サピックス5年生 7月組分けテスト動画解説・分析・学習アドバイス(0708追記)

view数3404

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

ついに本日(7月7日)はサピックス7月組分けテストですね。5年生の皆様はいかがでしたでしょうか?
コベツバでは今回の7月組分けテストを受験された皆様に向けて、算数の全問解説動画・テストの難易度分析表・テスト結果を踏まえた今後の復習内容と学習戦略について記載しております。

みなさまどうぞ直しやテスト結果を次に活かすためにご活用くださいませ。

▼他の学年の方はこちらへ
▼次の復習テストに向けてはこちら

サピックス5年生7月復習テスト解説・分析・過去の平均点
【当日中公開】サピックス5年生7月復習テスト解説・分析・過去の平均点

1: 7月組分けテスト(5年生)の全体感

本日実施された「組分けテスト」の分析と、それぞれの問題について解説動画を配信させて頂きます。

やや難化し6割までが難易度A(学習済みの基本レベル)、その他が難易度B(学習済みのやや応用レベル)のレベルとなり、B部分の多くは思考力の要求がかかったものになりました。入試で要求される思考力のうち、「試行・検証」「読解」「整理」「誘導」の能力がバランスよく要求され、技術・思考力ともに総合力が試された形になった印象です。ただ、1つ1つの問題は決して難しい問題ではありませんし、技術的には全て学習済の問題です。

技術的な部分についてはしっかり復習して自分のものにして頂くことと、思考力部分では「試行している時に明後日の方に行ってしまった」「検証で間違いに気づかなかった」「誘導に気づけなかった」「話が長いので心が折れた」「整理の段階でぐちゃぐちゃになった」など、それぞれ「なぜ間違ったのか」「どうすれば出来たのか」を振り返って頂くことが重要です。

 

ただ、それでも6割まではこれまでと何ら変わりませんので、まずはAがしっかりとできているかどうかを確認して、普段の学習を見直していく機会にして頂ければ幸いです。

以下、分析となります。

5年生7月組分けテストの分析表

今回の記事では、7/7実施の組分けテストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、7番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。StandByメンバー様用組分けテスト全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

開始から半年で、9割のお客様から『なくてはならない存在』、6割のお客様から『絶対にライバルに紹介したくない』と言うお声を頂いており、サピックス生の隠れた家庭学習の友となっているようです。

 

2: 7月組分けテスト(5年生)のテスト結果を踏まえた学習方針

■1:組分けの結果分析とその復習方針(復習が必要になるレベルAについて)

分析表を見て頂くとお分かりの通り難易度の高い構成になったものの、それでも

1番
2番(1)-(5)
3番(1)-(4)
5番(1)、7番(1)
が、レベルAの問題でこれまでデリサピで学習済の基本的な内容ということができます。

まず、「受験基礎技術を身につけて行くことがテーマである5年生」にとってはここでの知識不足・習得不足はやはり致命傷になりますので、以下の表に沿って「復習」をして頂くことが重要です。

5年生の復習のための優先順位の表

 

●1番のレベルA

大きく言いますと、基礎トレ前半の計算とLCM(倍数)の問題です。

計算については大きく、
◎計算の正確性
◎計算の工夫
に分類することができ、対策は「基礎トレ」「計算力コンテスト」の計算問題部分での取り組み方を改善することが重要になります。

「計算の正確性」については、「一発で正解するルール」を設けて、はじめは時間をかけてもいいので絶対に正解させるルールを導入します。そして毎回全問正解できるようになってきたら少しずつ時間を短くしていきます。

「本気を出せば、いつでも正しくできると思っている」ことに大きな課題があることが多く、実際は正答率が90%だったりひどい場合は70%だったりするわけで、結局「本気を出しても合わせられない」ことを自覚して、「本気を出したら100%正解を実現できる」状態を作っていく必要があります。往々にしてこういった計算問題を必死で取り組む機会が少ないので、敢えてそれを約束ごとにしてやって行くことで、正確性を上げに行くことを実現するわけです。

ケアレスミスの7パターン別対策・ミス制圧までの5ステップ
ケアレスミスの7パターン別対策・ミス制圧までの5ステップ

次に、「計算の工夫」については、式への書き込み・式の崩し方・まとめ方などの技術不足に課題があります。そもそも計算問題そのものの技術を磨く機会はそれほど多くありませんので、それに触れる機会を作って行かないと結局のところ「昔からやっているやり方」のまま進行して行くことになります。そのまま高学年の応用問題に進むにつれ、計算の工程が多くなり時間がかかる・ミスが多く発生し、やっと課題を自覚した頃には、すでに新しい知識の学習で必死で、計算力を鍛えるための学習を行う時間がなかなか捻出できない、というケースも毎年多くのお子様で発生しております。

全ての学習がそうであるように、基本は「上手い人のやり方を盗む」ということに尽きますので、授業や解説をみてやり方を盗んで行くことが必要です。
(また、コベツバStandByでは「基礎力トレーニング」の解説も追加オプションとして配信しておりますので、ご参考ください。)

●2番以降のレベルA

それぞれのポイントを用いた問題が、記載しているNOの中に存在します。今回の組分けの問題を復習するだけではなく、その単元・冊子に載っている他の問題も「理解できていない」「忘れてしまっている」「そもそも苦手意識を持っている」「できると思っているけれども、実はできない」可能性が高いと言えます。

こういった模試ではあくまでも「知識・技術の抜け漏れ」を見つけて、そこを拡充して行くことが重要になるのですが、その場合、「単元単位」「NO単位」で間違えた問題の周辺をしっかりと復習することです。

組分けテストで間違えた問題は氷山の一角にしか過ぎない 「テストで間違えた問題付近には、他にもできない問題が存在している」という鉄則に則って、それぞれのNOを復習すること
をお勧めします。

 

■2:失点原因別の今後の学習戦略

●レベルAの問題での失点が目立った方の中で
『普段のデイリーチェックでは8割得点できないことが多い or マンスリーテストで(ミスを加点しても)7割に届かないお子様』


普段の学習の方法から改善していく必要があります。
組分けテスト自体の結果もおそらく芳しいものではなかったかとは思いますが、まずは毎週の学習によるインプットおよび、範囲付きテストへの学習に向けた復習スパイラルを回していく必要があるでしょう。

デイリーチェックの目的・分析・対策
デイリーチェックの目的・分析・対策
マンスリー確認テストの目的・分析・対策
マンスリー確認テストの目的・分析・対策
Voice3 : デイチェが半分も取れなかった算数が苦手だった男の子が偏差値60弱まで届くようになりました
顧客の声~デイチェが半分も取れなかった算数が苦手だった男の子が偏差値60弱まで届くようになりました~

まずはデイリーチェック9割 → マンスリー(復習テスト)7割と目標をはり、その目標の達成が見えてきた段階で組分けテストで判明した「入れることのできていなかった知識」の復習に取り掛かりましょう。

それは、毎週入ってくる水(新しい知識)を入れられるようにならなければ、何度学習しても漏れ出る水・抜けていく水(未定着知識)の入れ直しの作業になり、非常に非効率だからです。

●レベルAの問題での失点が目立った方の中で
『普段のデイリーチェックではおよそ8割以上/マンスリーでも7割程度を得点できているお子様』


デイリーサピックスで習った論点について、文章や図形、聞かれ方が違った問題にも同じ論点を使って解答できるのかが問われた時に、まだ対応できていないということを示しています。

つまり、問題そのものを暗記している可能性があるか、そうでなくとも見たことがない形での問題に慣れていないと言えるでしょう。

デリチェ・マンスリーは、サピックス(SAPIX)のテキストそのままの数値替え問題が多い為、マンスリーが取れるのに、組分けテストが取れないお子様は、主にこの部分に課題があると言えます。約1年半後に控える実際の中学入試でも、ほぼこの「習ったことがある問題が異なる聞き方で出現するもの」で多くの学校の合否が分かれると言っても過言ではありませんので、非常に大事なポイントと言えます。

●レベルAは一定手堅く得点できていたが、レベルBの問題の失点が目立った方

授業で指示されているかどうかに関わらず、少しずつでも日々の中で思考力問題に取り組んでいく必要があります。それは思考力の養成には時間がかかるため、週30分でも取り組んでいることが半年後、1年後に成果となって帰ってくるからです。

思考力問題は、取り組むだけで終わり、ではなく最も重要なことは「どうしていれば気づけただろうか」と振り返ることです。解答解説をご覧になるだけでは難しいお子様はStandByでは思考力問題の解説を配信しておりますので、解き筋を真似ていくことから始めていただければと思います。

思考力系の問題の取り組み方
QA「デイリーサピックス・サポートの思考力系の問題は、どれくらいやれば良いでしょうか?」

 

■3:7-8月の過ごし方

以前の記事

サピックス夏期講習中の学習方法
サピックス夏期講習中の学習方法(4-6年)

でも記載させて頂いた通り、夏期講習の目玉はあくまでも新しく学習する「比と割合」になります。そこに対して力を入れ習得・復習まで行うことは当然として、それだけではなく、しっかりとこの機会を利用して復習しておくことも重要です。(ただしデイチェが8割を超えることが少ない方はまずは日々の勉強の方法の改善が第一優先ですし、マンスリーに向けた復習スパイラルを初めて導入される方はお子様の状態を見て判断しましょう)

その上で、その復習の優先順位は、

●1:上記のAでできなかった表のNO
●2:5年生からのデリチェの得点が悪かったNO
●3:5年生の残りのNO

となります。

復習の方法としては、A-Dまで当該NOについて、

●1:デリサピを1問ずつ解いて答え合せ
●2:間違えた問題は理解した後に、答えを閉じて解き直す
●3:全問終わった段階で、2の間違った問題を一気に解き直す
(またはStandBy利用者様は類題で理解確認を行う)

という流れで進行してもらうと良いでしょう。

少なくとも上記の●2のところまで復習が終えることを目安に復習を終えて秋に突入してもらいたいと思います。

 

以上
少しでもご参考になれば幸いです。

 

3: 7月組分けテスト(5年生)の解説動画

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

2番(4)

 

2番(5)

 

2番(6)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

3番(4)

 

3番(5)

 

4番(1)

 

4番(2)

 

5番(1)

 

5番(2)

 

6番(1)

 

6番(2)(3)

 

7番

StandByメンバー様用組分けテスト全問解説

記事は参考になりましたか?

 平均評価:
4.62
/5
 総人数:
257


新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る