【4年生:NO20和差算とやりとり算 解説動画付】今週の学びの話をしよう

view数1103

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

「今週の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて解説をお伝えいたします。『StandBy』サービスが提供する「解説動画」の一部を公開させて頂きます。

『StandBy』にご登録頂けますと、サピックス算数テキストであるデイリーサピックスのNo20の全問解説・ポイント動画・類題解説が全てご覧いただけます。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

夏期講習明けのNO20は「和差算とやりとり算」です。

今回の「和差算とやりとり算」では、特に新しく「やりとり算」を学びます。

特に「やりとり算」については5年生で「比・割合」を学習してから、一気に文章題の中心的な分野になってくることもあり、ここでは来年になった時に困らない整理方法・考え方を意識して身につけてもらうことが重要です。

サピックス算数教材:デイリーサピックス[p13 1番(応用問題に挑戦)]問題解説

今回の学習で最も重要なことは、

■線分図から離れて、「→」で表現・整理できるようになること
(勿論、線分図も「ある状態の差」を検討する際に、部分的に使います。)
■「和に注目」「差に注目」という思考の鍵を丁寧に押さえること
(高学年帯で「和一定」「差一定」ということで接続していきます。)

の2つです。

5年生は勿論、6年生になってもそれまで使い続けてきた(と、いうよりも初めて算数に触れた時に学ぶことが多い「線分図」という1つの技に固執したまま、新しい技術に対応・進化できない子供達を非常に多く見ます。

・変化を表現する時は→で縦方向(または横方向)に整理、に向いている
・ある時点での差を知りたい時に、線分図や数直線を使う


という使い分けを行えるようになることが本来のゴールですが、そこまで行かずとも、

「整理=なんでも線分図」という短絡的な覚え方をしないように、新しい方法を学ぶ姿勢を持って取り組んでもらうと良いでしょう。それが、今後の学習に必ず繋がってきます。

余談ですが、5年生以降に成績急落者が多い理由の一つは、確かに技術を一気に学習するカリキュラムの問題もあるのですが、低学年帯の技術を繰り返しすぎることで、そこに子供達が最適化されてしまい、本当の意味で身につけなくてはならない入試算数の技術習得を阻害していることも原因になっているのだとも考えています。

 

なお、『StandBy』にてこれらのポイントを含む「全問解説・ポイント動画・類題解説」を公開しております。

 

以上です。

今週の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
記事

サピックス4年生 11月マンスリー確認テスト対策・平均点・動画解説・分析(11月8・12日実施)

view数15482

by 村中 

サピックス4年生、11月マンスリーテストの解説動画/難易度表を配信しております。

記事

お子様のケアレスミスが急増!原因と対策(サピックス5年10月〜6年4月はミス警報発令)

view数1580

by 村中 

子ども達の中で、この時期に一体何が起こっているかを説明した上で、ケアレスミスの対策として今後どのように対策していくべきか、またそれによって昨日のサピックスオープン、一昨日のマンスリーも各論点を「理解できているかどうか」を得点や偏差値から判断できない中、この時期の得点や偏差値ベースだけで志望校判定を行なっていくことの危険性についても触れていきたいと思います。

記事

サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説サービス『StandBy(スタンバイ)』を始動

view数9486

by 村中 

プロ家庭教師として、数多くのサピックス(SAPIX)生を指導して来ました。関東、関西を飛び回り指導をし続け、空いた時間で電話やメールの相談を行い、勉強の戦略や計画を練ってアドバイスを行なったり、本人への動機付け面談を行っていく生活の中で、もっともっと時間があれば、困っているお子様やご家庭の力になることができるのに、という強い想いがありました。

新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る