【バックナンバー】第1回合格力判定サピックスオープン 平均点・動画解説・難易度分析(21年9月26日実施)

2021年9月26日実施、サピックス6年生 第1回合格力判定サピックスオープンの算数解説・難易度・所感、例年の平均点を配信致します。

最新のテストの解説・難易度分析は以下の記事よりご覧下さい。

関連記事

最後の合格力判定サピックスオープンとなりました。受験まで残り2ヶ月弱。合格力判定サピックスオープンの問題レベルはテキストで学習してきたレベル(応用的なものを含む)をちょうど復習することができるテストです。コベツバのレベルAは中[…]

1: サピックス6年生 第1回合格力判定サピックスオープンの例年の平均点

平均点
4科合計305点(61%)
算数90点(60%)

過去3年間の算数の平均点は上記の通りです。

平均点の得点率がおよそ60%と、組分けやマンスリーと比べても、比較的得点しやすいテストと言えるでしょう。
一方で、過去3年間の平均をとると、偏差値60をとるのに必要な点数が 4科合計:約70%、算数:約80%と、高得点が必要になります。

2: サピックス6年生 第1回合格力判定サピックスオープンの難易度・所感

第一回、合格力判定サピックスオープンでした。
全体感としては約7割がレベルA、残りがレベルBでレベルCが無しという構成でした。
また、全問技術系の問題群で構成されており、思考力問題の出題はありませんでした。
従って、夏休みが明けて志望校別の特訓が始まった9月末時点での「技術部分の完成度を測る」内容になっておりますので、一般的な技術の習得漏れをあぶり出して、習得し直す機会として活用いただくと良いかと思います。

以下、レベルBの問題に対してコメントしておきます。

■3番(1)y:線対称性を活用する

正八角形の中の角度で、「等脚台形」と「八角形の半分」を見つけられるかが決め手になった問題でした。
二つとも線対称性をベースに判断できるもので、多角形と角度問題において問われがちな論点で、特に女子御三家の女子学院や雙葉が得意とする論点でもあります。

■3番(5):直角◯×、同じところ付け足し

通常の「同じところ付け足し」に至るまでに相似の発見が絡んでいるという珍しい組み合わせの問題でやや戸惑った人も多かったかもしれません。
とは言え、直角ともう一角が等しいということで◯×打ちを想起することが出来れば早かっただろうと思います。

■3番(6):転がり移動の作図、中心と結ぶ

一見すると難しそうに見えますが、落ち着いて点や辺の動きを追いかけていけば作図が比較的しやすい問題でした。
自分なりに考えて進行して行くことに対して自信を持てているかが問われたのではないかと思います。

■6番:×=×の逆比、比例式、3つのつるかめ

(1)の解法は色々とあるかと思いますが、ここでは逆比から比例式で解いています。
勿論、時間のLCMで置いても出すことができたかと思います。
(2)は2段階だと「つるかめ」を連想するのにな、ということで3段階で切り替わっていることからそのまま「3つのつるかめ」を連想して、関係性の条件を見て確定判断できる、綺麗な作りの問題でした。

■7番:時間一定折り返し型、点対称性の利用

こちらも技術的な判断がしやすい問題でした。
その判断さえできれば、「時間一定折り返し」と「点対称性」で最後まで解けてしまう問題でした。
出来なかった場合は復習しておきましょう。

3: サピックス6年生 第1回合格力判定サピックスオープンの算数動画解説

今回の記事では、第1回合格力判定サピックスオープンの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、4〜7番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。

StandByメンバー様用 第1回合格力判定サピックスオープン 全問解説はこちら

   

   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

2番(4)

 

2番(4) 別解

 

2番(5)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

3番(4)

 

3番(5)

 

3番(6)

 

4〜7番

StandByメンバー様用 第1回合格力判定サピックスオープン 全問解説はこちら

尚、コベツバでは、最難関・難関校の過去問解説動画を配信しております。

対象校は「男女御三家」「渋幕」「聖光学院」「駒東」「早稲田」「慶應普通部」「海城」「豊島岡」「筑駒」「栄光」「慶應中等部」「フェリス」「早実」「灘」「甲陽」「渋渋」「久留米大学附設」「東海」「ラ・サール」「広島学院」です。

皆さまが合格したいという各学校の「合格点」「問題難易度」「出題分野」は大きく異なります。コベツバの過去問解説では、『得点の自動集計機能』『難易度・分野別の分析機能』を活用することが可能ですので、取り組み後の振り返りとお子様に適した戦略作りにお役立てください。
   

   

「中学受験算数で必要になる土台となる技術を体系的に復習したい」「(難関入試に必要とされる)思考力を伸ばしていきたい」というお子様は、コベツバWeb授業をご利用下さい。

分野別に分かれた教材・確認テスト(順位・表彰付き)や、毎週2問ずつ思考力を求められるテストを配信しております。

コベツバweb授業|無料動画参考書 〜中学受験算数の全てを分かりやすく〜    

過去問動画解説とコベツバWeb授業の使い方につきましては、以下の記事を参考にしてみて下さい。
関連記事

 ここではいよいよ約半年後に迫った志望校の入試に向けて、志望校の過去問(赤本)を効果的に活用した、志望校合格に向けた算数の勉強方法について、お話させて頂きます。 お子様が、過去問を活用して学びを実現して無事に志望校に[…]

関連記事

この記事は、コベツバのオリジナル動画教材「コベツバweb授業」の特徴や活用方法、実際の利用プランを学年や時期別にご紹介してまいります。今回は「コベツバweb授業」の中で技術を学ぶ「分野別教材」に絞ったお話をさせていただきますが、思[…]