【入試速報】2020年豊島岡女子学園中(第一回)算数の解説動画と難易度分析・来年度に向けた徹底対策

view数6609

by 村中  公開: 更新:

2020年2月2日は豊島岡女子学園中学の入学試験が行われました。

コベツバでは、2020年の豊島岡中学入試で出題された算数の、算数解説動画・所感・難易度分析を公開しております

また、合わせて2020年度の入試を受けて、来年度の受験生に向けて、豊島岡女子学園中学の入試傾向を徹底的なデータ分析から把握し、合否を分ける単元・対策法を掲載しております。豊島岡女子学園中学を志望していらっしゃるご家庭の保護者様・お子様は是非ご覧ください。

1: 2020年豊島岡女子学園中学入試問題(算数)の問題/解答/解説速報

1-0: 2020年豊島岡女子学園中学入試の算数問題&解答PDF

問題PDF
解答PDF

1-1: 2020年豊島岡女子学園中学入試の所感

 

全体感としては例年以上にレベルA(=基礎レベル)の量が少なくレベルB(=差がつく応用レベル)の問題が多かった印象です。それ故に算数で比較的差がつきやすい問題セットになったと想像します。特に3番から6番の難易度が高くなりました。
3番の速さは、関東圏で出題が低いものの、関西では灘・神戸女学院・甲陽学院での出題がある「差の比例」、5番は思考力「読解」の正確さを試す問題で、結局のところAの和に連動してBの具体的な位置を考える必要がないことが引っかかるポイントであったこと、6番の立体図形もさすが豊島岡の立体と思う断面図を自分で設定させて平面図形に帰着するという流れの発展的問題でした。
どれも出来不出来が分かれやすい設定に作られており、大問3問ともがこのようなケースだったことは非常に珍しく感じました。今後、豊島岡がこのレベルを引き続き出していくのかは注視しておきたいところです。

以下、大問ごとにコメントしておきます。

 

▼大問1番:小問集合

どの問題も典型的な問題で短時間でミスなくできるかが問われました。

▼大問2番(2):桁ごとに調べる

1-2番を通じて出来が分かれる問題は唯一この問題だったかと思います。丁寧に桁ごとに場合分けを行うとともに、3個が入らないように注意を払って進める必要があり極めてミスを誘いやすい作りになっている問題でした。

▼大問3番:差の比例

関東ではほとんど出題がない技術である「差の比例」。目にする機会が少ない為、面食らった人が多かったのではないかと想像します。ただし、差の比例とN回目を組み合わせた「N回目に出会う」という技術の前提となるものとして使う機会があり、そこで丁寧に学んだ人はクリアできたのかもしれません。豊島岡の先生がいかに勉強熱心かを示すそんな問題でした。

▼大問4番:割合の平面図形

難易度が上がった中盤から後半戦の中での中休み的な大問です。豊島岡は立体図形の難易度が高い反面、平面図形についてはそこまでレベルの高い問題は配置されていないことは今年も同じ。中チョウチョ補助線から等高図形→隣辺比という典型的な流れでおしまいです。ここは(2)まで含めて正解したい。

▼大問5番:思考力「読解」

Bの動きについて紛らわしいため、丁寧な読解が必要と判断して、通常以上に解像度をあげて文章を読んで定義をグリップする必要がある問題でした。結局、Bの動きはA次第で完全に確定してしまい、大きくAが通り過ぎる時もBは1歩ずつ歩みを進めることを握れるかがポイントでした。

▼大問6番:断面図の設定

豊島岡の立体は同一論点の出題が少なくバラエティが豊富で、かつ他校でもあまり見ない応用問題を出題する傾向がありますが、今年もその傾向を踏襲してきました。ただ、一段引いて見ると「投影図」「断面図」の設定はこれまで複数回に渡って出題されており、立体を精緻に把握する際に「断面図」「投影図」を使わせることは学校のテーマであることが伺える問題だったと言えます。ポイントさえつかむことができれば答えまでの距離は遠くないことも例年通り。豊島の立体を攻略するためには、頻出テーマと幅広く技術を身につけ、経験を積んでいくことが重要であると言えます。

1-2: 2020年豊島岡女子学園中学入試の難易度分析

豊島岡女子学園中学校の全体感・分析表

1-3: 2020年豊島岡女子学園中学入試の算数解説動画

今回の記事では、2/2実施の2020年豊島岡女子学園中の入試算数の問題から、大問3番の解説動画を配信いたします。

大問3番:

 

2: 豊島岡中学入試の基本データ

2-1: 豊島岡中学の偏差値(サピックス・日能研・四谷大塚)

以下が豊島岡中学校の偏差値(80%合格ライン偏差値)です。

80%偏差値
サピックス 60
四谷大塚 70
日能研 67

2-2: 豊島岡中学 受験者数・受験倍率推移

以下の表が近年の受験者数・受験倍率推移です。

倍率(2月2日)の推移

受験者合格者倍率
2020---
2019 1000 393 2.5
2018 1018 396 2.6
2017 999 397 2.5
2016 1009 403 2.5

豊島岡は毎年、補欠合格が40名ほど出ており、第1〜3回通して20〜25名出ています。

2-3: 豊島岡中学 合格最低点・受験者平均点・合格者平均点

以下の表が合格最低点等とその得点率を示したものです。

2月2日(4科目)

4科目

合格最低点合格者平均点受験者平均
2020---
過去5年間
の平均
201.2(67%) 211.3(70%) 185.4(62%)
2019 205 219.49 193.57
2018 207 225.8 196.7
2017 205.2 187 175.3
2016 202 220.9 189.7
2015 187 203.3 171.9

豊島岡は毎年、補欠合格が40名ほど出ており、第1〜3回通して繰り上がり合格者が20〜25名いらっしゃいます。

3: 豊島岡中学志望者向け 2021年入試に向けた対策

「全く知らないポイント」を使う問題は少なく(あったにせよ、他受験生も解けない)、あくまでも一度はどこかで触れてきたポイントの習熟度で差がつく問題が多いのが豊島岡です。

▼平面図形、文章題、速さについては、頻出技術を使う応用性のある問題に対して対応できるようにすること

▼立体図形については、発展的論点まで一通り拡充して(なんとかであったとしても)使える状態まで到達すること


が、ライバルを上回っていく為に重要なこととなります。

4: 豊島岡女子学園中学の出題傾向(過去10年の過去問よりデータ分析)

まずこちらが豊島岡の分野別配点率になります。

分野別配点率 分野別配点率

他最難関校に比べて比較的満遍なく出題されているものの、その中でも「立体図形」が傑出しており、14.3%です。また「場合の数」「平面図形(割合なし)」はほとんど出題されていません。

分野別配点率



同じく女子最難関の桜蔭と比較すると桜蔭で頻出の「論理推理」「水と水グラフ」が豊島岡では低くなっており、逆に桜蔭でほとんど出題されない「文章題」「平面図形」の割合が高くなっていることがわかります。

次に豊島岡のレベル別配点率を見てみましょう。

レベル別配点率

レベルAが61%以上と多くの割合を占め、これは他最難関に比べて大変高い割合です。(同じく比較的難易度が低いと言われる女子学院は55%です)。受験者平均が例年60%前後であることから合格するのであればレベルAは全問正解する必要があり、ここではあまり差がついていないことが伺えます。合格者平均は毎年65%〜75%程度であることから、レベルA全問とレベルB(32.2%)のうち約3分の1の10%を得点できれば70%と合格ボーダーライン、レベルBの半分を得点できれば、76%と合格者平均をわずかに超えるレベルまで到達することができます。

最後に、豊島岡のレベル別×分野別の配点から対策効果の高い単元を洗い出します。

レベルA頻出単元

四則演算を除くと、「文章題(割合有・無)・速さ・数の性質・立体図形」で全体の半分以上になります。

レベルA分野別配点率

レベルB頻出単元

レベルAでは6位であった立体図形が一転して1位の18.4%、レベルAではごく僅かであった「論理・推理」が2位の13.1%、その次に規則性が並ぶ形となっており、レベルAとは随分順位が入れ替わっています。

レベルB分野別配点率

レベルC頻出単元

レベルBよりさらに割合が増えた「立体図形」27.7%、とレベルBでは押され気味出会った「数の性質」が18.5%。つ双方ともレベルABのどちらかでは頻出であるため、単元ごと捨てることはできないものの、問題の取捨選択の際にはレベルCDの問題の大半はこの分野であると覚えておくことが重要です。

レベルC分野別配点率

豊島岡に合格するにあたって対策の効果が高い分野

1:文章題(割合有)・速さ

双方ともレベルAで頻出であり、かつレベルBCでの出題率は低いため、必ず押さえておくべき分野になります。

このレベルであればテキストで十分対応できるはずですが、幅広く論点を押さえておく必要が有りまた迷っている時間があるとその時点で他のレベルBに時間を使えないため、苦手意識があるものはテキストをもう一度おさらいして瞬時に開放が思い浮かぶようにしておきましょう。

2:立体図形

レベルABCのどれも大きな割合を占めていますが、通常大問1つの後半の小問に出現するレベルCのものを回避する判断さえできれば十分な得点源となるでしょう。近年の最難関立体図形の難化の流れは豊島岡も例外ではないことが伺えます。

 

以上です。

記事は参考になりましたか?

 平均評価:
4.74
/5
 総人数:
286


新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る