【バックナンバー】サピックス4年生 3月復習テスト 平均点・動画解説・難易度分析(22年3/24,25実施)

最新のテストの解説・難易度分析は以下の記事よりご覧下さい。

関連記事

※振替日程や全ての部の試験実施日時を調査の上、全てのテスト終了後に配信しております。テスト範囲に難易度の高い単元がないため、差をつけるために「応用問題に挑戦」や「入試問題に挑戦(解答冊子)」に登場するような技術(周の延長解法、二等[…]

※振替日程や全ての部の試験実施日時を調査の上、全てのテスト終了後に配信しております。

コベツバでは、3月復習テストの算数解説・難易度・所感を公開中です。

また、以下の記事ではマンスリーの学習・管理方法詳細にご紹介しております。

復習を織り込んだ毎週の計画を立てることのメリットと、その具体的な計画の立て方についてお伝えしておりますので、ご参考いただければ幸いです。

関連記事

前回記事(「マンスリー確認テスト」の目的・分析・対策)に引き続き、今回は「マンスリー確認テスト」の学習・管理方法詳細について記載させて頂きます。ここでは、復習を織り込んだ毎週の計画を立てることのメリットと、その具体的な計画の立て方[…]

サピックス4年生3月復習テストの過去の平均点

4年生初回の復習テストということもあり、例年、3月復習テストの平均点は高くなっております。

 平均点偏差値60ライン(≒アルファクラス基準)
4科合計337点(67.48%)399.4点(79.88%)
算数101.4点(67.60%)123.4点(82.27%)

コベツバでは、サピックステキスト解説・対策のStandBy制限時間つきでテスト範囲の論点を網羅できる対策テストをご用意しております。
解説動画、ポイント動画つきでのご提供になりますので、テスト対策としてお役立てください。

また、サピックステキスト解説・対策のStandByでは偏差値60以上を目指す方に向けて「StandBy+」という習ったカリキュラムに沿ってさらに応用させた問題をご用意しております。

算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら

サピックス4年生3月復習テストの所感・難易度分析

新4年生、3月復習テストでした。
全体感としては、レベルAが90点で6割、残りがレベルBということで、復習テストとしては難易度が高いセットとなりました。
特徴としては、前半がテキストで学習してきた論点の技術的な基本問題で、ここをまずは確実に正解できているかを振り返った上で、毎週の学習のチューニングを行なって欲しいと思います。
中盤は同じく技術的な基本・応用問題と、場合の数の単元だけに思考力要素の高い問題も散りばめられており、終盤の5番(3)と6番は現時点では経験が少ないものの、本来は技術的に解決可能な応用問題でした。
ここは経験次第で出来るようになるタイプの問題ですので、出来なくても焦らずで良いかと思います。

以下、レベルBの問題に対してコメントしておきます。

■1番(10):大きさで場合分け

図形の場合の数は、答えが合いにくいのですが、ここは王道と言える「大きさで場合分け」をするアプローチを取ることができれば比較的素直に求められる問題でした。

■3番(4):平行線Z角、外角定理、角度の基本

平行線と角度の話ですので、平行線Z角を使わせる問題だという判断ができれば、あとは答えまで到達しやすい問題でした。
ただし、テキストで見かける問題とは使われ方が違うので戸惑った人も多かったかもしれません。

■4番(2):調べ上げ

丁寧な調べ上げを要求する思考力問題にあたります。
段々とこういう調べ上げをやっていく機会が少なくなっていきますので、ここでしっかりと訓練しておいてほしいと思います。

■4番(4):残りに注目、整理方法の工夫

少ない個数である「残り」に注目した上で、表で整理していくと比較的きれいに解くことができます。
ただし、「どれも1つ以上」には注意しながら進める必要があります。

■5番(1):前後を調べる

やや答えまでが遠い問題ですので、レベルBに設定しています。
「近い数」は「その数を超えた数」と「その数の手前の数」を比べた近い方の数になりますので、丁寧に1つ1つ進めていく必要があります。

■5番(2):百の位で場合分け

百の位に着目して場合分けする判断ができれば、比較的解きやすかったかと思います。
ただし、ここでも条件の制約に注意して進める必要があります。

■5番(3):セットで整理

高学年になって何度も経験していくタイプの問題です。
こちらはまだテキストで1回だけ触れたぐらいだと思いますが、分野をまたいで何度も経験していくことになりますので、焦らず見直しておくぐらいで十分かと思います。

■6番:植木算(最小人数をおいて規則性)

有名な植木算の応用技術を論点とした問題でした。
各塾のテキストや入試問題でも見かけることはほとんどなくなりましたが、ごく稀に出題されます。
最少数を置いて考えて、1つ増やした時に間の個数と連動して増えていくというアプローチで、全ての小問をきれいに解くことができます。

サピックス4年生3月復習テストの算数解説動画

今回の記事では、3月復習テストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、5番、6番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。

※テストが実施された当月か、翌月に無料体験を申込まれた方は、無料体験内容にこのテストは含まれます。

StandByメンバー様用3月復習テスト全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

1番(4)

 

1番(5)

 

1番(6)

 

1番(7)

 

1番(8)

 

1番(9)

 

1番(10)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

2番(4)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

3番(4)

 

4番(1)

 

4番(2)

 

4番(3)

 

4番(4)

 

5番、6番

StandByメンバー様用3月復習テスト全問解説はこちら

コベツバからのお知らせ(コベツバWeb授業)

また、コベツバでは、「中学受験算数で必要になる土台となる技術を体系的に復習したい」「(難関入試に必要とされる)思考力を伸ばしていきたい」というお子様に向けて、コベツバWeb授業を配信しております。

分野別に分かれた教材・確認テスト(順位・表彰付き)や、毎週2問ずつ思考力を求められるテストを配信しております。

コベツバWeb授業の使い方につきましては、以下の記事をご参考下さい。

関連記事

この記事は、コベツバのオリジナル動画教材「コベツバweb授業」の特徴や活用方法、実際の利用プランを学年や時期別にご紹介してまいります。今回は「コベツバweb授業」の中で技術を学ぶ「分野別教材」に絞ったお話をさせていただきますが、思[…]