【配信中】サピックス4年生 7月復習テスト・動画解説・難易度分析

view数9350

by 村中  公開: 更新:

サピックス4年生7月復習テストの解説を公開しています。

1: サピックス4年生7月復習テストの難易度・所感

4年生7月復習テストでした。
難易度としては、大問4番までが非常に易しく、5番・6番が思考力(試行検証・整理・読解・誘導)を活用する問題が中心で5番(4)のみ3つのつるかめの応用技術を問う問題という構成でした。

まず、なにはともあれ4番までで得点を落とした論点の見直しが第一、次に思考力を活用する問題を見直す中で「試行検証」「読解」「整理」「誘導」の特にどこに課題があるのかを掴んで意識して今後の学習を進めていくことが第二になります。

以下ではレベルBの問題に対してコメントしておきます。

 

▼5番(2):試行検証→範囲の条件で確定、LCM求め

LCMを求めて一番小さな正方形の一辺を求める、ここまでは誰もが到達できたはず。ここから先「範囲の条件」で確定していくために、試行検証を行う必要がある応用問題でした。解説よりももう一段階技術的に短時間で出来る方法もありますが、ここでは4年生向けに「試す、検証する」という方法で解いています。

▼5番(3):試行検証→範囲の条件で確定、整数の割り算と約数線分図

こちらも(2)と同様に最後に試行検証が入った応用問題でした。整数の割り算と約数線分図を行って、最大公約数を求めるところまでは誰もが到達できたはず。次にまずは「あまりの範囲」で絞る、これが一段階。最後に「1人がもらった個数の範囲」で更に絞るという二段階になっていました。

▼5番(4):3つのつるかめ

6年生であれば当たり前のように解くことができて欲しい問題ですが、3つのつるかめは4年生段階ではあまり経験もなく身につけられている人も決して多くなかったかと想像しレベルBにしています。

▼5番(5):分割、底辺と高さ

5番のレベルBの中では比較的解きやすかったかと思います。台形の面積から逆算で高さ→三角形2つに分割、という流れで決着です。ただ、応用問題が続いた後の(5)ということと難しそうな見かけで、難しく考えてしまって間違えた、あるいは見送った人も多かったのではないかと思います。よくよく知っていることだけを使った1手間だけ多い応用問題でした。

▼6番(1):読解・整理

まず、どうやって解いていこうか迷う問題ですが、そういう場合、(1)が実はヒントになっているケースがあります。ここでは素直に(1)が要求していることを書いて整理していくことと、素直な姿勢が鍵になったかと思います。

▼6番(2):誘導(1)の利用

(1)で「これになんの意味があるかわからないけど」という印象を持つ問題が配置されている場合、以降の問題でその問題を活用するケースが多いです。今回の問題も例に漏れず、(1)が実は「2人の貯めた金額の差」にあたることから、群数列で解くことができる綺麗な問題でした。

▼6番(3):整理、つるかめ算

(2)に比べるとやや易し目で、丁寧に整理さえできれば、つるかめであることは見破りやすかったのではないかと思います。ただ、そもそも(2)まで到達できなければ解けませんのでレベルBにしています。

 

4年生7月復習テストの全体感・分析表

2: サピックス4年生7月復習テストの全問解説動画

今回の記事では、7月復習テストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、5番、6番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。
StandByメンバー様用7月復習テスト全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

1番(4)

 

1番(5)

 

1番(6)

 

1番(7)

 

1番(8)

 

1番(9)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

3番(4)

 

3番(5)

 

4番(1)

 

4番(2)

 

4番(3)

 

4番(4)

 

5番、6番

StandByメンバー様用7月復習テスト全問解説

新着記事
記事

サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説サービス『StandBy(スタンバイ)』を始動

view数19488

by 村中 

プロ家庭教師として、数多くのサピックス(SAPIX)生を指導して来ました。関東、関西を飛び回り指導をし続け、空いた時間で電話やメールの相談を行い、勉強の戦略や計画を練ってアドバイスを行なったり、本人への動機付け面談を行っていく生活の中で、もっともっと時間があれば、困っているお子様やご家庭の力になることができるのに、という強い想いがありました。

記事

Voice1 : 算数の勉強がおっくうだった我が子が偏差値65になりました

view数9035

by 塩田 

「保護者様の声」第1回目は、偏差値40台半ばから65近くまでアップされた6年生の女の子のお母様に、家庭学習内容や、苦戦した点などお伺いさせていただきます。

記事

Voice3 : デイチェが半分も取れなかった算数が苦手だった男の子が偏差値60弱まで届くようになりました

view数4751

by 塩田 

3年2月からサピックスに通塾しております。息子は幼稚園の頃から公文に通っていて、分数の計算まで終わらせていたので、算数は問題ないだろうとタカをくくっていましたが、現実は厳しかったです。毎週、授業で新しい内容を学んできますが、1週間では学習内容が定着せず、翌週のデイリーチェックはボロボロ。半分も取れなかったことが多かったです。そういえば、いつだったか0点をとったこともありました。

新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る