つるかめ」や、③-1の「逆比」などもよく見かける応用問題の為、丁寧に身につけておく必要があります。

▼ダブル切断・共通範囲:④-1番

立体の応用問題として頻出テーマであるダブル切断と共通範囲の問題です。出題された場合に必ず全体の正答率が崩れ、出来が分かれてしまう問題ですので、ここで訓練しておきましょう。

〇2:女子学院対策

▼女子学院対策11 差集め・過不足算②

過不足の応用問題です。現在のJGの出題傾向として、文章題のニッチな応用論点を意識していると考えられる為、本番の入試で狙われる可能性のある論点で、力を入れて学習する必要があります。1-4番それぞれに特徴的な解法があり、丁寧に身につけておく必要があります。

▼女子学院対策12 正多角形と角度②

二等辺見つけの復習と、4番では「中心と結ぶ」というこちらもJG頻出の考え方を活用します。

 

〇3:SSOG-06A(第3回より配信開始)

▼ダブルチョウチョ:A-2番、A-3番別解

前回に引き続いてのダブルチョウチョ。いつでも気づいて確実に求められるようになりましょう。

▼中チョウチョ補助線:A-1(2)

欲しい辺比から自分で中に補助線を引いてチョウチョを作図して作ることができるようになると、一気に解法の幅が広がりますので、丁寧に味わって自分でできるようになりましょう。

 

最後になりますが、SS女子学院につきましては、「女子学院中学校入学試験対策(JG特訓)」「SSSJ」も解説動画を配信しております。

6: サンデーサピックス SS駒場東邦

SS特訓授業後の翌日4日までにアップさせていただきます。

7: サンデーサピックス SS慶應普通部

ポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

▼等積変形:①-4番

「平行線の枠の中に三角形がある」→「等積変形で頭をずらす」という発想をいつでも持っておく必要があります。この問題も一手目でその操作を行うことができれば、そこまで難問ではありません。

▼正方形(直角二等辺)作り・円周上の点から中心見つけ:②-3番

半径×半径を出させることは明らかですが、45°以外の斜めの線の場合、正方形づくりを行う必要があります。現在の難関校の入試算数のトレンドでもあり、必ず身につけておきましょう。また、今回の問題ではほぼ自明でしたが、円周上の点から中心を求めることもできるようになりましょう。過去に出題されたことがあります。

▼直角クロス:③-1番別解、③-2

直角〇×と同じく、直角三角形型の相似形を見つける方法です。特に、今回のような長方形の折り返し問題で、「折り返し線対称」→「垂直二等分」という流れで使うケースがあり、直角〇×で見つける場合とは別の相似を発見して解くことができます。

8: サンデーサピックス その他の学校

メンバー様にアンケートの結果、志望校の冠に関わらず、SSKT/SSSJ/SSTJ/SSWA/SSKK/SSOGプリントが配布されているコースが御座いますことが判明いたしました。

その中でも数の多かったSSSJ/SSTJ/SSOGについては「その他のSSコース」として配信いたします(SSOGは第3回より配信)。(SSKTはSS駒東コースにて解説を実施しております)

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る