【4年生:NO7図形のせいしつ 解説動画付】今週の学びの話をしよう

view数2079

by 村中  公開: 更新:

「今週の学びの話をしよう」では、毎回の算数学習単元での重要ポイントについて、参考になる情報を提供致します。

『StandBy』サービスが提供する「重要ポイント動画」や「解説動画」の一部を公開いたします。ご登録頂きますと、サピックス算数テキストであるデイリーサポートのNo7の全問解説・ポイント動画・類題動画が全てご覧いただけます。Aテキストも「応用問題に挑戦」「頭脳トレーニング」につきましては配信を行っておりますので、どうぞご活用ください。

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

▼新4年生に向けたお知らせ

サピックス新4年生『受験の1段目を固める1年間の旅』-カリキュラム分析・毎週の進め方
サピックス新4年生『受験の1段目を固める1年間の旅』-カリキュラム分析・毎週の進め方
【3月組分けテスト対策配信中】サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策
【3月組分けテスト解説配信中】サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策

今回のNO7は、「図形のせいしつ」ということで、主に様々な四角形の性質について学びます。

この単元だけの問題でいうと、お決まりのように「なんでもない四角形」か「台形」からスタートして「正方形」に行き着く問題がほとんどですが、このままの問題はほぼ今後出題されることはありません。

サピックス算数教材:デイリーサピックス[p9 1番]問題解説

ただ、実は高学年帯や入試問題で出題される平面図形の難問には「図形の性質」を絡めた問題が多いという特徴があります。つまり、図形を目で見た時に、特徴を把握していて、自分で手を動かして使うことができるか、が問われてくるということです。
具体的には今回の「入試問題に挑戦」の「女子学院の問題」で、「平行四辺形の向かい合う辺の長さが同じ」というような使われ方をするものがほとんどなのです。

従って、ここでの学習は、単にテキストに掲載している問題が解けるというところよりも、「自分で図形を書いてその特徴を言える(理解している)状態」をゴールにしてもらうと良いでしょう。

また、そろそろマンスリー確認テストが近づいてきましたので、春期講習を含めた復習に着手してもらうと良いかとも思います。

 

なお、『StandBy』にてこれらのポイントを含む「全問解説・ポイント動画・類題動画」を公開しております。

 

以上です。

今週の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る