【6年生:NO14規則性に関する問題 解説動画付】今週の学びの話をしよう

view数534

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

「今週の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて、参考になる情報を提供して行きます。

『StandBy』サービスが提供する「重要ポイント動画」や「解説動画」の一部を公開させて頂きます。ご登録頂けますと、サピックス算数テキストであるデイリーサポートのNo14の全問解説・ポイント動画・類題動画が全てご覧いただけます。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

NO14です。

今回は「規則性」の単元で、新しいポイントもいくつか学ぶものの、ここ数回難易度の高い技術をたくさん習得する必要があった単元が続いたことを考えると、中休み的な単元になります。

新しいポイントとしては、以下の通りです。

1: 1つ飛ばし数列(E-3)

「1つ飛ばし数列」ポイント動画

1つ飛ばしで見ると、二つの数列が交互に並んでいるものです。群数列に直して解くという手順さえ押さえれば、小4小5レベルのものになります。

サピックス算数教材:デイリーサポート[E-3(数列)]問題解説

2: 方陣の列増やし(A-1、B-2、E-1)

「方陣の列増やし」ポイント動画

簡単な作図を行うだけで解くことができます。
決して難しくありませんので、しっかりと身につけてもらいたいと思います。

サピックス算数教材:デイリーサポート[B-2(方陣算(1))]問題解説

3: 三角方陣(A-4、D-4)

稀に入試でも見かける三角方陣ですが、しっかりと性質を身につければ決して怖くありません。これまで身につけてきた「(方陣算の)一辺と周」「(方陣算の)8へるの法則「階差数列」「真ん中平均」と関連性があるものばかりです。

4: 植木算(最小人数をおいて規則性)(B-1)

あまり入試問題では見ないものの、出題された時に面食らってしまうタイプの問題です。最小人数をおいて、「人数」「全長」の関係を出して規則性で解いていく解法になります。

また、上位陣は最難関校が好む「規則性の発見」の練習として、E-2(図形と規則性(2))、E-4(植木算(3))に取り組んで頂くと良いでしょう。

なお、『StandBy』にてこれらの「ポイント動画」を含む「全問解説・ポイント動画・類題動画」を公開しております。

今週の重要ポイントまとめ

1: 1つ飛ばし数列(E-3)…デイリーサピックス「数列」に対応

2: 方陣の列増やし(A-1、B-2、E-1)…デイリーサピックス「方陣算(1)(2)」に対応

3: 三角方陣(A-4、D-4)…デイリーサピックス「図形と規則性(1)」に対応

4: 植木算(最小人数をおいて規則性)(B-1)…デイリーサピックス「植木算(1)」に対応

以上です。

今週の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る