【4年生:夏期講習NO10立体図形(2) 解説動画付】今回の学びの話をしよう

view数257

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

「今回の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて解説をお伝えいたします。『StandBy』サービスが提供する「重要ポイント動画」や「解説動画」の一部を公開させて頂きます。

『StandBy』にご登録頂けますと、サピックス算数テキストであるサマーサピックスのNo10の全問解説・ポイント動画・類題解説が全てご覧いただけます。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

夏期講習NO10は「立体図形(2)」です。

今回の「立体図形(2)」は、直方体・立方体の体積で、算数の世界では大きく「柱体」として捉えることができる図形の体積を学びます。

「柱体」は、「底面積がずっと向こうに続いている立体」として理解してもらうことが重要です。その結果、「柱体」の性質を活かして、今回の「体積」もそうですが、ゆくゆく学ぶことになる「表面積」でも手間をかけずに計算することができます。高学年算数の問題では「柱体だと判断できるかどうか」で、答えの到達速度が大きく変わってしまうことも非常に多く、差がつくポイントです。

ここでは、立方体・直方体の体積と言えば「ただ単に三つの辺をかける」で留まらず、
柱体の体積を求める手順である「底面積×高さ」を丁寧に学習してもらう機会にしてもらいたいです。

特にp11ページの問題において、「平面で捉えて底面積を求めてから、高さをかける」と言う手順を意識して求めにいくと良いでしょう。

サピックス算数教材:サマーサピックス[p11 1番(体積③)]問題解説

 

今回の重要ポイント

1: 柱体の体積:p3 1番&2番、p5 1番&2番、p7 1番、p11 1番&2番、p13 1番、解答解説p10 入試問題に挑戦…サマーサピックス「立方体・直方体①」「立方体・直方体②」「立方体・直方体③」「体積③」「応用問題に挑戦」に対応

 

以上です。

今回の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る