Top Gun特訓〜筑駒・開成・聖光・渋幕・麻布・桜蔭〜
Top Gun特訓 最難関中を目指す子供達に算数の武器を配りたい

徹底的な過去問分析に基づき、応用技術を体系的に学ぶ。

「Top Gun特訓」は、最難関頻出5分野からなる中学受験算数の'Top Gun’を養成するための講座です。
※「TopGun:米国空軍士官学校の最優秀の卒業生。転じて、ある分野・社会のトップクラスの人」

2019年3月より開始したTop Gun特訓ですが、夏に入ってからは、志望校を見据えた学習の一貫として各塾の精鋭達が日々の学習に取り入れていらっしゃいます。 多数のご要望を受けて、6年生向けに8月25日立体図形編を追加公開しております。

最難関校中学の先生方が、学校説明会でよく「過去問を研究してください」とおっしゃるには確かな理由があります。

過去問は、単に受験学年後半期に「実践的な練習」「何点取れるかをはかる」目的だけで使うものではなく、突破に必要な技術を体系的に習得して、入試会場で再現できるように成長することが、合格の為に重要なこととなります。

秋以降の過去問演習で消化不良になる応用技術を今のうちから

ただ、ほとんどの塾では「過去問または過去問レベルのもの」を扱う時期が秋以降となっており、 同一のポイントや技術を用いる問題群がまとまった教材やカリキュラムは非常に少なく、多くの塾の教材や参考書では
「1問ごとにその場で、その問題で使う技術を編み出す、解説を読んで身につける」
と言ったスタイルを取っており、6年生前半までの体系的な学習とは全く異なります。

そのような状況な中、特にボーダー層はその中で消化不良のまま、技術をしっかりと手の内に入れられないまま、志望校別特訓や過去問演習が進行し入試を迎えるケースが多く、入試会場で直前期に習ったものを使えないケースが多数発生している現状があります。

本来、難易度の高い問題群であったとしても、体系的な学習は可能であるはずであり、入試本番の初見の問題でも使える技術を確実に手にいれることができると考えております。

「たまたま閃いた」ではなく「完全に手の内に入れた武器」へ

武器となるポイント動画×ポイントを使う問題群と解説動画

「Top Gun特訓」で掲載している問題は、その多数を対象となる最難関校の過去問および、今後出題が予想されるベンチマーク校の過去問から構成しており、

単に過去問を解くということではなく、同じポイントを使って解答できる問題群を編集して掲載し、ポイントごとに体系的に応用技術を習得していくことで、実際の入試問題を応用的な技術を活用して自分の手で、正答するところまで到達して頂くことを目的としております。

夏から始めるメンバー様は、過去問演習の前に一巡し技術を手に入れた状態で過去問演習に臨むと圧倒的な効果が期待できるでしょう。入試前にも見直して頂き、応用技術を完全に手の内に入れた状態で入試を迎えられるようにして頂きたいと考えております。

1年分の無料体験登録へ

志望校対策の『解体新書』

開成の解体新書
麻布の解体新書
桜蔭の解体新書
女子学院の解体新書
講師の経歴
村中毎悟克
進学塾「浜学園」算数科において、日曜志望校別特訓灘コース、小4-6最高レベル特訓を担当。

その後、プロ家庭教師として独立。関東関西を行き来しつつ、業界屈指のプロ家庭教師として活躍。

最難関を含む第一志望合格率80%超え、紹介につぐ紹介で予約が3年先まで埋まるほどの評判を形成。

その後より多数のお子様にサービスを展開するために起業、現在開発に取り組んでいる小学生向けIT指導サービスは、経済産業省より2018年に優れたサービス事業として認定を受けたものである。

家庭教師としての合格実績校(一部抜粋):筑波大学附属駒場、灘、開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉、神戸女学院、西大和学園、他多数
"StandBy始動にあたって"

<ご料金と内容>

◯志望校別TopGun特訓(6年生向け)

各学校;全10回〜13回
1回:1,500円(税込)

(10月1日より税込1,650円)

志望校に特化した形の分野・技術で、かつ量を絞ったものを提供させて頂きます。 対象となる中学校は、筑波大学附属駒場、開成、聖光学院、渋谷教育学園幕張、麻布、桜蔭の6校で構成され、上記学校の直近のものから 過去20-30年分の過去問を分析・編集の上、必要な「応用技術」の習得を体系的に行っていくものです。

◯TopGun特訓 ~junior~ (5年生向け)

全9回
1回:1,500円(税込)

(10月1日より税込1,650円)

「Top Gun特訓 5年生」は志望校別に特化することなくより汎用的な応用技術を中心に学ぶ内容を配信させて頂きます。 最難関校に向けた対策としては、5年生までは志望校にかかわらず難関校で必要となる高度な技術を幅広く身につけた上で、6年生前期または中盤以降、志望校に向かってより尖った対策を打ち込むという事が最も理想的だからです。

対象となる学校は6年生の志望校別に挙がっている最難関6校(筑駒・開成・聖光学院・渋谷教育学園幕張・麻布・桜蔭)に加えて、豊島岡・栄光学園・渋谷教育学園渋谷・駒場東邦までとなりますが、 例えばサピックスアルファ帯の子ども達にとって「ちょうど良い」「少し難しい」「かなり難しい」くらいの三段階のレベルの問題で構成されております。

〜サンプル〜
問題PDF(開成TopGun特訓No1)
無料体験お申し込みフォーム

無料体験期間は1週間です。
それぞれのNoは独立しているため、どのNoからでも学習を始めて頂けます。

※以前に無料体験されている方を含む

TopGun特訓を知ったきっかけ(複数選択可)を教えていただけませんか。(※必須)

ネットの検索
ブログ村
アメーバブログ
チラシ/パンフレットを見て
ご友人
看板の広告を見て
google広告を見て
yahoo広告を見て
その他

※ご登録に関してエラーがございます場合はこちら(contact-us@chugakujyuken.kobetsuba.jp)までご連絡ください。

※複数学校の体験・購入を希望される場合はどちらかの学校で登録後、メールに返信する形にてご希望の学校をご連絡ください。