【バックナンバー】サピックス4年生 5月マンスリー確認テスト 平均点・動画解説・難易度分析(22年5月11日,12日実施)

最新のテストの解説・難易度分析は以下の記事よりご覧下さい。

関連記事

※振替日程や全ての部の試験実施日時を調査の上、全てのテスト終了後に配信しております。コベツバでは、6月マンスリー確認テストの算数解説・難易度・所感を公開中です。また、以下の記事ではマンスリーの学習・管理方法詳細にご紹介して[…]

※振替日程や全ての部の試験実施日時を調査の上、全てのテスト終了後に配信しております。

テスト範囲に難易度の高い単元がないため、差をつけるために「応用問題に挑戦」や「入試問題に挑戦(解答冊子)」に登場するような技術(周の延長解法、二等辺見つけなど)が出され、そこが得点差につながることは考えられます。

さて、今回の5月マンスリーは初めての「月単位の学習定着を図るテスト」となります。ここで定着しているかどうかが、そのまま半年一年経過しても、忘却せず定着しているに繋がります。

コベツバでは、5月マンスリー確認テストの算数解説・難易度・所感を公開中です。

また、以下の記事ではマンスリーの学習・管理方法詳細にご紹介しております。

復習を織り込んだ毎週の計画を立てることのメリットと、その具体的な計画の立て方についてお伝えしておりますので、ご参考いただければ幸いです。

関連記事

前回記事(「マンスリー確認テスト」の目的・分析・対策)に引き続き、今回は「マンスリー確認テスト」の学習・管理方法詳細について記載させて頂きます。ここでは、復習を織り込んだ毎週の計画を立てることのメリットと、その具体的な計画の立て方[…]

サピックス4年生5月マンスリー確認テストの過去の平均点

 平均点偏差値60ライン(≒アルファクラス基準)
4科合計307点(61.36%)372.7点(74.54%)
算数89.3点(59.53%)112.4点(74.93%)

コベツバでは、サピックステキスト解説・対策のStandBy制限時間つきでテスト範囲の論点を網羅できる対策テストをご用意しております。
解説動画、ポイント動画つきでのご提供になりますので、テスト対策としてお役立てください。

また、サピックステキスト解説・対策のStandByでは偏差値60以上を目指す方に向けて「StandBy+」という習ったカリキュラムに沿ってさらに応用させた問題をご用意しております。

算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」 詳細はこちら

サピックス4年生5月マンスリー確認テストの所感・難易度分析

4年生、5月マンスリー確認テストでした。
全体感としては、レベルAが70%、レベルBが30%と標準的な難易度セットとなりました。
また構成としては大問4番までが基本中心、大問5番以降が応用中心ときれいに分かれている構成でした。
新年度が開始して3ヶ月以上経過してようやく毎週や毎月の学習状況が結果に反映されやすい状態になったかと思います。
この段階で特に大問4番までで取りこぼしが多い場合は、これまでの学習を見直す機会にしてもらうと良いかと思います。
ここから先、更に新しい技術を学習し続けていく為、引き離されないような体制づくりを行うことが何よりも重要かと思います。

以下、レベルBの問題に対してコメントしておきます。

■2番(7):対戦表の整理

対戦表の整理ですが、全員の得点が違うという条件から1つの得点パターンに決めるというところに思考力要素がある問題でした。

■4番(1):3つの和差算 別解)真ん中平均

同じ曜日は差が7ずつ増える性質を使って4つの和差算に持ち込む問題でした。
ただし、数ヶ月後にはこの問題は真ん中平均で解くことができる典型問題でもありましたので、別解としてつけておきます。

■4番(2):四捨五入の逆算と範囲

逆算を繰り返した後、煩雑な引き算を行う為、ミスを誘いやすいことからレベルBに設定していますが、解き筋は見えやすい問題ですから落ち着いて合わせて欲しい問題でもありました。

■5番(1)①②:植木算(リング)、群数列

リングと群数列が融合した応用問題でした。
両端を別で考えて、内側直径だけを群数列として捉えるアプローチを発想できるかが勝負でした。

■5番(2):ケタ数と1の位注目、試行検証

思考力問題です。
こういった虫食いの典型と言えるケタ数と1の位注目で解くことができます。

■5番(3):勝った人の数で場合分け、組合せ探し

一手目で、1人勝ちの場合と2人勝ちの場合で場合分けすることができれば後は非常に見えやすかったのではないかと思います。

■6番(2)(3):グループ内変化の群数列

(1)の問い方でわざわざ合計を求めさせて誘導したところに、この問題のコンセプトが隠されている問題でした。
3つの数列のうち、一番下の数列が群数列であり、そことの和や差もまた群数列の性質を帯びる為、結果としてグループ内変化の群数列として捉えて解くことができる問題でした。

サピックス4年生5月マンスリー確認テストの算数解説動画

今回の記事では、5月マンスリー確認テストの解説動画を配信させて頂き、 分からなかった問題の解消にお役立て頂くことを目的としております。
ただし、5番、6番は、StandByメンバー様との公平性の観点よりご意見を頂きましたため、大変申し訳ございませんが、メンバー様限定とさせていただきます。是非無料体験登録の上、ご覧ください。

※テストが実施された当月か、翌月に無料体験を申込まれた方は、無料体験内容にこのテストは含まれます。

StandByメンバー様用 5月マンスリー確認テスト全問解説はこちら

   
   
   
サピックス(SAPIX)算数テキスト全問動画解説 サービススタンバイ(StandBy) 「数年先まで予約不可能になったトッププロ家庭教師を一家に一台」
   
   
   

1番(1)

 

1番(2)

 

1番(3)

 

1番(4)

 

1番(5)

 

1番(6)

 

1番(7)

 

1番(8)

 

2番(1)

 

2番(2)

 

2番(3)

 

2番(4)

 

2番(5)

 

2番(6)

 

2番(7)

 

3番(1)

 

3番(2)

 

3番(3)

 

4番(1)

 

4番(2)

 

4番(3)

 

4番(4)

 

5番、6番

StandByメンバー様用 5月マンスリー確認テスト全問解説はこちら

コベツバからのお知らせ(コベツバWeb授業)

また、コベツバでは、「中学受験算数で必要になる土台となる技術を体系的に復習したい」「(難関入試に必要とされる)思考力を伸ばしていきたい」というお子様に向けて、コベツバWeb授業を配信しております。

分野別に分かれた教材・確認テスト(順位・表彰付き)や、毎週2問ずつ思考力を求められるテストを配信しております。

コベツバWeb授業の使い方につきましては、以下の記事をご参考下さい。

関連記事

この記事は、コベツバのオリジナル動画教材「コベツバweb授業」の特徴や活用方法、実際の利用プランを学年や時期別にご紹介してまいります。今回は「コベツバweb授業」の中で技術を学ぶ「分野別教材」に絞ったお話をさせていただきますが、思[…]