【配信中】サピックス4年生 10月マンスリー確認テスト対策・平均点・動画解説・分析(10月8・9日実施)

view数10464

by 村中  公開: 更新:

日に日に秋の気配が深まってまいりました。

いよいよ4年生も後半戦に突入。
本日は10月マンスリー確認テストが実施されました。
コベツバではいつも通り、当日中に全問解説動画・難易度分析と所感を掲載しております。

今回のテストは範囲となっている単元がそこまで難易度の高いものではないことから、例年算数の平均点が高くなる傾向にあります。4年生のマンスリーは常にそうですが、いつも以上に計算ミスをいかに抑えるか、という勝負になってくることが想定されます。

ケアレスミスの7パターン別対策・ミス制圧までの5ステップ
ケアレスミスの7パターン別対策・ミス制圧までの5ステップ

1: サピックス4年生10月マンスリー確認テストの過去の平均点

例年、4科目平均は310点以上、算数の平均点は90点以上と4年生マンスリー確認テストの中でも平均点が高くなることが多いテストとなっております。
(おそらく範囲に計算が多く含まれているからであろうと推測されます)

2: 4年生後半戦について

4年生後半戦〜高学年でも通用する学習の型とマインドを身につける〜
4年生後半戦〜高学年でも通用する学習の型とマインドを身につける〜

3: サピックス4年生10月マンスリー確認テストの解説動画と難易度表

本日実施された「マンスリー確認テスト」の分析と、それぞれの問題について解説動画を配信致します。

レベルAが105点と、そこまではいつものマンスリーと同じく基本問題をしっかりとミスなく時間内に正解できるかが問われました。そこまでで間違ったものについては丁寧に復習を行いましょう。
また、今回は大問6番・7番に「やりとりフローチャート」「整数の割り算と約数線分図」を使う応用問題が出題されており学習したことはあるものの、経験が少ないこともあり難しかっただろうと想像され、上位陣の中でも正誤が分かれる結果になったかと思います。特に「やりとりフローチャート」は線分図一辺倒の解き方で進んできた子供たちにとっては、手強く感じたことと思いますが、この経験からまた新しい技術を手に入れて欲しいと思います。

とはいえ、それでもこれまでに一度は学習してきた論点であることは事実ですので、レベルBの問題まではしっかりと復習して次に進んでもらうことが重要です。

以下、分析となります。

図1

今回の記事では、10/9実施の10月マンスリー確認テストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、6番、7番,8番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。
StandByメンバー様用10月マンスリー全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

開始から半年で、9割のお客様から『なくてはならない存在』、6割のお客様から『絶対にライバルに紹介したくない』と言うお声を頂いており、サピックス生の隠れた家庭学習の友となっているようです。

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

1番(4)

 

1番(5)

 

1番(6)

 

1番(7)

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

4番(1)

 

4番(2)①

 

4番(2)②

 

4番(2)③

 

4番(3)

 

5番(1)

 

5番(2)

 

5番(3)

 

6番,7番,8番

StandByメンバー様用10月マンスリーテスト全問解説

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る