【配信中】サピックス新6年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

view数7954

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

ついに本日(1月13日)はサピックス1月組分け・入室テストですね。新6年生の皆様はとうとう受験学年最初のクラスを決めるテストということですが、結果はいかがでしたでしょうか?

コベツバでは今回の1月組分けテストを受験された皆様に向けて、算数の全問解説動画・テストの難易度分析表を記載しております。

また、新6年生の学習法についても2月11日までに更新予定でございますので、またご参照ください。

1: 1月組分けテスト(6年生)の全体感

年があけて受験学年に上がる目前、新6年生最初のクラスを決める組分けテストでした。

レベルAのボリュームはいつもと変わらず約7割。ここを取りこぼしてしまうと一気に偏差値が下がってしまっただろうと推測しますので、知識技術の抜け漏れを確認して復習した上で6年生に上がってもらうこと重要です。

出題内容としては5年生2月〜9月ごろまでに習った内容である「水問題」「点の移動」など、しっかり5年生前半の内容を復習して臨むことができたかどうかが鍵となりました。
逆に後期のメインであった「割合の平面図形」「速さ」「割合の文章題」の出題率は抑えられた形となり、後期から学習に力を入れたお子様にとっては少し不利な内容であったかもしれません。

実は、昨年度の新6年生もこの時期のテストはずいぶん昔にならったきりである「点の移動」「水問題」「数の性質」の失点率が高く、5年生の当該単元の復習を推奨しております。
(特に「図形と点の移動」「水問題・水グラフ」の2単元は6年生後半でも最も得点率が低い単元となります)

次にレベルB・Cの問題ですが、3番(4)、5番(3)(4)、6番については技術系の問題、最後の7番が思考力問題になっており、特に5番後半と6番については難関校でも頻出の論点ですので、上位帯でも間違えた問題は確実に復習してもらう必要があります。また、思考力の7番ですが、最初から諦めてしまって(1)をできないのは残念で、読解して少しでも試行できれば正解できたはずです。また(2)も①については直感的にも答えを出すことができたのではないかと思います。

 

2: 例年の平均点(過去3年の平均点)

以下の記事に詳細を記載しておりますが、新6年生組分けテストの過去3年の4科目平均は50%前後とマンスリーよりは幾分低くなっています。尚、偏差値60ラインは66%の得点率ということから、およそアルファの基準点は60〜65%前後であろうかと思います。

サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策
サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策

 

3: 1月組分けテスト(新6年生)の難易度分析表

図1

4: 1月組分けテスト(新6年生)の解説動画

今回の記事では、1/13実施の組分けテストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、6番・7番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。StandByメンバー様用組分けテスト全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

1番(4)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

2番(4)

 

2番(5)

 

2番(6)

 

2番(7)

 

2番(8)

 

2番(8)別解

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

3番(4)

※動画内で3番(3)と記しておりますが、正しくは3番(4)になります。 

4番(1)

 

4番(2)

 

5番(1)

 

5番(2)

 

5番(3)

 

5番(4)

 

6番~7番

StandByメンバー様用組分けテスト全問解説

記事は参考になりましたか?

 平均評価:
4.72
/5
 総人数:
270


新着記事
新着記事
記事

【配信中】サピックス新4年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

4-6年の他学年の組分けテストに比べて、4年生の組分けテストは圧倒的に思考力問題の比重が高く、技術・知識の比重が低い特徴があり、今後サピックス内で実施されるテストで言いますと、サピックスオープンの後半部分(いわゆるB問題)に近しい内容のテストだったかと思います。

記事

【配信中】サピックス新5年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

全体感としては通常通り、レベルAが100点近くあり、基本技術を抑えていることとミスをしなければ7割弱までは得点できる内容になっていました。 ただし、技術的な応用問題(未修得技術)の3番と5番、思考力を要求する4番と6番など応用問題も出題されている為に、普段よりも上位帯の得点がばらつく可能性があります。

記事

【配信中】サピックス新6年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

出題内容としては5年生2月〜9月ごろまでに習った内容である「水問題」「点の移動」など、しっかり5年生前半の内容を復習して臨むことができたかどうかが鍵となりました。

more
人気の記事
記事

【1月(新学年)組分けテスト解説配信中】サピックス組分けテストの難易度・傾向分析(平均点/偏差値60ライン)・対策

一見難しそうに思える、「組分けテスト」の難易度を分析し平均点/偏差値60ラインの数値データとともに、日々のテキストのレベルと比較しながらわかりやすくお伝えいたします

記事

【配信中】サピックス新4年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

4-6年の他学年の組分けテストに比べて、4年生の組分けテストは圧倒的に思考力問題の比重が高く、技術・知識の比重が低い特徴があり、今後サピックス内で実施されるテストで言いますと、サピックスオープンの後半部分(いわゆるB問題)に近しい内容のテストだったかと思います。

記事

【配信中】サピックス新5年生 新学年組分け・入室テスト動画解説・平均点・難易度分析(1月13日実施)

全体感としては通常通り、レベルAが100点近くあり、基本技術を抑えていることとミスをしなければ7割弱までは得点できる内容になっていました。 ただし、技術的な応用問題(未修得技術)の3番と5番、思考力を要求する4番と6番など応用問題も出題されている為に、普段よりも上位帯の得点がばらつく可能性があります。

サイトTopへ戻る