【配信中】サピックス5年生 12月マンスリー確認テスト動画解説・平均点・難易度分析(12月23日実施)

view数17390

by 村中  公開: 更新:

本日12月23日は、5年生最後の12月マンスリー確認テストが実施されました。

コベツバではいつも通り、全問解説動画・難易度分析と所感を掲載しております。

今回は総合単元を含む5回分という比較的広い単元となっており、文章題が3回、通過算が1回、割合の図形と流水算を含む復習の回が1回という構成です。
通過算は得意/不得意が分かれやすい単元であること、また文章題はテキスト改定により去年より1歩、2歩踏み込んだ問題まで掲載されていることが特徴的なテストでした。

またこのテストが終われば次はいよいよ半年ぶりの1月組分けテスト(新学年組分けテスト)です。コベツバでは4〜5年生で習った標準ポイントをできる限り網羅的に復習することができる「復習すべき100問(分野別テスト形式)」と、苦手分野があった際に苦手部分をさらに類題で復習することができる「あなただけの強化特訓」を配信しております。冬期講習前、正月のお休みなどに是非、効率的な総復習の機会としてご活用ください。

【1月組分けに向けた復習の100問配信!】サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策
【1月組分けに向けた復習の100問配信!】サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策

またコベツバでは26日から始まるサピックス4-5年生の冬期講習について以下に学習方法やカリキュラム上の注意点をご紹介しております。

サピックス2019年冬期講習の日程・カリキュラム・学習方法(5年・4年)
サピックス2019年冬期講習の日程・カリキュラム・学習方法(5年・4年)

また今回の12月マンスリー確認テストの全問解説動画を配信中でございますので、ぜひ1週間の無料体験登録の上ご視聴くださいませ。
(12月26日からは冬期講習の解説動画も配信いたします。)

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

開始から半年で、9割のお客様から『なくてはならない存在』、6割のお客様から『絶対にライバルに紹介したくない』と言うお声を頂いており、サピックス生の隠れた家庭学習の友となっているようです。

1: 5年生12月マンスリー確認テストの難易度分析・所感

本日は、冬期講習直前の「マンスリー確認テスト」でした。

全体感としては普段よりも易しくレベルA(=学習済の基本レベル)が75%を占めており、毎週の学習を丁寧に積み上げてきた子どもたちにとっては非常に得点の取りやすい問題になっていたかと思います。1年後は勿論のこと、数ヶ月後には今回のレベルAの問題は基礎トレで出題されていくものになりますし、6年生前半ではこれらの学習内容に更に応用的な論点が積み上がっていくこともある為、論点の抜け漏れは早めに復習して自分のものにしていくことが重要です。

特に注意してほしい基本問題は5番です。今回の5番の問題はどれもレベルA問題ですが、難易度が上がるにつれ苦手意識を持ってしまうお子様も多い問題(割合の文章題)です。
「4年生〜5年生までは、線分図で整理して解く方法」をメインで身につけてきたが故に、逆に線分図以外の解法の習得が進んでいない、ということが大きな理由に挙げられます。

実は、4年生〜5年生までは線分図で整理することが主流ではあるものの、5年生後半〜6年生前半で難易度が上がるにつれて、むしろ線分図以外で解決すべき問題が増えてきます。(そしてサピックスの模範解答も徐々に線分図以外の解法に切り替わります)4年生の記事でも申し上げたことがあるのですが、線分図は大小を比較する際には有用なツールであるものの、やり取りや変化(特に連続した変化)を表現するには限界があり、その際に活躍するのが「→と◯で整理する方法」です。(そしてこれはそのまま割合の文章題の応用ポイント「フローチャート」にも繋がる考え方です)

もし今回の5番の出来が悪かった、または時間がかかってしまった実感のあるお子様は、一度解説動画を視聴のうえ、「どんな時も線分図で解決する構え」ではなく「線分図以外でも解決する方法」を身につけてほしいと思います。

また、6番(2)や7番(2)のように、レベルBの問題の中でもただ単に煩雑にしただけではない問題も出題されていました。これらの問題は「着眼点」を変えるだけで「よく知っているパターン」に持ち込めて処理できる問題であり、こういった着眼点を幅広く持つことが難関校志望者にとっては重要になってくることも付け加えておきます。

図1

2: 5年生12月マンスリー確認テスト過去の平均点

4科目の平均点は280〜295点、算数の平均点は80点〜90点の中に収まることがほとんどです。

算数に関しては、和差算や通過算といった一般的に躓きが多い難しい分野があるものの、割合の文章題や平面図形は比較的得点しやすい分野であることから、取り立てて5年生のマンスリー平均点と違いはありません。今年は、特にテキストと類似する簡単な問題が多かった印象であり、比較的高い得点になるのではないかと思います。

3: 5年生12月マンスリー確認テストの解説動画

今回の記事では、12/23実施の12月マンスリー確認テストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、6番、7番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。
StandByメンバー様用12月マンスリー全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

1番(4)

 

1番(5)

 

1番(6)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

3番(4)

 

4番(1)

 

4番(2)

 

4番(3)

 

4番(4)

 

4番(4)別解

 

5番(1)

 

5番(2)

 

5番(3)

 

5番(4)

 

5番(5)

 

6番,7番

StandByメンバー様用12月マンスリーテスト全問解説

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る