早稲田中学 入試問題(過去問)の動画解説と傾向分析-2019年算数-

view数284

by 村中  公開: 更新:

ここでは、2019年に行われた早稲田中学の入試問題(過去問)の傾向を分析し、来年以降の志望者に向けた対策の大まかな方向性を示していくことで、第一志望のお子様・保護者様が適切に対策の方向性を理解できるようにして頂くことを目的にしております。

 

中学受験コベツバでは、サピックス算数テキストの全問動画解説+ポイント動画+オリジナル類題サービス『StandBy(スタンバイ)』を提供させていただいております。

『StandBy』は、毎回のNoのテキスト全問解説・オリジナル類題・ポイント動画や、マンスリーテスト対策などを配信しているサービスです。開始から半年足らずで、「ライバルである同級生には絶対勧めたくない」率が60%以上のサピックス生の隠れた家庭学習の友になりつつあります。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

1: 早稲田中学の入試(過去問)の全体感

まずは、2019年の早稲田中学で出題された算数入試問題(過去問)の分析表をご確認ください。

全体感・分析表

レベルAのボリュームが比較的少なく、レベルBのボリュームが多い為、得点できた人とそうでない人の差が開くタイプの入試になったかと思います。合格最低点は6割ですので、レベルAの取りこぼしを最小に抑えることと、レベルBの問題でどれだけ得点できたかで合否が決したと言っていいだろうと思います。

その上で、レベルBの論点を見ていくと、「応用レベルではあるもののテキストに掲載されている問題・論点」が中心であり、やや解きにくかった問題は1番(3)と5番(2)②を含め、どこまで課題として出されている論点を身につけて入試に臨むことができたかで勝負が決まっていたのだろうと推測します。

得点差が開いたであろう大問3-5番について以下に記載しておきます。

 

1: 3番→反対購入、3つの不定方程式

(1)で反対購入、(2)(3)で3つの不定方程式という綺麗な構成で、それぞれのポイントはほとんどの大手塾の中で学習しテストされ、手の内に入れる機会がたくさんあったであろうと想像します。ただ、それでも正答率に差がつきやすく、入試までの間に踏ん張って自分のものにした子供達が正答した大問であっただろうと想像します。

2: 4番→時間一定・距離一定・歩数×歩幅=速さのの比の比

兄の歩数から時間の比に持ち込むことができるかが(1)です。その後の(2)(3)は、キョリ一定→歩数×歩幅とお決まりの形です。これも各塾のテキストで学習するものの、その中では確かにやや難しい論点として習います。その時に頑張って自分のものにできたかどうかで勝負が分かれたのは上と全く同様です。

3: 5番→相→体、1:1:2有名三角すい

切断自体は非常に易しいものでしたが、(2)②の切り口の面積として、展開図が正方形になる「1:1:2有名三角すい」を想像できたかで勝負がつくものでした。過去には女子学院、2019年は聖光学院でも同じポイントの出題があり、大きなトレンドですのでここは指導者側・塾側の対策で差が出たかもしれません。

 

2: 2019年早稲田中学入試(過去問)算数問題ごとの解説動画

大問1番:

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

大問2番:

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

大問3番:

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

大問4番:

4番(1)(2)

 

4番(3)

 

大問5番:

5番(1)

 

5番(2)

 

3: 早稲田中学の志望者に向けた入試対策の方向性

全体感のところで、記載させて頂いた

1: テキスト基礎レベルで失点しない
2: テキスト応用レベルまでの技術習得を徹底する

の、2点が重要です。

 

1: テキスト基礎レベルで失点しない

ほぼ同程度の学力の子供達同士の戦いになることから、表のAレベルでの失点があるとそもそも土俵にのれないことになります。従って、基礎レベルでの失点を最小限に抑えるのは合格のための最低条件になります。各塾のテキスト基礎レベルでは絶対に穴を作らない、秋以降は穴を一つ一つ潰し続けていく学習を心がけることが重要です。

2: テキスト応用レベルまでの技術習得を徹底する

2019年の「3つの不定方程式」や「歩数×歩幅を活用した速さ」や「1:1:2有名三角すい」が該当するものです。

早稲田中学を志望する子供達が学習していく各塾のテキストでは、6年生も中盤になってくるとかなり難易度が上がってくる印象があります。そこで踏ん張って、「ここまでで良いか」と諦めず、一つでも応用的な技術を自分のものにしていく努力が本当に重要です。そういった毎週の努力が報われやすい問題構成をしていると言えるからです。

 

以上です。

今回は早稲田中学2019年の入試(過去問)分析でした。
来年度以降の志望の方にとって、少しでも今後の算数の学習のご参考になれば幸いです。

中学受験コベツバは、早稲田中学志望の小学生とその保護者様をエンパワーし続けられる存在になるべく引き続き頑張って参ります。

 

記事は参考になりましたか?

 平均評価:
4.47
/5
 総人数:
126


新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る