【解説動画付】予習シリーズ6年生 算数:上NO8 速さ(1)のおはなし

view数252

by 村中  公開: 更新:

こんにちは。

こちらの記事では、予習シリーズの算数学習単元での重要ポイントについて、参考になる情報を提供しております。

また、『StandBy for 予習シリーズ』サービスが提供する解説動画の一部を公開しております。
ご登録頂きますと、以下のテキスト・問題の全問解説とポイント動画が全てご覧いただけます。

テキスト名配信内容
予習シリーズ例題・チャレンジ・練習問題
実力完成問題集練習問題・応用問題
応用力完成問題集全問

   
   
   
算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら
   
   
   

 

今週の学び

6年生のNO8は「速さ(1)」の単元です。5年生後期の頃から四谷大塚は他単元に比べて「速さ」の難易度が高い印象がありますが、今回もその流れ通り難易度の高い単元となります。
今回学習する技術は「速さと比」と「へだたりグラフ」が混在した内容でどれも入試問題で頻繁に出題される技術群となります。頑張って攻略して自分のものにしていきましょう。

以下、新しい論点、重要な論点について記載します。

速さの和で距離一定・速さの差で距離一定・間隔でキョリ一定:予シリ「必修例題4、5」「練習問題4、6」、実力完成問題集「練習問題4、5」「応用問題1、3」、応用力完成問題集「LEVELⅠ-1(4)【六甲】」「LEVELⅡ-1(2)【麻布】」「LEVELⅡ-1(3)【慶應義塾中等部】」
速さと比の応用技術と言えば、まずは速さの和・差を使って距離一定を表現して解く解法が真っ先に挙げられます。重要なことは「判断するタイミング」で、同じ距離を「2種類の出会い」「出会いと追いつき」「出会いと1人」「追いつきと1人」で考える場合に発想します。
表のような形にまとめていくと非常に綺麗に解けるケースが多く、非常に重宝します。

速さの「の比の比」:予シリ「必修例題1」、応用力完成問題集「LEVELⅢ-1【西武学園文理】」
今回、登場回数は少ないですが現実の入試では頻繁に出題される技術です。「速さ」「時間」「距離」の3本のうち、「2本の比と、残り1本の和か差」があたえられている場合に使う判断ができるかどうかが問われます。
中堅校では小問の最後として、難関校・最難関校では前半か中盤の鍵になる小問として出題され続けているものですので、確実に身につけておきましょう。

時間一定折り返し型:予シリ「必修例題3」「練習問題2」、応用力完成問題集「LEVELⅡ-2【学習院女子】」

問題解説:予習シリーズ「練習問題2」

難関校・最難関校で比較的見かける技術です。実際は「時間一定」と同じなのですが、やや見えにくい・やや使いにくいこともあり、慣れていく意味合いからもポイントとして作成していますので、ポイントや練習を通じて迅速に使えるようになっておきましょう。

N回目に出会う:予シリ「必修例題5」「練習問題4」、実力完成問題集「練習問題5」「応用問題1」、応用力完成問題集「LEVELⅠ-1(2)【芝】」「LEVELⅢ-3【灘】」
5年生後期で一度学習済ですが、忘れてしまっている人も多いかと思いますので、ここで丁寧に復習しておきましょう。「両端出発→×1本、×3本、×5本」「同所出発→×2本、×4本、×6本」「池パターン→×1周、×2周、×3周」となります。
また、予習シリーズ「練習問題4」のように、へだたりグラフと合わせて出題されることも多いことは知っておきましょう。

へだたりグラフ:予シリ「ステップアップ例題6」「練習問題4」、実力完成問題集「練習問題6」「応用問題1」、応用力完成問題集「LEVELⅡ-4【甲陽学院】」
まずは基本の手順として「折れ目の意味・傾きの意味を書く」ことを習慣にしましょう。その際にイメージするために線分図で整理するケースもありますがグラフだけで解けるケースも多いです。
また、上の「N回目」を使う応用問題もよく出題されていますので、問題に入っていく構えの時点で意識しておくことも必要です。

 

なお、『StandBy for 予習シリーズ』にて、これらのポイントを含む「全問解説・ポイント動画」を公開しております。

 

以上です。

今週の学習のご参考になれば幸いです。

新着記事
新着記事
more
人気の記事
サイトTopへ戻る