サピックス5年生
算数カリキュラム(後期)一覧と
学習上のポイント

サピックス5年生向けに毎回のNoのポイントと動画を配信している「今週の学びの話をしよう」を一覧にまとめたものです。

入試問題で使っていくような重要技術を加速的に習うことになる5年生後半、しっかり技術を手の内に入れきって6年生を迎えられるよう頑張って欲しいと思います。

参考記事:サピックス5年生後半戦「難易度と量の壁を突破する」〜成績を維持・向上させる学習方法〜

時期No単元名(詳細記事へ)一言メモ
9月〜12月510-2016~19の復習軽い復習の回。てんびん法を用いた別解も抑えよう
510-21図形の移動図形の移動は、作図の手順さえ丁寧に抑えれば、意外と解ける
510-22旅人算(3)受験出題率No1の重要ポイント「距離・時間一定」をみっちり習う
510-23時計算しっかり習うのは最初で最後の「時計算」、難しく感じる子供も多い単元
510-24仕事算複雑に思えるけれど、パターン化された解法をまずは身につければ意外と簡単
510-2521~24の復習復習の中でも、難関校向け技術「真ん中影武者」を新しく身につけよう
510-26比と図形(1)比を用いた図形の基本中の基本で今後数百回以上利用する技術
510-27比と図形(2)D-3以外は全て「6年生の基礎トレレベル」。発展問題を解く鍵となる「台形ペケポン」「足して180°の隣辺比」をしっかり習得しよう
510-28流水算学習機会の少ない「流水算」。「流水上で出会う→流水消去」の考え方を手に入れれば後は「旅人算」と同じ。A-4の「2列の速さ整理」は優秀層でもつまづくポイントなので要注意
510-29通過算苦手続出の通過算!とはいえ、解法パターンはたったの3つで、最後はただの旅人算。特に「追い越し」の通過算は間違えやすいので、ポイントを押さえよう!
510-3026~29の復習未公開
510-31和と差に関する問題未公開
510-32倍数算未公開
510-33相当算未公開
510-34立体図形(3)未公開
今週の学びの話をしよう