サンデーサピックス:SS特訓(第13回)(SS単科・SS志望校別の解説配信)

view数8786

by 村中  公開: 更新:

 

こんにちは。
SSも第13回目。
早いもので、SS特訓もラストの第14回を残すのみとなりました。

いよいよ来週からは千葉勢は本命校の入試が本格的に始まります。
(コベツバでは市川・渋幕の解説を当日中に配信予定です。)

第13回も12回と同じく全く新しく習う論点はありません。
復習テストはもうありませんが、「今までに習ったけど意外と皆できないよね。狙われやすく、差がつくよね。」という問題が比較的多く、そういった問題は(以下の記事にも記載しておりますので)特に念入りに復習しておきましょう。

   
   

StandBy for 志望校別SS特訓
(開成/麻布/桜蔭/女子学院/駒東/慶應普通部)

解説Start!

   
   
   

さて、今回の記事では、第13回SS特訓単科・志望校別のプリントの概観をそれぞれのプリント別にご紹介致します。

1: サンデーサピックス SS単科(思考力・解法力)

1-1: サンデーサピックス 図形問題の特訓(思考力・解法力共通)

今回重要な問題は以下の通りです。今回はほぼ応用問題となります。

<応用(上位帯が学習すべきもの)>

1番:ベンツ切り作り

提示されている図形の一部分でベンツ切りを作るケースで、非常に気づきにくい問題です。ベンツ切りの形のイメージからの連想が最も想起しやすいかと思いますので、頂点から複数の点が一点に出ている図形を見た場合に選択肢として持てるように頭に入れておきましょう。

サピックス算数教材:Sunday SapiX 図形問題の特訓 1番 問題解説

(1)(2)

(3)

4番:等積移動

どういう場合に等積移動が使えるのかを(1)で確認した上で、「全体から引く」を選択して、それぞれの図形を求めることができることを確認して解くことになります。

1-2: サンデーサピックス 解法力講座

今回の「入試総合(2)」は入試頻出の論点の問題を扱いますが、これまで以上に応用問題の比重が高い為、中堅校志望者はフラグに注意して取り組んで、応用は出来なくても決して焦る必要はありません。

特に重要な問題は以下の通りです。

<全員共通で学習すべきもの>

A-3番:石入れ

水面より下に入っている場合、それが仮にギリギリであっても「沈んだ石」として捉えることができることを復習しておきましょう。

B-4番:真ん中影武者

中堅校でも出題されて、合否を分ける問題になりがちな論点です。最終チェックとしてここで確実に押さえておきましょう。

C-3番:和一定・差一定

和一定、差一定を連続的に使わせる応用問題ですが、ここまではなんとかできる状態になった上で入試に臨んで欲しいところです。落ち着いて整理すればそれぞれの論点は見えやすいはずです。

C-4番(2):時間のイチイチ

(1)が場合分けを使う応用・思考力問題ですが、(2)が技術一発の問題です。時間のイチイチは近年も多数の学校で出題されていますので、確実に押さえておきましょう。

<応用(上位帯が学習すべきもの)>

C-1番:ダイヤグラムの選択

出発到着がバラバラの出会い追いつき→ダイヤグラム、という選択をできるようになりましょう。

D-1番:不定方程式・倍数条件

やや見えづらい形での不定方程式×倍数条件絞りの問題です。難関校頻出の為、ここでも復習しておきましょう。

1-3: サンデーサピックス 思考力講座

今回の重要問題は、以下の通りです。

思考力実力テスト-1番

既約分数の和の問題。出来なかった場合、復習して確実にできるようにしておきましょう。

思考力実力テスト-2番

整理するまでが半分、あとは「の比の比」が半分、という問題です。開成・聖光学院を中心に速さの長文問題が出題されます。これらの学校の志望者は「素早く読んでまとめる訓練」として活用しましょう。また「速さのの比の比」は難関・最難関頻出の共通論点です。

No.49 2番

有名な問題です。(3)の図形を求める際に点移動解法を使うと「思いつき」ではない方法で図形をとらえることができることも知っておきましょう。

No.51 2番

寄せて最大最小から絞る→3つの不定方程式という関西の最難関女子校の有名な問題です。特に(1)のアプローチは桜蔭・麻布あたりの受験者は知識として押さえておきましょう。

StandByでは、「SS特訓単科講座」の中で取り組むべき重要問題をピックアップし、解説動画と一部ポイント動画を配信しております。ご確認の上、「重要」の問題を中心に取り組んで頂ければ幸いです。「応用」については上位帯向けの問題となりますので、ご家庭にてご判断ください。

『StandBy』に登録していただきますと、1週間無料でサービスを体験していただけます。こちらの記事で紹介している「SS特訓単科講座」NO13の全問解説・ポイント動画が全てご覧いただけます。
『StandBy』は、毎回のNoのテキスト全問解説・ポイント動画や、マンスリーテスト対策などを配信していおり、夏から6年生が急増、「ライバルである同級生には絶対勧めたくない」率が60%以上のサピックス生の隠れた家庭学習の友になりつつあります。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

2: サンデーサピックス SS開成

ポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

〇1:SSKA-13

▼問題の解釈→GCMからの逆算:①-2番

問題を解釈することで、これまでみなさんが学習してきたことに帰着するというパターンは近年の最難関のテーマの一つです。アンテナをはりながら小問を味わうことが重要です。

▼ダイヤグラムの相似:②-1番

昔の開成の問題ですが、ダイヤグラムの扱いは確実にした上で本番に臨みましょう。

▼整理方法の工夫・連続整数の積と割れる回数:②-2番

灘の過去問ですが、整理方法の工夫問題です。2と5の両方をチェックすることを忘れないように。

〇2:実力テスト

▼規則性の発見と適用:1番(2)

小さな小問は味わって次に活かす構えで可能な限り式を書くようにしておきましょう。式自体が規則性を見える化させる材料になります。

▼曲線図形:2番

開成の平面図形において最も出題頻度が高いものが割合を使わない曲線図形です。こういった問題は丁寧に味わっておくと本番で活きる可能性があります。

▼同時スタート戻り=リピート開始:3番

同時スタート戻りを1セットですが、今回は「向き」がある為、リピートの開始は(3)の時間ではないことに注意しましょう。他は典型的な問題です。

▼段ごと整理へ転換→小立方体の切断個数と形:4番

直角二等辺切りであること、出てくる数字が全て3の倍数であること、から一辺3cmの小立方体を各辺に5個ずつ積んだ立体を考えることができれば、あとは(3)まで簡単に解けてしまいます。

3: サンデーサピックス SS麻布

ポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

▼平均の利用:1番(1)②、(2)

0がないので各数字の個数は均等。従って平均を使うことができ、簡単に解けてしまいます。0がある場合だと出現する個数が違って、単純に平均を使うことができないことも合わせて押さえておきましょう。

▼速さをおく:2番(2)

速さの比を〇で具体的に置いてしまうことで簡単に解くことができます。こういった細かな工夫も見直しておきましょう。

▼フラクタル図形:4番

有名なフラクタル図形です。ポイントごと復習しておきましょう。

4: サンデーサピックス SS桜蔭

ポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

〇1:SSOU

▼1人①の仕事算:①-Ⅰ

典型的な問題に条件を加えて、「整理能力」を問う問題に仕立てた桜蔭らしい問題です。こういった問題を一発で合わせられるように仕上げた上で、本番に臨んで欲しいところです。

▼整理・ぐるぐるカレンダー・割ったあまり曜日:②-Ⅱ

地球と異なるカレンダーの日暦。JGで一度出題されていますが、日暦の応用問題は桜蔭・雙葉まで含めた女子御三家の共通頻出分野です。確実に合わせられるようにしておきましょう。

〇2:実力テスト

▼優先順位決め→試行検証:Ⅰ(2)

答えが確実に決まらず試行検証を要求する桜蔭らしい思考力問題。とはいえ、「優先的に使うべきものは何か」を握ることができれば、いくつかを試すことでそれ以上は大丈夫という判断をすることが出来ます。

▼連続整数の和で表現・月をまたぐまたがない:Ⅱ(2)

「連続整数の和で表現」については、多数の難関校・最難関校で出題されているものの、まだ桜蔭では出題がない為、押さえておくべき論点です。

▼ダイヤグラム・模様の相似:Ⅳ

有名なダイヤグラムの模様の相似。近年では聖光学院での出題があります。ダイヤグラムを好む桜蔭としてはいつ出題されてもおかしく論点と言えます。「ダイヤグラムの相似」のポイント動画の最後につけていますので、確認しておきましょう。

▼整理・LCMセット:Ⅴ

整理とLCMセットを使った桜蔭らしい問題です。少なくとも(3)までは合わせたい。

5: サンデーサピックス SS女子学院

各プリントについて、それぞれポイントごとに重要な問題をコメントしていきます。

〇1:SSTJ

▼空飛ぶじゅうたんとすそ:1番

難関・最難関頻出の立体の影。空飛ぶじゅうたんの使い方を最終チェックしておきましょう。このレベルが短時間で正解できるようになった上で本番に臨んで欲しいです。

〇2:女子学院対策

▼線対称⇄垂直二等分、合体:1番(7)

JGお得意の角度問題です。線対称性の利用・合体といった応用技術の最終確認をしておきましょう。

▼残りの→二段線分図:3番

三段線分図ですがいつものようにただ戻していくだけ、では解けない応用問題です。ただ、最初の方から考えて比合わせができることを整理段階で気づいていれば決して難しくありません。

▼キョリ一定・整理:4番

JGお得意のやや煩雑な線分図問題です。使う技術のバラエティは限られているものの、丁寧な作図・整理能力が要求されるJGらしい問題です。確実に仕留めましょう。

 

最後になりますが、SS女子学院につきましては、「女子学院中学校入学試験対策(JG特訓)」「SSSJ(実力テスト含む)」も解説動画を配信しております。

6: サンデーサピックス SS駒場東邦

▼「1:1:2」有名三角すい:1番(4)

正方形の面積の8分の3であることを使って解いて行く問題で頻出です。自分で展開図をかけることと、8分の3を編み出せるようになっておくと良いでしょう。

▼約数個数からの逆算:2番(2)(3)

久々に出て来ました。駒東は勿論のこと、難関・最難関校は数の性質の発展的な技術問題を出題して来ますので、ここで最後に復習しておきましょう。

▼30°問題の扱い:3番

150°問題や、30°三角形2つで正三角形になると言う聞けば当たり前のことですが、出来なかった場合は頭に再度留めておきましょう。

7: サンデーサピックス SS慶應普通部

〇1:SSKF-13+α

▼時間一定折り返し型:1番

時間一定折り返し型の書き方、使い方を復習しておきましょう。進んだ距離の和が2本分になることがポイントです。

▼間隔で距離一定:2番

中堅・難関校での出題の多い「間隔で距離一定」。基本の型を使えるかどうかで正解不正解を分けてしまうので、最後しっかりと押さえて本番に臨みましょう。

▼隔たりグラフ→線分図への転換と距離一定:4番

折れ目の意味・傾きの意味を捕まえる基本操作に加えて、今回は「追いつき」に着目して線分図に書き直して距離一定を使う応用問題でした。このようにグラフだけではなく線分図をミックスさせて使えるようになることが重要です。でも、1つ1つは決して難しくないはずですので、そもそも発想として「グラフだけではなく、必要に応じて線分図を書いてもいい」ということを頭に入れておくことが重要です。

〇2:慶應義塾普通部入学試験問題

▼積同士の差→面積図:1番(2)

慶應お得意の計算の工夫ですが、「大きな掛け算同士の差→面積図」というのは頭の片隅にいれておくと良いでしょう。

▼辺を切って展開図:4番

展開図にした時の辺の重なる箇所は、面-1個になることを復習しておきましょう。

▼転がり移動の作図:5番

慶應頻出の転がり移動の問題です。面積が半分ということですが、作図を丁寧に出来ていればどのような状態が気付くことが出来ます。作図はわかるから雑でいい、というのではなく丁寧に行うことを意識しておきましょう。

8: サンデーサピックス その他の学校

メンバー様にアンケートの結果、志望校の冠に関わらず、SSKT/SSSJ/SSTJ/SSWA/SSKK/SSOGプリントが配布されているコースが御座いますことが判明いたしました。

その中でも数の多かったSSSJ/SSTJ/SSOGについては「その他のSSコース」として配信いたします(SSOGは第3回より配信)。(SSKTはSS駒東コースにて解説を実施しております)

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る