【入試速報】2020年雙葉中学算数の解説動画と難易度分析・来年度に向けた徹底対策

view数2773

by 村中  公開: 更新:

2020年2月1日に雙葉中学の入学試験が行われました。

コベツバでは、2020年の雙葉中学入試で出題された算数の、解説動画・所感・難易度分析を公開しております。

また、合わせて2020年度の入試を受けて、来年度の受験生に向けて、雙葉中学の入試傾向をデータ分析から把握し、合否を分ける単元・対策法を2月中に掲載予定でございます。雙葉中学を志望していらっしゃるご家庭の保護者様・お子様は是非ご覧ください。

1: 2020年雙葉中学入試問題(算数)の問題/解答/解説

1-0: 2020年雙葉中学入試の算数問題&解答PDF

問題PDF
解答PDF

1-1: 2020年雙葉中学入試の所感

 

全体感としては、レベルAが約70%と得点しやすい問題の多い易し目の年度になりました。ただしレベルAであっても答えを緻密に合わせにいく必要のある問題も多く、学校側の正確性や緻密さへの要求は最低限クリアする必要があります。
また、傾向としては昨年に引き続き多角形と求積が出題されており、この傾向に合わせた形での対策を行っていくと良いかもしれません。後半の一見規則性のように見える数の性質の4番、速さの5番共に煩雑なものをいかに整理して答えを合わせに行くことができるのか、は単元によらない一貫したテーマであり学校別対策や過去問を通じて特に意識して対策して行くことが望まれます。

以下、3番以降の大問にコメントしておきます。

 

▼大問3番:対称性の利用→等積変形

正多角形には対称性がありそれを活かして等積変形という綺麗な出題の(2)でした。正多角形の中でも頻出の正六角形を避けた形での多角形の出題が続いており、来年度も出題されるとは言い難いものの対策を行う必要性を感じる問題でした。

▼大問4番:既約分数・連続整数と割れる回数

(1)(2)は論点としては非常に易しいものの、(2)は分母2の場合の引き忘れでミスを誘う構成になっていたかと思います。また、難問の(3)ですが分母が10個程度なので調べるという選択が取れることと、調べ方を工夫できるかどうか、正確に合わせられるかどうかを問う問題でした。

▼大問5番:キョリ一定・ダイヤグラムのキョリ一定

線分図でのキョリ一定から入って、(2)は丁寧な整理を要求し、最後に出発到着バラバラの出会いというオチの問題でした。(3)は桜蔭の1つのテーマとなっている論点で、線分図でも解くことができますが今年の女子学院でも同じく「問題文中にグラフがないものの、ダイヤグラムを書く選択をすれば早い」問題が出題されており、今後についてはダイヤグラムの対策武装を行っておくのが良いでしょう。

1-2: 2020年雙葉中学入試の難易度分析

雙葉中学校の全体感・分析表

1-3: 2020年雙葉中学入試の算数解説動画

今回の記事では、2/1実施の2020年雙葉中学の入試算数の問題から、大問4番の解説動画を配信いたします。

大問4番:

 

2: 雙葉中学入試の基本データ

2-1: 雙葉中学の偏差値(サピックス・日能研・四谷大塚)

以下が雙葉中学校の偏差値(80%合格ライン偏差値)です。

80%偏差値
サピックス 58
四谷大塚 67
日能研 64

2-2: 雙葉中学 受験者数・受験倍率推移

以下の表が近年の受験者数・受験倍率推移です。

受験者合格者倍率
2020---
2019 339 127 2.7
2018 299 120 2.5
2017 352 119 3.0
2016 345 116 3.0

2-3: 雙葉中学 合格最低点・受験者平均点・合格者平均点

雙葉中学は残念ながら、合格最低点・平均点を公開しておりません。

3: 雙葉中学志望者向け 2021年入試に向けた対策

以下は、2019年の入試傾向を踏まえて記載している来年度に向けた対策となります。2020年度の入試を踏まえ、2月中に、加筆・修正を行い、公開予定となっております。

例年同様ですが、全体感のところで、記載させて頂いた

1: 基礎的な知識・技術
2: ミスをしない正確さ
3: 難関校頻出の応用的技術

の、三点が非常に重要です。

 

1: 基礎的な知識・技術

例年6割程度までは、ほぼ基礎的な知識・技術の出題です。合格点が約7割程度と比較的高得点が要求されることから、ここで落としてしまうとライバルに大きな差をつけられてしまいます。基本・基礎を徹底してようやく勝負できる土俵に乗ることができると認識すべき学校です。

2: ミスをしない正確さ

2019年の雙葉入試は聞き方がやや意地悪な読解部分でミスを誘う問題でしたが、細かな計算が要求されるなどミスを誘発する問題を出題してくる傾向があります。また、1問あたりの配点も高いことから、ミスが命取りになりますので、計算ミス、読み違い、読み落としなどミス対策を万全にして臨む必要があります。

3: 難関校頻出の応用的技術

他難関・最難関校で出題されている応用的技術のうち「あまりにも難しいもの」以外を、しっかりと習得する必要があります。今年度の「の比の比」は、開成中学で頻出・2019年は他にも聖光学院で出題されており、もはや最難関では挨拶がわり、難関では合否を決める形の位置付けになっています。
こういった応用的技術をいかに自分のものにして行くかが最終的な合否を分けることになりますので、積極的に身につけてもらうと良いでしょう。

4: 雙葉中の出題傾向

まずこちらが雙葉中の分野別配点率になります。

分野別配点率 分野別配点率

「文章題(割合あり)」「規則性」「速さ」で全体の半分弱を占めていることがわかります。また「論理推理」「文章題(割合なし)」「立体図形」はほとんど出題されていません。

次に雙葉中のレベル別配点率を見てみましょう。

レベル別配点率

レベルAが44%、レベルBが34%、合計約78%。合格最低点は非開示であるものの、毎年6〜7割程度と言われていることから、レベルA完答、レベルBを3分の2正解することで合格が確実と言えるでしょう。

最後に、雙葉中のレベル別×分野別の配点から対策効果の高い単元を洗い出します。

レベルA頻出単元

四則演算を除くと、「文章題(割合あり)・数の性質・平面図形(割合あり)」の割合が多くなっています。

レベルA分野別配点率

レベルB頻出単元

レベルAで頻出の「文章題(割合あり)」「平面図形(割合あり)」に加えて、「規則性」「図形・点の移動」「速さ」が上位に食い込んでいます。

レベルB分野別配点率

レベルC頻出単元

「規則性」「文章題(割合あり)」で半数以上になり、特に規則性はレベルB以上で出題が増えてくることから、難問の可能性があると予測して対応する必要があります。

レベルC分野別配点率

雙葉中に合格するにあたって対策の効果が高い単元

1:規則性

近年、女子御三家で持ち回りのように出題されている「ぐるぐるカレンダー」の出題を筆頭に、比較的伝統的な技術と調べ方の工夫で解ける規則性の問題が出題される傾向にあります。雙葉の中では難問が出題される可能性が高いもののとは言え半分程度は解けるはずです。女子御三家の桜蔭の規則性と被りがあることも多いため、取り組んでみても良いでしょう。桜蔭の規則性はほとんどが通常程度の難易度(雙葉のレベルB程度)であるものの、一部桜蔭受験者の中でもほとんどが解けないような難問(レベルCD)があります。これは雙葉では出題可能性がかなり低いですので、それには取り組まなくとも構いません。

2:図形の移動・平面図形(割合あり)

こちらは難問が出題されるケースが少ないため、確実に得点したい分野です。技術難易度は規則性ほど難しくないため、通常授業(サピックスならデイリーサポートやサンデーサピックス(SS単科))のテキストを応用問題まで復習しておきましょう。図形の移動に関しては、解法が限られているため、丁寧に考えることができれば必ず正解出来るはずです。一方平面図形という分野は解法の種類が多く、知っている技術でも「本番緊張の中でパッと解き筋が見えない」ということも発生しがちです。自分が知っていてもなかなか思いつかなかった技術(ポイント)についてはよく復習し、本番解き筋が見えない時に引き出せるようにしておきましょう。

 

以上です。

記事は参考になりましたか?

 平均評価:
4.64
/5
 総人数:
266


新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る