【バックナンバー】サピックス新4年生 3月組分け・入室テスト・平均点・対策・動画解説・難易度分析(2023年3月12日実施)

※振替日程や全ての部の試験実施日時を調査の上、全てのテスト終了後に配信しております。

最新のテストの解説・難易度分析は以下の記事よりご覧下さい。

関連記事

※振替日程や全ての部の試験実施日時を調査の上、全てのテスト終了後に配信しております。コベツバでは、2024年3月10日実施、 サピックス新4年生 3月組分け・入室テストの算数解説・難易度・所感をテスト当日夜9時以降に公開予定です。[…]

2023年3月12日実施、サピックス4年生3月組分けテストの算数解説・難易度・所感、例年の平均点を公開中です。

サピックス4年生3月組分けテストの例年の平均点

過去5年の算数の平均は以下の通りです。

平均点偏差値60ライン
得点87.3点109.3点
得点率58.20%72.87%

例年、 全体の平均点・偏差値60ラインの平均点ともに 、1月組分けより5点前後得点が上がる傾向となっております。

4科目合計の平均点・偏差値60ラインについて知りたい方は以下の対策記事をご覧ください。

関連記事

今回お話ししますサピックス3月組分けテストの概要・平均点・対策については、以下のラジオでもご紹介しておりますので、よろしければご視聴ください。※新4年生のみにフォーカスした内容 […]

コベツバの『スタンバイ SAPIX(サピックス解説・対策)』では、以下の効果が得られる模擬テスト2本を配信しております。(得点率が高い傾向にある前半の大問は点数が割れやすい問題を集めています)

効果1:まずは制限時間つきの実力テスト形式に慣れ、「制限時間の中で得点をとりきる意識」をもつこと。
効果2:過去の4年生1月・3月組分けテストで「狙われやすく・正答率が少し低めにでる」計算や技術をご紹介すること。
効果3:思考力問題では「難関校・最難関校好みで、4年生から触れて学びになる算数の思考回路」をご紹介すること。

※どの問題もサピックスが出題しても全く不思議ではない問題ですが、山を張った対策は意味がありませんから、テストをきっかけとした学びの機会の1つとしての提供であることをご了承ください。


解説動画、ポイント動画つきでのご提供になりますので、テスト対策としてお役立てください。

算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら

以下のコベツバradioも参考にしていただけましたら幸いです。

サピックス4年生3月組分けテストの所感・難易度分析

コベツバの解説ではどんな悩みが解決するの?

新4年生、3月公開組分けテストでした。
全体感としてはレベルAが94点、残りがレベルBということで、比較的難易度の高いセットとなりました。
とはいえ、ほとんどの人ができないだろうというレベルC の問題がなく、できる人とできない人の差がつく問題で全問が構成されていたように感じました。
この時期の4年生の組分けは例年のことですが、まだ中学受験算数の技術を学習し始めた段階にありますので、技術系の問題がなく思考力問題と広い意味合いでの四則演算で構成される内容になりました。
結果として、中学受験算数のテストの中でも思考力問題の比重が異例なほどに高いテストになっています。
今後、技術の学習が進んでいく中で組分けにおいても技術の比重が高まっていき、5年生以上では思考力はほとんど大問1問程度で進行していき、努力が反映されやすい内容となっていくことも伝えておきます。

以下、レベルBの問題に対してコメントしておきます。

■3番(2):試行検証、着眼点を探す

かけ算の場所から可能性があるセットを見つけ出した上で、その上下の式を使って1つに絞りにいくことで求めることができます。

■3番(3):整理、着眼点を探す

整理した上で、引き分けに注目することで、残りの状態を決めにいくことができます。

■3番(4):上から見た図で整理、試行検証

上から見た図を書いた上で、かけて4になる場所から可能性のあるセットを見つけ出した上で、他の目の条件から1つに決めることができます。
最後も可能性のあるものをあぶり出した上で、和の条件から1つに決めることができます。

■4番(2)~(4):3つの角の和を利用、規則の発見と利用

3つの角の和で攻めていくことで(3)までクリアすることができます。
(4)、隣り合っている場所に得点が入るという着眼点・規則を発見することができるかが勝負でした。

■5番(1)②~(3):本数の条件に注目、試行検証、3パターン試す

(1)②、意外と見落としやすい本数の条件を忘れずに捉えられているかが問われました。
(2)は試行検証していくことで見つけることができます。
(3)はセットの可能性の3パターンを試していくことで1つに決まり、本数の条件も使って定めにいくことができます。

■6番(2):整理、逆算、数直線で整理、場合分け

(2)①は整理していけば求めることができます。
(2)②③は場合分けの話になってきますが、煩雑な「差」について整理する場合は、数直線が効果的です。
この数直線を使って差について整理させる思考力問題は過去にフェリスや甲陽学院で出題されています。
頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

サピックス4年生3月組分けテストの算数解説動画

今回の記事では、3月組分けテストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、5~6番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。

※テストが実施された当月か、翌月に無料体験を申込まれた方は、無料体験内容にこのテストは含まれます。

StandByメンバー様用全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1~4番

5~6番

StandByメンバー様用全問解説はこちら

コベツバからのお知らせ(コベツバWeb授業)

コベツバでは、「中学受験算数で必要になる土台となる技術を体系的に復習したい」「(難関入試に必要とされる)思考力を伸ばしていきたい」というお子様に向けて、コベツバWeb授業を配信しております。

分野別に分かれた教材・確認テスト(順位・表彰付き)や、毎週2問ずつ思考力を求められるテストを配信しております。

コベツバWeb授業の使い方につきましては、以下の記事をご参考下さい。

関連記事

講座の概要と、あなたにぴったりの利用法を見つけよう!学年や利用目的に応じたあなたにぴったりのコースを診断の上で、コベツバweb授業の内容と活用法をご紹介いたします。コベツバ成長コース / 塾の算数強化コース / 塾の先取りコース […]