【バックナンバー】第2回合格力判定サピックスオープン 平均点・動画解説・難易度分析(21年10月24日実施)

2021年10月24日実施、サピックス6年生 第2回合格力判定サピックスオープンの算数解説・難易度・所感、例年の平均点を配信中です。

最新のテストの解説・難易度分析は以下の記事よりご覧下さい。

関連記事

最後の合格力判定サピックスオープンとなりました。受験まで残り2ヶ月弱。合格力判定サピックスオープンの問題レベルはテキストで学習してきたレベル(応用的なものを含む)をちょうど復習することができるテストです。コベツバのレベルAは中[…]

1: サピックス6年生 第2回合格力判定サピックスオープンの例年の平均点

平均点
4科合計303点(61%)
算数85.8点(57%)

過去3年間の算数の平均点は上記の通りです。

平均点は第1回の合判とほとんど変わらず、得点率が60%前後と、組分けやマンスリーと比べても、比較的高い平均点となっております。

StandBy for SAPIXでは、SS特訓を含むサピックステキスト解説を配信しております。

算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら

2: サピックス6年生 第2回合格力判定サピックスオープンの難易度・所感

第二回、合格力判定サピックスオープンでした。
全体感としては64%がレベルA、残りがレベルBでレベルCが無しという王道の難易度構成でした。
また技術と思考力で切り分けるとほぼ技術中心のテストになっており、基本技術から応用技術までの習熟度を問う内容でしたので、それぞれの正しい解法を選択できなかった問題は論点・ポイントをしっかりと復習して欲しいと思います。

以下、レベルBの問題に対してコメントしておきます。

■2番(5):の比の比、多数売りの表

有名な問題ですが商売の問題の中では比較的解法選択に迷う問題ですので、レベルBに設定しています。
とはいえ、実際の入試でもよく見かけますので、ここまで典型問題として対応できるようにして欲しいと思います。

■3番(4):正面から見た図で整理

特に技術的に難しい部分はなく、整理して正しく解答を求めることができるかを問う問題です。
焦ってやり直しをする羽目になったり、あるいはミスをしてしまいがちな問題ですのでレベルBに設定しています。

■3番(5):ベンツ切り作り、ベンツ切り

ベンツ切りだと頂点から3本の直線、頂点から2本の直線が引かれている今回の場合は「ベンツ切り作り」を発想できるかが勝負でした。
こちらは中堅校から難関校でも頻繁に見かけますのでクラス帯によらず確実にできるようにしておきましょう。

■5番(2):相→面

発展的な平面図形を学んできた人にとっては一見すると、駒東や灘中などでかつて出題された「3:4:5内接円パック」を連想してしまう問題ですが、そこまでの大型の問題ではなく延長して相似を作るだけの問題です。
斜め部分も平行に移動しているので延長して相似に気づくことができるかが勝負でした。

■6番(2)(3):位ごと、(1)の利用、ケタバラシの表

(2)はよく使う「位ごとに調べる」アプローチで綺麗に解くことができる問題、(3)は逆から考えることさえできれば、いつもの「ケタバラシの表」の問題に変換することができることに気付くことができるかが勝負でした。

■7番:線分図に直して整理、差一定、分数のGCM・LCM(最大公約数・最小公倍数)

円周上を動く問題はそのまま書き込むとややこしくなる為、避けられるなら避けたいことと、出会いや追いつきが前半では論点になっていない為、線分図に書き換える判断ができればスムーズに(1)はクリアできたかと思います。
そして(1)で着眼点が誘導されているので、差一定に持ち込んで(2)はクリアできます。
最後は、女子最難関校でよく見かける分数のLCMを求めさせる問題でした。
志望者は求める方法も見直しておきましょう。

3: サピックス6年生 第2回合格力判定サピックスオープンの算数動画解説

今回の記事では、第2回合格力判定サピックスオープンの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、4〜7番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。

StandByメンバー様用 第2回合格力判定サピックスオープン 全問解説はこちら

   

   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

2番(4)

 

2番(5)

 

2番(6)

 

2番(7)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

3番(4)

 

3番(5)

 

4〜7番

StandByメンバー様用 第2回合格力判定サピックスオープン 全問解説はこちら

4: コベツバからのお知らせ(過去問解説・コベツバWeb授業)

コベツバでは、最難関・難関校の過去問解説動画を配信しております。

対象校は「男女御三家」「渋幕」「聖光学院」「駒東」「早稲田」「慶應普通部」「海城」「豊島岡」「筑駒」「栄光」「慶應中等部」「フェリス」「早実」「灘」「甲陽」「渋渋」「久留米大学附設」「東海」「ラ・サール」「広島学院」です。

皆さまが合格したいという各学校の「合格点」「問題難易度」「出題分野」は大きく異なります。コベツバの過去問解説では、『得点の自動集計機能』『難易度・分野別の分析機能』を活用することが可能ですので、取り組み後の振り返りとお子様に適した戦略作りにお役立てください。
   

   

「中学受験算数で必要になる土台となる技術を体系的に復習したい」「(難関入試に必要とされる)思考力を伸ばしていきたい」というお子様は、コベツバWeb授業をご利用下さい。

分野別に分かれた教材・確認テスト(順位・表彰付き)や、毎週2問ずつ思考力を求められるテストを配信しております。

コベツバweb授業|無料動画参考書 〜中学受験算数の全てを分かりやすく〜    

過去問動画解説とコベツバWeb授業の使い方につきましては、以下の記事を参考にしてみて下さい。
関連記事

 ここではいよいよ約半年後に迫った志望校の入試に向けて、志望校の過去問(赤本)を効果的に活用した、志望校合格に向けた算数の勉強方法について、お話させて頂きます。 お子様が、過去問を活用して学びを実現して無事に志望校に[…]

関連記事

この記事は、コベツバのオリジナル動画教材「コベツバweb授業」の特徴や活用方法、実際の利用プランを学年や時期別にご紹介してまいります。今回は「コベツバweb授業」の中で技術を学ぶ「分野別教材」に絞ったお話をさせていただきますが、思[…]