Top Gun特訓〜筑駒・開成・聖光・渋幕・麻布・桜蔭〜
Top Gun特訓 最難関中を目指す子供達に算数の武器を配りたい

徹底的な過去問分析に基づき、応用技術を体系的に学ぶ。

「Top Gun特訓」は、最難関頻出7分野からなる中学受験算数の'Top Gun’を養成するための講座です。
※「TopGun:米国空軍士官学校の最優秀の卒業生。転じて、ある分野・社会のトップクラスの人」

2019年3月より開始したTop Gun特訓。

3月から直前期まで様々な塾の最難関を目指すお子様にご利用頂きました。

最難関校中学の先生方が、学校説明会でよく「過去問に丁寧に取り組んでください」とおっしゃるには確かな理由があります。

過去問は、単に受験学年後半期に「実践的な練習」「何点取れるかをはかる」目的だけで使うものではなく、突破に必要な技術を体系的に習得して、入試会場で再現できるように成長することが、合格の為に重要なこととなります。

秋以降の過去問演習で消化不良になる応用技術を今のうちから

ただ、ほとんどの塾では「過去問または過去問レベルのもの」を扱う時期が秋以降となっており、 同一のポイントや技術を用いる問題群がまとまった教材やカリキュラムは非常に少なく、多くの塾の教材や参考書では
「1問ごとにその場で、その問題で使う技術を編み出す、解説を読んで身につける」
と言ったスタイルを取っており、6年生前半までの体系的な学習とは全く異なります。

そのような状況な中、特にボーダー層はその中で消化不良のまま、技術をしっかりと手の内に入れられないまま、志望校別特訓や過去問演習が進行し入試を迎えるケースが多く、入試会場で直前期に習ったものを使えないケースが多数発生している現状があります。

本来、難易度の高い問題群であったとしても、体系的な学習は可能であるはずであり、入試本番の初見の問題でも使える技術を確実に手にいれることができると考えております。

「たまたま閃いた」ではなく「完全に手の内に入れた武器」へ

武器となるポイント動画×ポイントを使う問題群と解説動画

「Top Gun特訓」で掲載している問題は、その多数を対象となる最難関校の過去問および、今後出題が予想されるベンチマーク校(灘・洛南等の関東の最難関校含む)の過去問から構成しており、

単に過去問を解くということではなく、同じポイントを使って解答できる問題群を編集して掲載し、ポイントごとに体系的に応用技術を習得していくことで、実際の入試問題を応用的な技術を活用して自分の手で、正答するところまで到達して頂くことを目的としております。

後期から始める過去問演習の前に一巡し技術を手に入れた状態で過去問演習に臨むと圧倒的な効果が期待できるでしょう。入試前にも見直して頂き、応用技術を完全に手の内に入れた状態で入試を迎えられるようにして頂きたいと考えております。

最難関中算数を攻略する方法とTopGun特訓の位置付けについてはこちらから

1年分の無料体験登録へ

志望校対策の『解体新書』

開成の解体新書
麻布の解体新書
桜蔭の解体新書
女子学院の解体新書
講師の経歴
村中毎悟克
進学塾「浜学園」算数科において、日曜志望校別特訓灘コース、小4-6最高レベル特訓を担当。

その後、プロ家庭教師として独立。関東関西を行き来しつつ、業界屈指のプロ家庭教師として活躍。

最難関を含む第一志望合格率80%超え、紹介につぐ紹介で予約が3年先まで埋まるほどの評判を形成。

その後より多数のお子様にサービスを展開するために起業、現在開発に取り組んでいる小学生向けIT指導サービスは、経済産業省より2018年に優れたサービス事業として認定を受けたものである。

家庭教師としての合格実績校(一部抜粋):筑波大学附属駒場、灘、開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉、神戸女学院、西大和学園、他多数
2020年コベツバ卒業生の声

<ご料金と内容>

◯分野とボリューム

全7分野 ×(特訓50〜60問+確認テスト20問)

数の性質、規則性、速さ、平面図形、立体図形、場合の数、論理・推理

◯カリキュラム表

目安時期 分野 回数
3月 数の性質 6回
4月 平面図形 4回
4-5月速さ4回
5月 規則性 2回
6月 立体図形 4回
7月 場合の数 2回
8月 論理推理 2回

◯ご料金

【平面図形から】
(3月30日から配信)


・配信頻度 週1回
・全4回の予定
・1回あたりの量:約13〜15問の特訓と5〜6問の確認テスト
・ご料金:1回 税込2,500円(確認テスト混)

3月から前倒しで開講した『TopGun特訓』は、小学校休校中ということもあり、週2回のペースで配信して参りました。

4月以降は、週あたりの量が多いというご意見も頂いたことから、週1回のペースになります。

とはいえ、これまでの半分のペースでは必要な重要論点を6年生前半までに終了できません。よって1回あたりで扱う論点をこれまでの1.5倍として配信して参ります。

その分ご料金が高くなってしてしまいますこと何卒ご了承くださいませ。

【数の性質】(3月第1〜3週配信分)

・全6回(配信済)
・1回:約8〜10問の特訓と3〜4問の確認テスト
・1回:税込1,900円(確認テスト混)

・数の性質セット:税込10,000円

◯志望校別

利用者様に向けて、対象6校それぞれの推奨分野を指定させて頂きます。

各学校の過去問10年以上遡って見て行くと改めて気付いたことは、「大きな分野の偏りはありその変化は年度によって小さいものの、小さな論点での偏りは非常に少ない」ということでした。

具体的に言いますと、筑駒では「立体図形」、桜蔭では「平面図形」の出題が全くないなど、10年間を通じて変わらない現象があります。

反面で、同じ「数の性質」の問題であっても、よく出題される論点が「倍数・LCM関連」だったのが、「約数関連」になったり、トレンドに合わせて変化して行くということでした。

従って、対策としては頻出の分野を抑えること、まだ出題されていない論点も含めて学んで行くこと、が重要になってくるということです。

出題頻度に応じて各学校の推奨分野の一覧を掲載していますが、その中での論点は可能な限り全て取り組んで頂くことが重要になります

筑駒開成渋幕聖光麻布桜蔭
数の性質
規則性
速さ
平面図形
立体図形
場合の数
論理・推理

◯対象学年

基本的には6年生を対象となっております。「数の性質」「論理推理」等は4年生や5年生からでも挑戦することができると思いますが、「速さ」「平面図形」「立体図形」は割合の基礎・標準をしっかり学習したお子様のみ取り組んで頂きたいと思います。

そこで、前期(8月まで)は、6年生前半で学ぶような中学受験の標準技術を学習する講座を『コベツバweb授業』にて開講しております。しっかり準備した上で、9月から5年生(あるいは4年生)に向けて、TopGun特訓の2週目を開講し、毎週のテストに参加していただければと思います。

〜サンプル〜
問題PDF
問題PDF(TopGun特訓No1)
お申し込みフォーム

現在登録されると、3月末まで『数の性質(No1〜6)』を無料で全てご覧になれます(3月末までの無料開放講座となります)

※ご登録に関してエラーがございます場合はこちら(contact-us@chugakujyuken.kobetsuba.jp)までご連絡ください。

※すでに、コベツバアカウントを持っていらっしゃる場合、必ずコベツバホームからサービスを開始しましょう。

他のご兄弟のご利用を検討されてる場合は「お子様の追加」からお子様を追加の上、特訓をご利用ください。