四谷大塚5年生 第1回志望校判定テスト 算数動画解説・難易度分析(21年9月26日実施)

2021年9月26日実施、四谷大塚5年生 第1回志望校判定テストの算数解説・難易度・所感を公開中です。

1: 第1回志望校判定テストの所感・難易度分析

5年生、第1回志望校判定テストでした。
全体感としてはレベルAが約7割、残りがレベル Bという標準的な構成となりました。
また、大問5番までが基礎技術を問う問題、大問6番・大問7番が応用技術を問う問題、大問8番が思考力問題という構成になりました。
出題されている技術は5年生前半までで学習した内容でほぼ網羅されていましたので、出来なかった問題については対応している技術とそれを用いる類題で復習を行って身につけた上で次に進んで欲しいと思います。
尚、大問8番の思考力問題ですが、丁寧に整理することが出来れば答えが1つに決まるという比較的解きやすい綺麗な問題でした。

以下、レベルB以上の問題に対してコメントしておきます。

■2番(7):角度の和の利用、外角定理

角度の応用技術である「和の利用」ですが、これは典型問題なのでこのポイント自体を学習したことがあれば出来て欲しい問題でした。
同じ記号が複数ある角度問題に出会った際に「和の利用」を疑えるようになっておきましょう。

■2番(8):残りの→二段線分図

残りの何分の何、という表現があるので二段・三段線分図で構えにいきます。
やや厄介なのは初めの量に二回割合がかかることですが、2回目の段階で置き直すことが出来ればあとは丁寧に処理するだけの問題です。

■6番:半分パズル、全体から引く

近年、最難関校・難関校で非常によく見かける「半分パズル」を題材にした問題でした。
こちらも「長方形や平行四辺形の中に一点に結ばれている面積」を扱っているということで、すぐにポイントを想起出来ればそこでほぼ終わる問題でした。

■7番(2)(3):イチイチ問題、(2)の利用

やや難問だったと思います。
通常のイチイチ問題は直線を進むケースですが、ここでは曲線を進む場合を考えます。
それでも実は考え方は同じで「直線だったらどうかな」と考えてから、「直線に対応する曲線の道」が複数あることに気づくことが出来ればクリアできた問題でした。
また、(3)は(2)を利用すれば簡単に解くことができる綺麗な設定の問題でもありました。

■8番(2)(3):整理、和に注目、和の大小関係に注目

思考力「読解」「整理」を問う問題でした。
丁寧に整理していくことさえ出来れば、どの小問も答えが1つに固まって、何パターンかを試す必要がない為、比較的解きやすい部類に入る思考力問題だったかと思います。
また、整理能力は一朝一夕には身につきませんので、毎週の学習の中で思考力問題に触れる機会を持っておくと良いでしょう。

2: 第1回志望校判定テストの算数解説動画

今回の記事では、9/26実施の四谷大塚5年生 第1回志望校判定テストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、6〜8番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。

StandByメンバー様用 5年生第1回志望校判定テスト全問解説はこちら    

   
   
四谷大塚算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) for 予習シリーズ 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

2番(4)

 

2番(5)

 

2番(6)

 

2番(7)

 

2番(8)

 

3番

 

4番

 

5番

 

6〜8番

StandByメンバー様用 5年生第1回志望校判定テスト全問解説はこちら

コベツバでは、「中学受験算数で必要になる土台となる技術を体系的に復習したい」「(難関入試に必要とされる)思考力を伸ばしていきたい」というお子様に向けて、コベツバWeb授業を配信しております。

分野別に分かれた教材・確認テスト(順位・表彰付き)や、毎週2問ずつ思考力を求められるテストを配信しております。

コベツバweb授業|無料動画参考書 〜中学受験算数の全てを分かりやすく〜    

コベツバWeb授業の使い方につきましては、以下の記事をご参考下さい。

関連記事

この記事は、コベツバのオリジナル動画教材「コベツバweb授業」の特徴や活用方法、実際の利用プランを学年や時期別にご紹介してまいります。今回は「コベツバweb授業」の中で技術を学ぶ「分野別教材」に絞ったお話をさせていただきますが、思[…]