【配信中】サピックス4年生 (新5年生) 1月復習テスト動画解説・分析(1月28・29日実施)

view数5239

by 塩田  公開: 更新:

1月28日・29日は4年生(新5年生)1月復習テストでした。
コベツバでは本日29日に解説動画および難易度分析表をアップしております。4年生を総括するテストでしたが、みなさま出来は如何でしたでしょうか?

いよいよサピックス4年生が終わり、いよいよ5年生が始まります。5年生は4年生から問題量・難易度共に1段・2段飛躍することになり、5年生で習う技術が中学入試の土台となります。

コベツバでは2019年に改訂されたカリキュラムを踏まえて、5年生の学習について1月末までに記事を掲載予定です。こちらの記事でお知らせ致しますので、またご訪問ください。

1: サピックス4年生1月復習テストの所感

新学年に切り替わる直前の復習テストでした。

全体感としては、これまでのマンスリー・復習テストよりも範囲が広い上に、難易度も高かった為、上位陣の点数がばらけた可能性があります。
特に、5番(5)や6番(2)②は高学年では「体系だった技術」として学ぶものを初見で求められた問題になりますので、この段階でできなくても構いません。

但し、それでも7割、105点まではほぼテキストと同じポイント・同じレベルであることも事実ですので、大幅に点数を落としている場合、各論点ごとに復習を行う必要があるでしょう。

特に重点的な復習を行いたい場合は、5年生になってからはしばらく「平面図形」「数の性質」絡みの問題が続きます。5年生最初の授業の滑り出しを順調に迎えてなんとか波に乗っていきたいという方は、「平面図形」「数の性質」を、むしろ、期間が空いて忘れてしまわないように、ということであれば「速さ」「場合の数」「規則性」を重点的に復習しておきましょう。(特に、「場合の数」「規則性」は、5年生では通して2回ずつしか登場しないNoである為、実際のところ大きく忘れているケースが多い単元です。)

また、これまでよりも一気に沢山の技術を学習してきた冬期講習の内容が含まれているため、どれだけ1つ1つの内容を自分で使うことができる状態になっていたかが問われたテストとなりました。そして、新学年である5年生になれば同じく一回あたりに学習する技術の数や問題数は4年生から飛躍的に増えていきますので、日々消化していく習慣を5年生の早い段階で再構築してもらうことが重要であることも触れておきます。

コベツバでは新学年を迎えるにあたっての記事(2019年度版からさらに改訂を加えたもの)を1月末までに記載予定です。
StandByメンバー様には公開次第、「お知らせ」にて告知致します。
もちろん、メンバー様ではない場合でも、こちらの記事でもお知らせいたしますので、またご訪問ください。

2: 4年生1月復習テストの難易度分析

図1

3: サピックス4年生1月復習テストの解説動画

今回の記事では、1/28,29実施の1月復習テストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、5番、6番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。
StandByメンバー様用1月復習テスト全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

開始から半年で、9割のお客様から『なくてはならない存在』、6割のお客様から『絶対にライバルに紹介したくない』と言うお声を頂いており、サピックス生の隠れた家庭学習の友となっているようです。

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

1番(4)

 

1番(5)

 

1番(6)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

2番(4)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

3番(4)

 

4番(1)

 

4番(2)

 

5番,6番

StandByメンバー様用1月復習テスト全問解説

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る