【サピックス5年生】志望校診断サピックスオープン平均点・動画解説・難易度/思考力分析(11月23日実施)

view数6033

by 村中  公開: 更新:

コベツバでは、本日(11月23日)に実施されたサピックス5年生第2回志望校診断サピックスオープンの当日中解説と難易度・求める思考力分析を公開しております。

▼お知らせ
「志望校診断サピックスオープン」の 志望校判定方法、難易度及びABタイプの分析、を紹介しているこちらの記事も併せてご覧ください。

志望校診断サピックスオープン(SO)の概観/分析/対策
【サピックス5年生】志望校診断サピックスオープン(SO)の概観/分析/対策

1: 志望校診断サピックスオープン 平均点

例年、志望校診断サピックスオープン(SO)の平均点は例年210点台〜230点台となっており、通常のマンスリーが280点〜300点、通常の組分けテストが260点〜280点程度であることを考えると、平均点がもっとも低いテストになっております。ところが、今年度の第1回目は平均点が258.3点と例年に比べると遥かに高く、難易度が例年に比べて簡単であったという訳ではないことから、受験者層のレベルの高さを感じる結果となりました。

2: 志望校診断サピックスオープンの全体感

通常のマンスリーや組分けよりも難しく感じたかと思いますが、それでも95点までは「レベルA=学習済の基本レベル」で構成されており、同じく範囲のないテストである組分けテストと変わらないようでした。

まずは、レベルAの問題で基本の抜け漏れや注意深く条件を読解・整理して操作を進めることができるのかを問う問題でした。やはり期間が経って忘れてしまった技術もあるのではないかと思いますので、ここで得点を落としている場合、ケアレスミスの対策武装を見直すことと、丁寧に整理・読解を行うこと、何よりも基本技術の見直しが必要になります。(コベツバでは1月組分けテストに向けてこれまでの学習内容を復習できる教材を配信予定ですので、メンバー様はそちらもご活用くださいませ)

3番(2)は女子学院が好む線対称を利用した問題が出題されました。

4番はアプローチや解法がいくつも存在している為、比較的解きやすかったかもしれません。対称性、正三角形の利用、30°問題、あるいは相似などを使っていくことで答えに到達することができる問題です。

5番は典型的な思考力問題ですが、同じ論点である「1点共有して残りの2個ずつの和が等しい」→「差に注目して数の組合せを選択」で解く問題が(1)②以降、ずっと続いていくので、気付いた人はそのまま最後まで解くことができた反面で、そこに気付けず自由に解きにかかった場合、ハマってしまったのではないかと想像します。通常、このタイプの問題は今回のように「差」だけではなく、「和」にも注目させてエレガントに解くことができる問題も多いのですが、今回の出題は、(1)②の考え方を使って行ってくださいね、と言うことだと解釈します。

6番は2019年に麻布・女子学院で出題された「差のつるかめ」をテーマとした問題です。(1)の誘導が引かれており、差のつるかめ、を意識して使った経験がある人は気づきやすかったのではないかと思います。(3)は倍数条件と(1)で考えた範囲から絞ると言うキレイなオチで、現在の(特に女子)難関校志望の6年生に取り組んで欲しいような問題でした。

以下、技術難易度と求められた思考力要素を分析した表となります。

図1

思考力(Bタイプ)は、5つの要素
・「出来ると信じられるハート」
・「読解力」
・「整理能力」
・「誘導に乗る、解釈する力」
・「推論と検証の力」
にそれぞれ分類し、各問題を評価します(ただし「出来ると信じられるハート」はどの思考力問題でも必要なので省略いたします)

思考力については、学校毎に求められる要素の比重が異なるため、各最難関志望の皆様は以下の表をご参照ください。

求められる思考力の種類:男子校

筑駒 開成 麻布 聖光学院 栄光 早実
出来ると信じられるハート
読解力
整理能力
誘導に乗る、解釈する力
推論と検証の力

求められる思考力の種類:女子校/共学

桜蔭 渋幕 渋々
出来ると信じられるハート
読解力
整理能力
誘導に乗る、解釈する力
推論と検証の力

 

3: 志望校診断サピックスオープン解説動画

今回の記事では、11/23実施の第2回志望校診断サピックスオープンの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、5番、6番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。
StandByメンバー様用第2回志望校診断サピックスオープン解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

開始から半年で、9割のお客様から『なくてはならない存在』、6割のお客様から『絶対にライバルに紹介したくない』と言うお声を頂いており、サピックス生の隠れた家庭学習の友となっているようです。

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

2番(4)

 

2番(5)

 

2番(6)

 

2番(7)

 

2番(8)

 

2番(9)

 

2番(10)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

3番(4)

 

3番(5)

 

4番アイ

 

4番ウエ

 

5番,6番

StandByメンバー様用第2回志望校診断サピックスオープン全問解説

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る