【バックナンバー】サピックス新6年生 1月組分け・入室テスト 平均点・対策・動画解説・難易度分析(2023年1月9日実施)

※振替日程や全ての部の試験実施日時を調査の上、全てのテスト終了後に配信しております。

最新のテストの解説・難易度分析は以下の記事よりご覧下さい。

関連記事

※振替日程や全ての部の試験実施日時を調査の上、全てのテスト終了後に配信しております。コベツバでは、2024年3月3日実施、 サピックス新6年生 3月組分け・入室テストの算数解説・難易度・所感をテスト当日夜9時以降に公開予定です。[…]

2023年1月9日実施、サピックス新6年生1月組分けテストの平均点・対策・算数解説・難易度・所感を配信中です。

新6年1月組分けテストは「夏に割合と比が登場してから技術を更新・新しく習得した単元」と「割合に関わらずに低学年から積み上げてきた単元」の両方が満遍なく出題されてくるため、双方の学習が大事になってきます。

「割合と比を含むもの」はこの半年間で習ったものなので「まだ覚えているのでは?」と思われるかもしれませんが、この半年間あまりに急に新しいものを大量に習ったため整理できていないお子様が例年多い印象です。6年生以降さらにその上に積み上げる学習を行うことになりますので、優先的に復習を行いましょう。

コベツバでは、サピックステキスト解説・対策のStandBy制限時間つきの組分け模擬試験2本をご用意しております(得点が割れやすい大問2〜5番レベルの重要問題を全分野ピックアップしております)。

解説動画、ポイント動画つきでのご提供になりますので、テスト対策としてお役立てください。

また、それぞれの問題がサピックスのどのNOに関連しているかの対応表もございますので、間違えた問題は、その問題だけではなく、テキストまで戻ってしっかり復習していただけます。

算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら

以下のコベツバradioも参考にしていただけましたら幸いです。

サピックス新6年生 1月組分けテストの例年の平均点

過去5年の算数の平均は以下の通りです。

平均点偏差値60ライン
得点73.4点101.5点
得点率48.93%67.67%

4科目合計の平均点・偏差値60ラインについて知りたい方、その他勉強方法についてもっと詳しく知りたい方は以下の対策記事をご覧ください。

関連記事

今回お話ししますサピックス3月組分けテストの概要・平均点・対策については、以下のラジオでもご紹介しておりますので、よろしければご視聴ください。※新4年生のみにフォーカスした内容 […]

サピックス新6年生 1月組分けテストの所感・難易度分析

コベツバの解説ではどんな悩みが解決するの?

新6年生、1月組分けテストでした。
全体感としてはレベルAが70%、レベルBが30%という標準的な難易度構成となり、大問6番までが技術系中心、最後の大問7番が思考力問題というオーソドックスな出題となりました。
大問6番までは使用する技術はどれも基本技術であり、特にレベルAについては基本的な使い方を問う問題がほとんどでした。
とはいえ、例年5年生の終わりから6年生の前半にかけては、基本技術の抜け漏れが発生しやすく、最終的に難関校に合格する人たちであっても低迷しがちな時期ではあります。
それもそのはず、4年生の後半から一気に毎週毎週新しい技術を学習してきた為に消化不良が発生する時期だからです。
まずは、今回の組み分けで課題が露わになった人は、今回のテストで出題されていない論点も忘れている、曖昧になっているのではないかと考えて、5年生の復習を行っていくことが良いでしょう。
夏期講習、SS特訓と始まる前までになんとか復習を終えられるように進行してもらうと6年後半を良い形で迎えられるようになるかと思います。

以下、レベルBの問題に対してコメントしておきます。

■2番(4):進んだ距離の和に注目、同時刻同記号

まずは線分図で整理した上で、進んだ距離の和が分かることに気づくことができるかが勝負となる問題でした。

■2番(6):水入れ(連発)→全体量と濃度の逆比

丁寧に整理した上で、水入れを2回連続して使わせるという問題でした。
この技術を使い慣れている人にとっては、問題の見栄えからも判断できたはずです。

■3番(4)い:角度の和の利用

(あ)が二等辺見つけで、そのまま終わってくれるかと思いきや、実はこちらの(い)が曲者。
折り返し、二等辺、と同じ角度が複数カ所に出てくる為、記号で置く判断ができるかどうかが決め手となりました。

■4番(2):1個あたり利益で整理、多数売りの表

真正面から攻めると、煩雑な式になるものの、「全部を売り切っている」ことから、「1個あたり利益」で整理する判断ができれば、綺麗な形で整理して解くことができます。

■5番(3):規則の発見と利用、範囲に注意、グループ内変化の群数列

3回出てくるケースは(2)の数と同様に1でも2でも3でも割れる数であることを発見した上で、更には一番左の列で範囲が絞られることから答えを決めることができます。

■6番(3):①秒後解法

●●になるのは何秒後、という問われ方をしていますので、①秒後を使う判断を行います。
その直前の状態の図を書いた上で、そこから①秒後を使用することで決着させられます。

■7番(2)(3):規則の発見と利用、前の結果を活用

2をいくつかかけた数に1を足した数が鍵になることを(1)の小問から判断することができるかどうか、そして実際に求める際には一度求めた数の回数を活用することで時間短縮できることに気づけるかどうかが勝負となる思考力問題でした。

サピックス新6年生 1月組分けテストの算数解説動画

今回の記事では、サピックス新6年生 1月組分けテストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、6~7番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。

※テストが実施された当月か、翌月に無料体験を申込まれた方は、無料体験内容にこのテストは含まれます。

StandByメンバー様用全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1~5番

 

6~7番

StandByメンバー様用全問解説はこちら

コベツバからのお知らせ(コベツバWeb授業)

コベツバでは、「中学受験算数で必要になる土台となる技術を体系的に復習したい」「(難関入試に必要とされる)思考力を伸ばしていきたい」というお子様に向けて、コベツバWeb授業を配信しております。

分野別に分かれた教材・確認テスト(順位・表彰付き)や、毎週2問ずつ思考力を求められるテストを配信しております。

コベツバWeb授業の使い方につきましては、以下の記事をご参考下さい。

関連記事

講座の概要と、あなたにぴったりの利用法を見つけよう!学年や利用目的に応じたあなたにぴったりのコースを診断の上で、コベツバweb授業の内容と活用法をご紹介いたします。コベツバ成長コース / 塾の算数強化コース / 塾の先取りコース […]