【配信中】サピックス新5年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

view数8781

by 村中  公開: 更新:

こんばんは。

ついに本日(1月13日)は新5年生サピックス1月組分け・入室テストですね。半年ぶりの実力テストということで気合いを入れて臨まれたお子様も多かったのではないかと思います。

内容としてはこれまでの思考力要素が多い組分けテストから、技術の方にも少し軸足を移してきた印象となっており、新4年生の2月〜冬期講習直前までに習った内容が幅広く出題されておりました。

コベツバではまた、新5年生の学習法についても2月11日までに更新予定でございますので、またご参照ください。

1: 1月組分けテスト(新5年生)の全体感

学年の切り替わり直前の組分けテストでした。

全体感としては通常通り、レベルAが100点近くあり、基本技術を抑えていることとミスをしなければ7割弱までは得点できる内容になっていました。
ただし、技術的な応用問題(未修得技術)の3番と5番、思考力を要求する4番と6番など応用問題も出題されている為に、普段よりも上位帯の得点がばらつく可能性があります。

3番(2)の「配るもの違いの過不足算」はまだ一度も習っていない論点です。とはいえ決して難しい出題のされ方ではなかったので、技術を知らなかったとしても自分で組み立てられるお子様もいらっしゃったかと思います(よって難易度はBとさせていただきます)。こちらの論点、初めて習うものではあるものの、5年生では1問、6年生でも共通テキストで1問のみの扱いとなりますので、せっかくですから上位を目指すお子様はぜひここで習得しておきましょう。(特に女子最難関の1つである女子学院や豊島岡で狙われやすいニッチで差がつきやすい論点です。)

4番の「規則性の発見」は難関校を目指す人にとっては避けて通れないテーマです。書かれている図のうち、問題で問われていることを項目として取り出して整理して行き、その後に何らかの規則があるはず、と言う姿勢で見て行くことで規則を発見すると言うのが基本の構えになります。今回のような「(図形的)規則性の発見」は圧倒的に桜蔭頻出の内容となっておりますので志望者の方はしっかり味わっておきましょう。(尚、男子では筑駒や麻布が、図形に限らず規則性が難しい学校として有名です)

5番の水問題ですが、特に(2)の「容器の中に容器を沈める」は、テキストやテストに掲載がないため、これまで一度も経験がなかったかと思います。(ただし3番(2)と同じく、決して難しいつくりではなく、技術を知らずとも解けたお子様もいらっしゃるかと思いますので、難易度ばBとさせていただきます)
5年生・6年生でもそれぞれ1回ずつしか出題がない問題ですが、出題された場合に点差がつきやすい論点でもあり、難関校志望者はこの機会に丁寧に学習しておくと良いでしょう。コベツバでも何度か触れておりますが、水問題は6年生後半になっても仕上がりが遅い(得点率がもっとも低い単元)単元ではあるものの、女子最難関や中堅校ではよく出題されます。開成でも過去10年の中で一度だけ出題があったのですが、初見ではほとんどのお子様が正答できない問題ですから、4-5年生のうちからこういった応用論点まで意識的に習得してほしいと思います。

6番の3つのLCMからの逆算ですが、これは技術的に綺麗に解くと言うよりも、試行検証する姿勢を試す思考力問題です。(2)は素数以外にも2の固まりである16を作れないことを忘れてしまった人も多かっただろうと推測します。試行検証の力は筑駒・開成・桜蔭・麻布など、最難関校が共通して問うてくる思考力のタイプです。(3)は今回の問題セットの中では見送ってもよかったかと思いますが、2つずつのLCMとして考えて、その後に大きい方の数を更に崩して行くと言う方針で考えれば、問題文に4通りと言う記載もあるので、思ったよりも早く答えに到達できるはずです。時間に多少余裕がある上位帯の人は復習してこういったタイプの問題への取り組み方を経験しておくと良いでしょう。

 

2: 例年の平均点(過去3年の平均点)

以下の記事に詳細を記載しておりますが、新5年生組分けテストの過去3年の4科目平均は55%前後と普段の範囲付きテストであるマンスリー(60%程度)よりは少し低めです。尚、偏差値60ラインは66%の得点率ということから、およそアルファの基準点は60〜66%前後であろうかと思います。

サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策
サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策

 

3: 1月組分けテスト(新5年生)の難易度分析表

図1

4: 1月組分けテスト(新5年生)の解説動画

今回の記事では、1/13実施の組分けテストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、5番・6番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。StandByメンバー様用組分けテスト全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

1番(4)

 

1番(5)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

2番(4)

 

2番(5)

 

2番(6)

 

2番(7)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

3番(4)①

 

3番(4)②

 

3番(5)

 

4番(1)(2)

 

4番(3)

 

5番・6番

StandByメンバー様用組分けテスト全問解説

記事は参考になりましたか?

 平均評価:
4.62
/5
 総人数:
262


新着記事
新着記事
記事

【配信中】サピックス新4年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

4-6年の他学年の組分けテストに比べて、4年生の組分けテストは圧倒的に思考力問題の比重が高く、技術・知識の比重が低い特徴があり、今後サピックス内で実施されるテストで言いますと、サピックスオープンの後半部分(いわゆるB問題)に近しい内容のテストだったかと思います。

記事

【配信中】サピックス新5年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

全体感としては通常通り、レベルAが100点近くあり、基本技術を抑えていることとミスをしなければ7割弱までは得点できる内容になっていました。 ただし、技術的な応用問題(未修得技術)の3番と5番、思考力を要求する4番と6番など応用問題も出題されている為に、普段よりも上位帯の得点がばらつく可能性があります。

記事

【配信中】サピックス新6年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

出題内容としては5年生2月〜9月ごろまでに習った内容である「水問題」「点の移動」など、しっかり5年生前半の内容を復習して臨むことができたかどうかが鍵となりました。

more
人気の記事
記事

【1月(新学年)組分けテスト解説配信中】サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策

一見難しそうに思える、「組分けテスト」の難易度を分析し平均点/偏差値60ラインの数値データとともに、日々のテキストのレベルと比較しながらわかりやすくお伝えいたします

記事

【配信中】サピックス新4年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

4-6年の他学年の組分けテストに比べて、4年生の組分けテストは圧倒的に思考力問題の比重が高く、技術・知識の比重が低い特徴があり、今後サピックス内で実施されるテストで言いますと、サピックスオープンの後半部分(いわゆるB問題)に近しい内容のテストだったかと思います。

記事

【配信中】サピックス新5年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

全体感としては通常通り、レベルAが100点近くあり、基本技術を抑えていることとミスをしなければ7割弱までは得点できる内容になっていました。 ただし、技術的な応用問題(未修得技術)の3番と5番、思考力を要求する4番と6番など応用問題も出題されている為に、普段よりも上位帯の得点がばらつく可能性があります。

サイトTopへ戻る