【6年生:NO22和差に関する問題(1) 解説動画付】今週の学びの話をしよう

view数493

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

「今週の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて、参考になる情報を提供致します。

『StandBy』サービスが提供する「重要ポイント動画」や「解説動画」の一部を公開させて頂きます。ご登録頂けますと、サピックス算数テキストであるデイリーサポートのNo22の全問解説・ポイント動画・類題動画が全てご覧いただけます。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

 

NO22は「和差に関する問題」です。

今回の「和差に関する問題」は、復習中心、一部思考力系の応用問題が含まれたNOとなります。C-4は武蔵、D-2は灘、D-3は関西の難関校の思考力問題ですので、志望者or上位帯以外は取り組まれなくとも構いません。

重要なポイントは以下の通りです。

1: 全員共通で学習すべきもの

得点表(A-4、B-4)

内訳を書いて「二通りの作り方」がある場所に注意、というのが鉄則です。
B-4は全部が一通りしかない珍しい問題です。

サピックス算数教材:デイリーサポート[B-4(集合算(1))]問題解説

平均の面積図(B-2、D-1)

D-1の3つの場合まではどのクラス帯でも使えるようにしておきましょう。ここはDでも是非取り組みましょう。

じゃんけんの和差注目(B-3)

これは思考力問題ではありませんよ、というじゃんけんの和差注目。
技術としていつでも使えるようになりましょう。頻出です。

最大最小の〇×解法(C-1)

3つの最大最小かと思いきや、2つずつなので易しいです。相関表ではなく一手目から取り出して使えるようになりましょう。

和差の奇偶一致(C-3、E-1)

4つの整数から、2つずつの和のパターンです。即座に整理して使えるようにしておきましょう。E-1のように和が等しい場合は、A+D=B+Cの時しかありません。

3つのつるかめ(C-2)

不定方程式との違いまで含めて、適切に解法を選択できるようになっておきましょう。

参考記事

「つるかめ」vs「不定方程式」どっち?
「つるかめ」vs「不定方程式」どっち?

 

2: 上位帯が学習すべきもの

3つの不定方程式(E-3)

整理して不定方程式であることに気付いて、

1: 1つ消去する
2: 2つの不定方程式に持ち込む
3: 3つの和の範囲で絞る

という手順で進めます。

1で消去する際に少し工夫が必要です。

三つのうちどれに揃えるかですが、あくまでも「いつもの不定方程式の形」に持ち込むように、整数倍する式の「●倍」が最小か最大になるようにしておくと良いでしょう。真ん中で揃えると「いつもと違う形の不定方程式」が出現してしまい、それはそれで解けるのですが、練習量が少ない為、詰まってしまうからです。

3: 今週の立体切断(三角柱の切断)

・平行な面の切り口は平行
・平均の策


の使い方に慣れましょう。三角柱の切断は決して難しくありません。

なお、『StandBy』にてこれらのポイントを含む「全問解説・ポイント動画・類題動画」を公開しております。

今週の重要ポイントまとめ

1: 得点表(A-4、B-4)…デイリーサピックス「集合算(1)」に対応

2: 平均の面積図(B-2、D-1)…デイリーサピックス「平均算(2)」「平均算(3)」に対応

3: 最大最小の〇×解法(C-1)…デイリーサピックス「集合算(2)」に対応

4: 3つのつるかめ(C-2)…デイリーサピックス「つるかめ算(2)」に対応

5: 3つの不定方程式(E-3)…デイリーサピックス「つるかめ算(4)」に対応

6: 平行な面の切り口は平行・平均の策(三角柱の切断)…今週の立体切断1番、2番に対応

以上です。

今週の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る