サンデーサピックス:SS特訓(第14回)(SS単科・SS志望校別の解説配信)

view数9557

by 村中  公開: 更新:

 

こんにちは。

SSも最終回。
サピックスの授業もこれで最後となりました。長かった受験生活もあと残り1週間もありません。

残りわずかな期間は「全く新しいもの」ではなく「出題されそうなあと1歩の技術」の復習が重要です。

それぞれの志望校プリントやSS単科で該当する問題を記載しております。

本番でも必ず今までに習った技術から出題されるはずです。落ち着いて、1つ1つ「本番でもできるかな?」と確かめておきましょう。

2020年受験生全員が持てる力を出し切れる受験となるよう心から応援しております。

   
   

StandBy for 志望校別SS特訓
(開成/麻布/桜蔭/女子学院/駒東/慶應普通部)

解説Start!

   
   
   

さて、今回の記事では、第14回SS特訓単科・志望校別のプリントの概観をそれぞれのプリント別にご紹介致します。

1: サンデーサピックス SS単科(思考力・解法力)

1-1: サンデーサピックス 図形問題の特訓(思考力・解法力共通)

今回重要な問題は以下の通りです。今回はほぼ応用問題となります。

<全員共通で学習すべきもの>

3番:中心と結ぶ→角度求め

過去に豊島岡でも出題があった多角形の角度求め問題。解法を最終確認しておきましょう。

<応用(上位帯が学習すべきもの)>

4番:ベンツ切り作り

関西の難関校の過去問です。先週に引き続き「ベンツの形」を見て、自分で手を動かしてベンツ切りを図形の中で作りに行くことができるかが決め手です。

サピックス算数教材:Sunday SapiX 図形問題の特訓 4番 問題解説

(1)(2)

(3)

1-2: サンデーサピックス 解法力講座

今回の「入試総合(3)」は最後ということもあって、頻出論点が多く「頻」マークを中心に最終確認に使って欲しいと思います。

特に重要な問題は以下の通りです。

<全員共通で学習すべきもの>

A-2番:減らす棒入れ

和→組合せ→並べるの解法でも構いません。確実に仕留められるように仕上げておきましょう。

B-2番:個数増殖の群数列

まずは「整理すること」から入って、それぞれの聞かれていることを的確に求められるかを最終確認しておきましょう。

C-3番:相関表→比例式

相関表で整理した後に、比例式という頻出の流れの問題で、こちらも最終チェックに活用しましょう。

D-1番:時間一定、キョリ一定、速さのつるかめ

速さで頻出の3つのポイントです。これらのポイントの最終チェックを行いましょう。

E-3番:当選確実

忘れた頃に出題される当選確実の問題。こちらも確認に使って欲しいと思います。

<応用(上位帯が学習すべきもの)>

C-4番:静水時同じ2船の往復→点対称ダイヤ

使うケースが非常に少ないものの、いざ出題された場合、点対称ダイヤが書けるかどうかで勝負が決まってしまうことが多く、最終の復習に使いましょう。

1-3: サンデーサピックス 思考力講座

今回の重要問題は、以下の通りです。

思考力実力テスト-2番

「振り出し戻りの図形的応用」を絡めた問題です。それまでの問題で活用して味わってきた式を用いて(3)という王道の流れであり、小問も適当に解かずに式を組み立てて解くことが後半の小問に活きてくるということも押さえておきましょう。

思考力実力テスト-4番(3)

過去に桜蔭で出題された真ん中影武者のダイヤグラム利用の問題です。他校での出題可能性もあり、押さえておきましょう。

No.54 2番

四角すい、四角すい台もどきの体積を、平均の策で求める方法を復習しておきましょう。いざ出題された場合に差がついてしまうためです。

StandByでは、「SS特訓単科講座」の中で取り組むべき重要問題をピックアップし、解説動画と一部ポイント動画を配信しております。ご確認の上、「重要」の問題を中心に取り組んで頂ければ幸いです。「応用」については上位帯向けの問題となりますので、ご家庭にてご判断ください。

『StandBy』に登録していただきますと、1週間無料でサービスを体験していただけます。こちらの記事で紹介している「SS特訓単科講座」NO14の全問解説・ポイント動画が全てご覧いただけます。
『StandBy』は、毎回のNoのテキスト全問解説・ポイント動画や、マンスリーテスト対策などを配信していおり、夏から6年生が急増、「ライバルである同級生には絶対勧めたくない」率が60%以上のサピックス生の隠れた家庭学習の友になりつつあります。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

2: サンデーサピックス SS開成

ポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

〇1:SSKA-14

▼直角◯×:①-1番

相似の三角形が2種類出てくるところに間違いやすさがあります。丁寧に作図・整理していくことができるかが重要です。

▼空飛ぶじゅうたん・後から壁を書く:②-2番

こういったしきいの中を照らす問題では、最初に「壁がなかったら」を考えて作図をしてしまい、その後に壁を考えていくことで簡単に把握できてしまいます。最終チェックとして利用しましょう。

〇2:実力テスト

▼奇数偶数という思考の補助:1番

元の奇数偶数の個数とあまりの奇数偶数の個数が変化していることで一気に絞ることができる話です。この問題だけではなく、探す範囲が膨大である時に「奇数偶数」という切り口で考えて範囲を狭められるというのは最後にチェックしておいて欲しいと思います。

▼後から壁を書く:4番

問題自体が既に誘導になっていますが、先に「壁がなかった場合」を考えて「後から壁を付け加えて考える」という筋自体を知っておくことが重要です。

3: サンデーサピックス SS麻布

ポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

▼倍数条件→3つのつるかめ:1番(2)

どれが3割引なのかということで、1つ1つ試していかずともその前段階で判断できます。
また、個数の和、金額の和、個数の関係性ということで3つのつるかめを想起できるかが決め手です。最終チェックをしておきましょう。

▼同時刻同記号、時間一定:2番

これでもか、というほど同時記号を打ち込んでいく操作を、迷いつつもできるかが勝負です。その後は時間一定でおしまいです。実際に麻布の線分図系の過去問では非常に煩雑な問題も多く、このレベルの整理をこなす構えを持って本番に臨んで欲しいと思います。

▼風車切り(三角形):5番

過去にも出題がある三角形の風車切りの論点。論点の見直しとして、これらの問題をストレートにできるようにして本番に臨んで欲しいと思います。

4: サンデーサピックス SS桜蔭

ポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

〇1:SSOU

▼イチイチへの転換と少ない種類を並べる:①-Ⅰ(2)

近年の難関・最難関校ではイチイチへの転換問題が大きな流行りになっていますので、この大問のうち(2)だけでも見直して欲しいと思います。
桜蔭で出題される場合、もっと難易度をあげた問題が出題される可能性があります。

▼辺を切って展開図:①-Ⅲ

立体図形、特に柱体の性質(辺、面、頂点がいくつ)を用いた問題は過去からも何度か出題があり、この問題は桜蔭らしさが含まれた問題で、確実に押さえておきましょう。

▼整理→規則性の発見と利用:②-Ⅱ

焦らずに丁寧に自分の手で整理できさえすれば、桜蔭受験生なら確実に得点できる問題。出来ない場合は整理が甘くすぐ問題に飛びついてしまっているのだと思いますが、相手を甘く見ずにまず整理から入ることが重要であることを改めて感じて欲しいと思います。

〇2:実力テスト

▼3つに1つのままこだて:Ⅰ(2)

この論点はいつか桜蔭に出題されるだろうと考えられる問題です。今回聞かれていることが、「何番目の数」という具体的な数についてですので、LCMセットと同じく2回であれば3×3のセット、3回であれば3×3×3のセットを書けばおしまいです。

▼3つの不定方程式:Ⅲ(2)

範囲があることで逆に簡単になるという珍しい問題ですが、不定方程式自体は桜蔭の超頻出論点ですので、呼吸をするように使えるように見直しておきましょう。

▼ダイヤグラムの選択→相似・距離一定、ピラミッド:Ⅳ

まず、はじめに「行ったり来たり」→「出発到着バラバラになる×複数回」→「ダイヤ」という思考回路でダイヤグラムを選択できるかどうかが全て、です。そのあとは非常に易しいです。
(3)も怖がらずに問題の意味をグラフの中で解釈することができれば、今のみなさんなら非常に簡単に感じるはずです。

5: サンデーサピックス SS女子学院

各プリントについて、それぞれポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

〇1:SSTJ

▼空間上で2直線交わる→同一平面=切断の切り口:1番

豊島岡の有名な問題で、同一論点を扱う問題が少ない分、ここで是非経験しておいて欲しいと思います。ネタが分かってしまった後は決して難しくありません。

〇2:女子学院対策

▼の比の比:2番(3)

割合文章題の超頻出論点。最終確認に使いましょう。

▼二等辺見つけ:3番(1)

JG頻出の二等辺の角度問題。問題で与えられる二等辺とは違う二等辺が発見できるはず、という意識で問題に向き合っていくと見えてくるはずです。

▼8へるの法則・真ん中平均:5番

JGでは割合を使わない文章題が出題されることが多い為、この方陣算の論点も丁寧に押さえる必要があります。また8へるの法則と真ん中平均は非常に相性が良いこともチェックしておきましょう。

 

最後になりますが、SS女子学院につきましては、「女子学院中学校入学試験対策(JG特訓)」「SSSJ(実力テスト含む)」も解説動画を配信しております。

6: サンデーサピックス SS駒場東邦

翌日27日の15時までに追記いたします。

7: サンデーサピックス SS慶應普通部

〇1:SSKF-14+α

▼3つのベン図:2番

過去に3つのベン図の難問が出題されており、出題者の頭の中にこの論点がありますので、使い方を最終確認しておきましょう。

▼フローチャート:3番

フローチャートと食塩水分数の典型的な応用問題。このレベルを確実に仕留められるようにした上で本番に臨んで欲しいと思います。

〇2:慶應義塾普通部入学試験問題

▼LCM後を書いて調べる:4番

慶應の問題のレベルBは、こういった「最後の一手間」が必要な問題が多く、「これぐらいなら書いて仕留められる」という判断を行う必要があります。勿論、制限時間が短いので「これは時間がかかりすぎるので見送り、別の方法を考える」ということも重要で、「その先に進んでいった時にどれぐらい時間がかかりそうか」を考えて進むか、変えるか、見送るかを判断して欲しいと思います。

▼周の延長解法:8番

周の延長解法の典型的な問題です。影の部分の足し忘れをしないように最終確認しておきましょう。

8: サンデーサピックス その他の学校

メンバー様にアンケートの結果、志望校の冠に関わらず、SSKT/SSSJ/SSTJ/SSWA/SSKK/SSOGプリントが配布されているコースが御座いますことが判明いたしました。

その中でも数の多かったSSSJ/SSTJ/SSOGについては「その他のSSコース」として配信いたします(SSOGは第3回より配信)。(SSKTはSS駒東コースにて解説を実施しております)

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る