【6年生:夏期講習NO13図形の移動 解説動画付】今回の学びの話をしよう

view数411

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

「今回の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて、参考になる情報を提供させて頂きます。

『StandBy』サービスが提供する「重要ポイント動画」や「解説動画」の一部を公開しております。ご登録頂けますと、サピックス算数テキストであるサマーサポートのNo13の全問解説・ポイント動画が全てご覧いただけます。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

 

夏期講習NO13は「図形の移動」です。

今回の「図形の移動」は、復習も多く標準的なレベルで構成されており、クラス帯によらず「難易度の高い夏期講習」ではなく、「6年生前期のデイリーサポートと同じ」と言う認識で多くの問題をこなして頂きたい(かつ、それが可能)な単元となります。

また、新しいポイントとしても「円の回転数=中心の移動距離÷円周」「円の周りを円が転がる」「扇形の周りを扇形が転がる(こちらは応用)」を学びます。特に前の2つは出題頻度も高い為、確実な習得が求められます。

重要なポイントは以下の通りです。

1: 円の転がり移動の作図:A-1、B-1、C-4、D-1

5年生から学習してきた内容の復習で、確実に押さえる必要があります。
別解の「センターライン×直径」を使う場合は、「引き忘れ」にも注意しましょう。

サピックス算数教材:サマーサポート[D-1(円がころがる(2))]問題解説

(1)

(2)

 

2: 扇形の転がり移動:B-3、C-2、C-3

サピックスのテキストでは掲載頻度が少ない扇形の転がりですが、こちらも確実な習得が求められます。弧の部分が転がる場合、中心の軌跡は直線になり、その長さは弧の長さと等しくなります。前後の状態の作図まで含めてできるようにしておきましょう。

 

3: 円の回転数=中心の移動距離÷円周:C-4、D-2、E-2、E-3

有名どころだと、今年の女子学院で出題されておりますが、学校レベルによらず出題されています。公式自体をいつでも自分で思い出せるようにしておきましょう。テキストのEについても決して難しくありません。

 

4: 円の周りを円が転がる:E-2

有名なポイントになり解法を知っているかどうかで決まるものです。テキストでは回転数と絡めたE-2しかありませんが、頻繁に見かけますので、しっかりと押さえておきましょう。

 

なお、『StandBy』にてこれらのポイントを含む「全問解説・ポイント動画」を公開しております。また、時間が無くても最低限取り組むべき問題が分かるポイント表もございます。

 

今回の重要ポイントまとめ

1: 円の転がり移動の作図:A-1、B-1、C-4、D-1…サマーサピックス「円がころがる(1)(2)」に対応

2: 扇形の転がり移動:B-3、C-2、C-3…サマーサピックス「おうぎ形がころがる(1)」「おうぎ形がころがる(2)」に対応

3: 円の回転数=中心の移動距離÷円周:C-4、D-2、E-2、E-3…サマーサピックス「円がころがる(2)(3)(4)」に対応

4: 円の周りを円が転がる:E-2…サマーサピックス「円がころがる(4)」に対応

 

以上です。

今回の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
記事

『女子学院中学入試の解体新書(2019年版)』女子学院の算数対策の全貌【過去問10年動画解説つき】

view数6158

by 村中 

データから女子学院中学入試を徹底分析の上、難化傾向の検証を行い、志望者のご家庭が知っておくべき算数の対策していくべきか、を解説します。

記事

【サンデーサピックス(SS)特訓】志望校別SSの概要と単科講座(思考力/解法力)の選択基準・取り組み方

view数11699

by 村中 

9月から始まるサンデーサピックス志望校別/SS単科の概要をお伝えさせて頂きます。また、SS単科については内容を分析の上、お子様の学習状態、志望校に応じてどちらを受講し、どの問題に取り組むべきか、適切な情報をご提供させて頂きます。

記事

サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説サービス『StandBy(スタンバイ)』を始動

view数8374

by 村中 

プロ家庭教師として、数多くのサピックス(SAPIX)生を指導して来ました。関東、関西を飛び回り指導をし続け、空いた時間で電話やメールの相談を行い、勉強の戦略や計画を練ってアドバイスを行なったり、本人への動機付け面談を行っていく生活の中で、もっともっと時間があれば、困っているお子様やご家庭の力になることができるのに、という強い想いがありました。

新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る